我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

電子申請・届出等の手続き案内


図を見て分かる通り、 現状の「マイナポータル申請」は人事労務実務にとって必須である 「労働保険年度更新」をはじめ、各種成立届など適用事業所関係や、使用頻度の高い 雇用継続給付などに対応しておらず 実務に用いる業務システムとしては不十分と言わざるを得ません。.

そのため、「マイナポータル」を利用した申請方式のシステムを選んで業務を進めた場合には、 未対応の手続きについては別途「e-Gov申請」での対応や紙での申請を余儀なくされ、 手続関連業務を複数のシステムで管理することにより、手続き漏れ等のミスが起こりやすくなります。. 上記のようにあくまでも「マイナポータル」はマイナンバーを利用して 個人としての利便性を高める仕組みであり、企業が利用することに重きをおいて仕組みが作られていません。. 企業の申請については「e-Gov申請」が最適化されておりますので、 現状社労士や人事労務担当者が手続きに関する実務をおこなう上では、 「e-Gov申請」を利用しているシステムを利用するのがよいでしょう。. ワンタイムパスワードでのログイン後暫くはログイン状態が持続するようですが、数時間経つと再度の認証が求められます。 一日に何度も手続きをする社会保険労務士の場合は複数回認証の手間が掛かるため、既存の電子証明書を利用した運用が望ましいでしょう.

e-Govアップデートの詳細に関しては、 こちら をご確認ください。. マイナポータル 下記のサイトに「マイナポータル」の対象手続案一覧が掲載されています。 【オンライン・ワンストップ化の対象手続案一覧】. しかし、現状公表されている資料においては未だ構想段階ではありますが、 「労働保険年度更新」手続きが対応予定には含まれておりません。. e-Gov 次に「e-Gov申請」の対象手続き一覧です。 【e-Gov申請対象手続一覧】 これらは一例であり、就業規則、36協定、産前産後休業取得者申出書など、 さらに様々な手続きの電子申請が可能です。.

マイナポータル 「マイナポータル申請」では、「GビズID」認証を利用することによって、 電子証明書不要で電子申請が可能です。. e-Gov 現在は電子証明書のみの申請ですが、2020年11月の「e-Gov」更改により「GビズID」認証にも対応予定です。 ただし、いくつかの手続きについては電子証明書が必要となるようですので、 「e-Gov申請」の場合には、電子証明書の取得は必須となりそうです。. マイナポータル 「マイナポータル」は業務システムを利用したAPI電子申請のみのため、 「マイナポータル本体」には、申請用の操作画面は存在しません。 そのため、「マイナポータル」に対応した業務システムを導入する必要があります。.

e-Gov 「e-Gov申請」では各種申請用の画面が存在しています。 また、業務効率化のため弊社「台帳」を始めとする届出業務システムも多く提供されています。 届出業務システムが未対応の申請手続に関しても、 「e-Gov」本体の操作画面から従来の届出様式に準じた方法で電子申請が可能です。. マイナポータル 「マイナポータル」を通じた申請は、運用開始から半年しか経っていないため、 今後の法改正や「マイナポータル申請」に関連する各システムの改修時においての 情報共有等に対する運用体制が未だに発表されておりません。 そのため、不具合等が発生したときの問い合わせ先が設置されておらず、 対応に時間がかかる可能性があります。.

e-Gov 「e-Gov」では法改正等で電子申請の様式や運用ルール等が変更される場合、 ベンダー各社は 社会保険システム連絡協議会 を通して最新情報を把握し、バージョンアップの準備を行っています。. 今後マイナンバーを中心とした、個人情報管理がより推進されることが予想される一方で、 「e-Gov」は「マイナポータル」での申請体制が整うまで、当面は存続されると考えられます。.

また、今後「マイナポータル」への個人情報関連手続きの集約が行われた場合においても、 「e-Gov」から「マイナポータル」への移行に際し、仕様の変更や移行猶予期間が設けられると予想されます。. 現状の「マイナポータル」を用いた電子申請のみでは、年間業務を通した人事労務業務を終えることができません。 また、 現段階では運用体制やサポート面に関しても「e-Gov」の方が整備されていると言えます。. しかし、 政府の一大施策であるマイナンバーを基軸とした諸施策の中心となる「マイナポータル」は、 ссылка на страницу. 現状における弊社の両システムに対する方針と致しましては、 社労士や人事労務担当者が行う届出系業務に対応している「e-Gov」との連携を優先しつつ、 2022年リリース予定の新システムにて、「マイナポータル」への対応を予定し、開発に勤しんでおります。.

今回は「マイナポータル申請」と「e-Gov申請」の比較にて情報をお届けいたしましたが、 電子申請などを含む昨今の業務電子化について、対応策や情報を求める社労士や 人事労務担当者の方々のお声を多く頂戴しております。. 弊社では、本記事の内容を含めデジタル化のことが90分で習得できる勉強会を開催しています。 ご興味のある方は是非下記よりお申し込みください。 デジタル化勉強会へのお申込はこちら. また、弊社システム 【労務管理統合システム「台帳」】 では「e-Gov」プラットフォームを利用した電子申請が可能です。 「台帳導入説明会」では、実際に操作をしている様子を見ながら電子申請のやり方を体感できます。 台帳にご興味をお持ちいただいた方は下記からお気軽にお申し込みください。 「台帳導入説明会」へのお申込はこちら.

HOME お知らせ 「マイナポータル申請」と「e-Gov申請」徹底比.

「マイナポータル申請」と「e-Gov申請」徹底比較!!(年2月現在) – 株式会社セルズ オフィシャルサイト

年11月24日 (火) から、e-Gov(電子政府の総合窓口)の電子申請サービスが新しくなりました。. e-Govの利用に関するお問い合わせについては、「e-Gov利用者サポートデスク」にお願いいたします。. e-Govホームページ marushin.club 電離放射線健康診断結果報告書の電子申請を停止します(3/26~4/2). 社会保険の電子申請をご利用の中小企業の皆様の声について  · 【社会保険の電子申請の場合】 管轄の年金事務所にお問い合わせいただき、「到達番号」や従業員のお名前、手続き名などをお伝えください。 ご参照リンク: 労働保険関係手続の電子申請について. 労働保険に関する申請や届出について、書面での手続ではなく、「電子申請」を使うことで、インターネットを経由してカンタン・便利に手続ができます!. 電子申請のメリットや事前準備については、 リーフレット [KB]や 事前準備ガイドBOOK [2,KB]をご覧くだ 電子申請のご案内 電子申請用の書類は作成済みですか? お問い合わせ先 準 備 段 階 書 類 の 作 成 ・ 申 請 e 電子証明書の取得 (1)e-Gov電子申請システムの利用について (2)その他、手続の内容等について 「事前準備マニュアル」P1~6 「事前準備マニュアル」P7~10

(日本年金機構)電子申請のご利用案内



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5