我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

青森ヒバ専門店「わいどの木」 | お手入れの仕方(天板のひび割れ)


長期間乾燥した木材を使った場合でも、商品にする際に削ったり磨いたりとう行程が必要なため、ひび割れることはあります。ひび割れを直す方法として、 1、おが屑と接着剤を使う 2、市販の人口樹脂を使う 3、蜜蝋を使う 等がありますが、蜜蝋を使った方法を紹介します。 (わいどの木では蜜蝋自体の販売はしていません。天板磨き用のワックスには蜜蝋以外の素材も入っているため、補修には向きません). まず、道具を用意しましょう。 1、ひびが埋まる分の蜜蝋 2、湯煎(溶かす)用のコップ 3、蜜蝋を取りだすスプーンなど 4、マスキングorメンディングテープ を用意します。粒タイプの蜜蝋の場合、削る必要が無いので楽ですね。(固形のものは堅いので削るのが大変です).

湯煎(65~100度)で溶かします。レンジを使っても溶けますが、先に溶けた蜜蝋が沸騰し飛び散る場合があるので湯煎をお勧めします。 塊が大きい場合、70度で10分程度かかります。今回は沸騰させたのですが、100度湯煎で5分程度かかりました。 コップ熱くなるので取りだす際は軍手など使ってください。. せっかく養生したのに慌ててエライ事になってしまいました。でも大丈夫。こういう時、接着剤や合成樹脂では出来ない「やり直し」が効く「自然由来の素材」の魅力を感じますね。 人生も自然に生きたいものです。. わいどの木では、青森ヒバの天板も取り扱っています。 お気に入りの一枚を見つけるお手伝いもしますのでネットショップや直接来店でぜひご覧ください。 青森ヒバの天板テーブルはこちら テーブルになっていない一枚ものについてはお問い合わせください。. 生活シーンで選ぶ 寝室特集 お風呂グッズ特集.

お手入れの仕方 お客様の声 オーダーメイド 青森ヒバで家を建てる 青森ヒバの家に宿泊する. 青森ヒバコラム DIY 商品紹介 青森ヒバで〇〇作ってみた なんでも実験室 その他. 割れ、ひびが入ってしまったら? 長期間乾燥した木材を使った場合でも、商品にする際に削ったり磨いたりとう行程が必要なため、ひび割れることはあります。ひび割れを直す方法として、 1、おが屑と接着剤を使う 2、市販の人口樹脂を使う 3、蜜蝋を使う 等がありますが、蜜蝋を使った方法を紹介します。 (わいどの木では蜜蝋自体の販売はしていません。天板磨き用のワックスには蜜蝋以外の素材も入っているため、補修には向きません). 使う道具と素材 まず、道具を用意しましょう。 1、ひびが埋まる分の蜜蝋 2、湯煎(溶かす)用のコップ 3、蜜蝋を取りだすスプーンなど 4、マスキングorメンディングテープ を用意します。粒タイプの蜜蝋の場合、削る必要が無いので楽ですね。(固形のものは堅いので削るのが大変です).

蜜蝋を湯煎で溶かす 湯煎(65~100度)で溶かします。レンジを使っても溶けますが、先に溶けた蜜蝋が沸騰し飛び散る場合があるので湯煎をお勧めします。 塊が大きい場合、70度で10分程度かかります。今回は沸騰させたのですが、100度湯煎で5分程度かかりました。 コップ熱くなるので取りだす際は軍手など使ってください。. 溶けた蜜蝋を流し込む 湯煎で溶かした蜜蝋を、ひび割れに流し込みます。スプーンや爪楊枝などで誘導しながら流し込みましょう。この作業、かなり楽しいです。流し込んだらすぐ硬化が始まってしまいますが、ある程度の硬さ(粘土程度)であれば割れに練り込む事も出来ます。.

あギャーー!! せっかく養生したのに慌ててエライ事になってしまいました。でも大丈夫。こういう時、接着剤や合成樹脂では出来ない「やり直し」が効く「自然由来の素材」の魅力を感じますね。 人生も自然に生きたいものです。. あとは余分な蜜蝋を削って 蜜蝋を平らな物や木材、スクレーパーなどで削りましょう。定規でも行けるかも。. 仕上げは紙やすり。 粗いものから初めて、水も使いながら細かい耐水ペーパーで仕上げます。.

無垢材には蜜蝋ワックスが相性◎!初心者でも使いやすい蜜蝋ワックスは効果抜群!?

蜜蝋は、ミツバチの巣から採取される蜜蝋に由来し、その名の通り自然素材から作られます。 自然素材である木材との相性は抜群で、適度なツヤと防腐の作用を持ち、木の特性を生かしながら表面を保護、表情を豊かにしてくれます。 現在、木材保護用として販売されている製品化された蜜蝋ワックスも、少なくとも国産のものは天然素材%で作られている場合がほとんどです。 2、蜜蝋(みつろう)ワックスの無垢材の床への塗り方、失敗しない為には? 蜜蝋は流し込んでしばらくしてから固まるので、蝋の垂れに注意です。 私がやった経験からいいと思う補修方法は、蜜蝋を少し温めて練れるぐらいに柔らかくします。柔らかくなった蜜蝋を裂けめに詰め込んでいく方法です。 樹脂による木材補修(現時点までのまとめ) ★目次ページに戻る これまでいろいろと学んできた木材補修に関する知識をまとめとして記述しておきます。 同様なケースで木材の補修にチャレンジしてみようという方へ、何かの参考になれば幸いです。 3、蜜蝋を使う; 等がありますが、蜜蝋を使った方法を紹介します。 (わいどの木では蜜蝋自体の販売はしていません。天板磨き用のワックスには蜜蝋以外の素材も入っているため、補修には向きません)

蜜蝋 木材 補修

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5