我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

格安!激安!飛行機をお得に使いまくるためのサイトです。


日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む. Y :あっ、むしろそこが分かりません。NASAまでが、ああいうフィルムを作って「世の中で広まっている説明は間違っているぞ」と啓蒙活動をやっているということは、揚力についての同じ誤解が洋の東西を問わずある、ということですよね。. 松田 :それはそうですが、あなたが仰りたいのは、「方程式の一般解がわからないことを『分かった』と言っていいのか」ということですね?. 意外と知らない人が多いのですが、航路上(飛行機が飛ぶルート上)に台風がある時は飛行機は飛べるんです! 例えば、羽田空港から那覇空港に行く便で、途中の関西付近に台風がある場合など。 基本的には出発空港と着陸空港が台風の影響を受けてない限り、ルートの途中に台風があっても少し遠回りをして避けたり、高度を変えたり(台風の上を通ったり)して、飛ぶことが出来ます。 何なら、すごく揺れるけど台風の中を突っ切って飛ぶことも出来るのです。(旅客便では、通常はあんまり揺れないようになるべく避けながら飛んでる). 国内ツアー 海外ツアー. 飛 詳細を読む. 台風や吹雪などの悪天候の場合、どの航空会社でも払い戻し・予約変更をすることができます。帰りの便が欠航となった場合、宿泊料金は自己負担となります。 各航空会社のホームページには遅延・欠航情報が記載されています。台風が接近していたり、悪天候が予想される場合は、予約した航空会社の払い戻し・予約変更手続きを確認しておいて、スムーズに対応できるようにしておきましょう。. 松田 :僕の言う「等時間通過説」、あるいは「同着説」ですね。間違いです。最も多い誤解です。. 松田 :彼が出した本で、『Thinking Fast and Slow』というのがあります。. 松田 :大型旅客機が通った後、その出発渦や翼端渦に小型機が巻き込まれて墜落する事故が実際に起きていますし、これを避けるために、先発機の翼の生んだ渦が空気中から消えるまで、ある程度間隔を置いて離陸するのです。. 台風の中心が通り過ぎる時に真下にいた経験はありますか?経験のある方は、ご存知だと思いますが、台風の中心は実はとても静かです。 全く何事も無かったかのように、風が止み、青空が広がっています。 「台風の目」利用作戦は、このほんの一瞬の隙を利用して離陸したり着陸したりするのです。台風の速度によりますが、台風の目の中にいるのは、大体ほんの数分〜長くても数十分間だけ。 空港が台風の目の中に入る時間を見計らって離陸します。なので、予め飛行機の出発時刻を少し早めたり遅らせたりする場合があります。 出発時刻が早まる場合は、乗り遅れる事になり兼ねませんので、台風や気象条件が厳しそうな時は、航空会社のホームページは小まめにチェックしましょう。 「台風の目」利用作戦 、着陸空港が台風の時は少し大変です。 例えば、羽田から沖縄に行く便で、沖縄が台風の時など。 沖縄までの飛行時間は大体2時間半くらいなので、2時間半後の台風の位置を予想して、那覇空港が台風の目の中に入る時間に着陸できるように時間を調整して離陸します。 この場合も出発時刻が代わる場合がありますので、気をつけてください。 滑走路は、通常、機長が離陸準備が出来て管制塔に報告した順番で割り当てられます。 離陸準備とは、パイロットの準備だけでなく、客室内でも行われています。 早く出発したいのに、お客様がなかなか座ってくれなかったり、荷物収納などのトラブルがあると出発の時間がどんどん遅くなって、予定していた台風の目に間に合わなくなるとサイアク欠航になってしまうケースも実はあります… 天候が悪い時は、特に早めに出発できるように協力して下さると助かります。. 松田 :でも、それは違うのです。翼の上の流れと、下の流れの速度が異なる。ということは、そこに「(左向きに進む翼を想定すると)上には右、下には左に向かう空気の流れがある」と考えられる。つまり時計回りの循環があるとすれば、上では対気速度と循環の速度が足し合い、下では引き合うので、翼上面の空気の流れは速く、下面は遅くなるのです。対気速度に対して上では加算、下では減算されて、循環があるという説明がつく。. Y :うーん、ということは、方程式の一般解が分からなくても飛行機を飛ばす分には問題ないから、「分かった」といっても差し支えない?.

飛行機が飛ばないのは風速何メートルから?雪の時の欠航の目安は?

速度が速い上面の圧力が下がり、翼が上に引き上げられる。つまり「翼の周りの循環」が「飛行機が飛ぶ理由」なのだ。(図は『飛行機はなぜ飛ぶか』近藤次郎著、講談社ブルーバックス を参考にさせてい 台風の影響で飛行機が飛ばない理由は、上記のように様々ですが、台風が通り過ぎたら運行が再開されます。また、空港に人が溜まってしまっているようなケースでは、臨時便を運行する場合もあります。 飛行機は横風に弱いため、風向きによって受ける影響が違うためです。 そのため、風速10mでも欠航になる場合もありますし、多少風が強くても飛ぶ場合もあります。 また、レーダーや気象衛星では捉えにくい濃霧による「視界不良」も、欠航の要因となります。  · 悪天候時は各社とも条件は同じで難しいですが、機材不具合や、前日の悪天候で機材繰りが間に合わず欠航する時には、状況により 自社便だけではなく他社便を含めて、振替をしてくれるケース 、 経由便への振り替え (例:沖縄⇒東京 (直行)を、沖縄⇒大阪⇒東京 (経由I)へ)などを行うケースもあります (※LCCは除く) 。. 希望があれば相談してみるのも

飛行機はなぜ最短コースを飛ばないのか?



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5