我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

野鳥との距離感:野鳥の撮りかた24 | 実践講座 | キヤノンバードブランチプロジェクト


良い野鳥写真は、フレームいっぱいに野鳥を切り取った写真とは限りません。 日本の美しい四季を感じられる風景や、朝焼け・夕焼けといった情景を併せて取り入れると情緒が豊かな写真になります。 また、野鳥は「夏鳥」「冬鳥」に大別できるので、その野鳥と季節感を組み合わせた表現まで意識してみると、より魅力的な作品になります。ぜひ視野を広くとって、周囲の景色も一緒に写してみてください。. アオゲラの羽の質感 レンズの性能が高い事もあり、遠距離から撮影している APS-C の方でもしっかり羽毛の細かいところまで解像できているのがわかります。しかし、やはり近距離から撮影しているフルサイズ機の方が羽のふっくらした質感やアオゲラの体全体が丸みを帯びているような立体感が表現できています。遠距離から撮影している APS-C の方はアオゲラ自体がやはり紙に写っているような平面的なイメージです。. 絞り F5. デジスコは、 バードウォッチングで使うフィールドスコープに、コンパクトデジタルカメラを装着したカメラシステムです。 カメラ愛好家が使っていることは少ないかもしれませんが、元々バードウォッチャーでフィールドスコープを持っていた方なら、アダプターを追加すれば簡単に撮影に応用できます。野鳥撮影の玄人向け機材にはなりますが、本格的に野鳥撮影を行ないたい場合は、一度試してみてください。 メリットは、一眼レフと巨大な単焦点超望遠レンズの組み合わせに比べ、圧倒的に小型・軽量であること。 使用する機材によりますが、同焦点距離に合わせたときに2-3kgも軽くなることがあるそうです。また、単焦点超望遠レンズは高額なことが多いので、コスト面でもデジスコに軍配があがります。. 前へ 一覧へ 次へ. AFの名称 特徴 こんなときに使います ワンショットAF 一度ピントが合うと、カメラを動かしてもピント位置がずれない。 動かない被写体に向いています。 AIサーボAF 動く被写体に合わせてピントが被写体を追い続ける。 激しく動く被写体に向いています。 AIフォーカス 被写体の状態に応じて「ワンショットAF」と「AIサーボAF」へ、カメラが自動的に切り替える。 「ワンショットAF」か、「AIサーボAF」か判断に迷うときに使用。 ワンショットAF 特徴:一度ピントが合うと、カメラを動かしてもピント位置がずれない。 こんなときに使います:動かない被写体に向いています。 AIサーボAF 特徴:動く被写体に合わせてピントが被写体を追い続ける。 こんなときに使います:激しく動く被写体に向いています。 AIフォーカス 特徴:被写体の状態に応じて「ワンショットAF」と「AIサーボAF」へ、カメラが自動的に切り替える。 こんなときに使います:「ワンショットAF」か、「AIサーボAF」か判断に迷うときに使用。. どこから出現するかわからない野鳥撮影では、一瞬でピントを合わせて、飛んでいる間を捉え続けることが重要です。そのため、 オートフォーカスの駆動モーターが古いレンズより、高速・高精度のオートフォーカスを実現している最新のレンズがオススメ。 また、被写体との距離によってオートフォーカスの駆動を制御する「フォーカスリミッター機能」が搭載されているモデルなら、無駄なフォーカス動作を減らせるので、尚良いでしょう。. フジノンレンズ XF55-200mmF3. 自動的にピントを合わせてくれる機能がオートフォーカス(AF)。カメラには、後で説明する通り、大きく3種類のAF機能が搭載されていますが、野鳥の撮影で使用するのは2つ。被写体や種によって違う野鳥の動きによって、「ワンショットAF 」と「AIサーボAF」を使い分けましょう。. 露出補正:0 焦点距離:400mm 一眼レフカメラ(APS-Cサイズ). Ссылка на продолжение M.

野鳥撮影に革命をもたらす!手持ちで撮れるmmレンズフィールドレポート Vol.1 1|鳥の写真投稿|ズイコーフレンドクラブ|OMデジタルソリューションズ

野鳥撮影ではmmやmmの焦点距離のレンズが標準レンズとも言われているのです。 <写真左>アオゲラ, mm,F8,1/80秒,ISO 野鳥撮影に特化したレンズ選びのポイントをまとめてみました。 レンズ選びの知識編. レンズの焦点距離; テレコンバーター; ズームレンズ; 超望遠レンズの機能. 野鳥撮影のレンズ選び. 野鳥撮影のレンズ選び(キヤノン・大砲レンズ編) 焦点距離:mm 焦点距離はmmで、35mm判に換算するとmm相当の超望遠レンズとなる。 開放F値がFと明るい点もうれしい。 野鳥撮影ではmm(35mm判換算)以上の焦点距離が必要な場面が多く、「marushin.club DIGITAL ED mm F IS PRO」は野鳥を撮るOM-D、PENユーザー待望のレンズだと言え 焦点距離は野鳥撮影において写す範囲の指針となります。 焦点距離が長いほど視野が狭くなり鳥を大きく写せるので撮影は楽になりますが、落とし穴として背景の写る範囲も狭くなるという事があります。

野鳥 撮影 焦点 距離

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5