我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

なろう作家「素人には他人の作品を批判する技量なんてないから立場を弁えて」


大半は『おもしろい』『もっと読みたい』と好意的な感想だったのですが、良い感想があれば 悪い感想 もあるのがこの界隈。. ただ、物書きをライフワークにするだとか、作家業を生業(なりわい)として生きていくとか、そういう人生における大きな柱にしたいときは、それが 本当に自分にとって好きなことか を知っておくのはとても重要だと思います。. ただ、最初に言ったとおり、わたしは一度 小説を書きたくなくなったことがあります 。.

創作って、 自分で生み出したものは自分の子どもに等しい ので、どんなに正当な批評であっても、 最初から受け止められる人ってそう多くありません 。. 最初から批評を真摯に受け止めて、「そのとおりです」と言える人は ハイパー鋼のメンタルな人 か、 自分の書いた小説を自己と完全に切り離して考えられる人 でしょう。(ビジネスと割り切って小説を書ける人はそうかもしれません).

ただ、わたしのように「自分が楽しむ」「自分が良いと思ったものを書く」と思っている人にとって、批評はだいたい つらいもの です。. 明確なきっかけがあったわけではありませんが、自分の作品を「おもしろい」と言ってくれる人がいたことも大きいですし、なによりやっぱり小説を書くことが自分にとって 楽しいことだった からだと思います。. とはいえ、多かれ少なかれ 人気のある作品を書く人は同じ道をたどっている と思います。. だから、もし自分が「小説を書くこと」を生業にできるかどうかを知りたければ、一度筆を折る経験自体は けっしてマイナスにはなりません。 (何度も言うけどそうじゃない人もいるよ). https://marushin.club/tawisizave163.php 文字通り良い経験にはなるよ 、とほんのちょっとだけアドバイスしておきます。. もちろんそれが生死に関わるだとか、書くことを再開したら死ぬ呪いにかかっているだとか、そういうアレだったら当てはまりませんが、人からの批評や批判程度なら、 自分の「好き」を計るバロメータ になります。.

わたしの経験の話でよければ、悪意のある批判を受けたときどうしたのかはお答えできるので、メッセージでも ツイッター のDMとかでも構わないのでお知らせください。. ホーム Site top プロフィール Profile お問い合わせ Contact Mail 無料作品(小説家になろう) Novel 特別作品・エッセイ(note) note.

нажмите чтобы перейти 創作研究室 コラム 【小説家になろう】悪意のある感想や批判で小説を書けなくなったことがあるけど復活した話. メニュー Twitter 目次 ページ上部へ.

一度小説を書けなくなったことがあるけど復活した話【筆を折る】

 · なろう小説がひどいと言われる理由. 理由①文章が稚拙すぎる; 理由②展開がテンプレ; なろう批判を受けての考え方・改善策 「理由①文章の稚拙すぎる」という点について 「理由②展開がテンプレ」という点について; なろう批判は出版社やアニメ会社と Estimated Reading Time: 2 mins  · わたしは一度だけ小説を書くのをやめたことがあります。 いわゆる「筆が折れた」状態ですね。 ちょうど小説を書きはじめて5年くらい経ったときのことです。 『小説家になろう』で投稿していて、一時期ものすごく読者さんに感想をもらったことがあります。Estimated Reading Time: 1 min では、小説はどうでしょうか。それは義務ではなくて自ら進んでやっていることですよね。批判されるのが嫌なら書くのをやめればいい話だと思います。小説は他人に見せるものであり、いわば作者が他人に見せたがっているものです。 なろう作家「素人には他人の作品を批判する技量なんてないから立場を弁えて」 引用元: プロ以外で「辛口批評します」とか「あなたの作品を採点します」とかやっちゃう系の人の99%は、・素人には他人様の作品を正しく批評する技量Estimated Reading Time: 1 min

なろう小説批判

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5