我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

カテキン結合ペプチド


すべて 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 その他. すべて 雑誌論文 学会発表 図書 産業財産権. 巻 : - ページ : 1900986-1900986. 巻 : 525 ページ : 974-981. 巻 : 520 ページ : 186-191. 巻 : 64 ページ : 152-161. 巻 : 83 ページ : 339-347. 巻 : 10 ページ : 569-569. 巻 : 10 ページ : 924-924. 巻 : 8 ページ : 16041-16041. 巻 : 1862 ページ : 2570-2578. 巻 : 8 ページ : 10023-10023. 巻 : 36 ページ : 2643-2654.

巻 : 292 ページ : 10813-10823. 巻 : 7 ページ : 1917-1917. 巻 : 65 ページ : 45-50. 巻 : 199 ページ : 3261-3269. 巻 : 71 ページ : 68-75. 巻 : 292 ページ : 4077-4088. 巻 : 53 ページ : 1941-1944. 巻 : 7 ページ : 6665-6665. 巻 : 7 ページ : 2257-2257. 巻 : 180 ページ : 65-83. 巻 : 25 ページ : 25-37. 巻 : 54 ページ : 674-680. 巻 : 32 ページ : 101-106.

巻 : 9 ページ : 354-359. 巻 : 22 ページ : 12884-12890. 巻 : 6 ページ : 70-78. 巻 : 64 ページ : 3591-3597. 巻 : 80 ページ : 1636-1640. 巻 : 31 ページ : 9474-9474. 巻 : 6 ページ : 19225-19225. 巻 : S0006-291X ページ : 30424-7. 巻 : 34 ページ : 2730-3733. 巻 : 5 ページ : 22-25. 巻 : 90 ページ : 26-29. 巻 : 54 ページ : 698-700. 巻 : 22 ページ : 13050-13053. 巻 : 14 ページ : 2303-2312. 巻 : 34 ページ : 1162-1168. 巻 : 26 ページ : 30-36. 巻 : 168 ページ : 610-613. 巻 : 78 ページ : 1743-1747. 巻 : 116 ページ : 6-13. 巻 : 289 ページ : 32671-32681.

巻 : 62 ページ : 9279-9285. 巻 : 31 ページ : 16-21. 巻 : 8 ページ : 42-46. 巻 : 18 ページ : 1-10. 巻 : 450 ページ : 824-30. 巻 : 60(7) ページ : 357-361. 巻 : 14(Suppl 1 ページ : 33-33. 巻 : 3巻 ページ : 2749-2749. 巻 : 3巻 ページ : 2805-2805. 巻 : 60(2) ページ : 80-86. 巻 : 123 ページ : 787-799. 巻 : 60 ページ : 80-86. 巻 : - ページ : 23-24. 巻 : 587 ページ : 3052-3057. 巻 : - ページ : 25-27. 巻 : 5 ページ : 1947-1955. 巻 : 29 ページ : 162-166. 巻 : 3 ページ : 341-345.

巻 : 35 ページ : 333-340. 巻 : 443 ページ : 525-534. 巻 : 17 ページ : 1275-1286. 巻 : 60 ページ : 8375-8379. 巻 : 61 ページ : 89-94. 巻 : 95 ページ : 2248-2260. 巻 : 92 ページ : 2379-2386. 巻 : 76 号 : 6 ページ : 1163-1168. 巻 : 59 ページ : 394-400. 巻 : 70 ページ : 108-114. 巻 : 60 ページ : 2165-2170. 巻 : 20, Suppl. 巻 : 586 ページ : 3441-3447. 巻 : 585 ページ : 814-820. 巻 : 63 ページ : 171-179. 巻 : 14 ページ : 73-76. 巻 : 185 ページ : 33-45. 巻 : 82 ページ : 9789-9796. 巻 : 16 ページ : 301-306. メニュー 検索   研究課題をさがす 研究者をさがす KAKENの使い方 日本語 英語.

研究課題 17 件 研究成果 703 件 共同研究者 27 人. 研究開始年: 新しい順 研究開始年: 古い順. 機能性フードペアリングに向けた食餌性マイクロRNAと代謝物のマルチオミクス解析 継続中 研究代表者 藤村 由紀. 基盤研究 B. 食機能実行分子とその機能的相互作用の統合的理解 研究代表者 継続中 研究代表者 立花 宏文. 基盤研究 S. 緑茶摂取と胃がんリスク:腫瘍組織のカテキン受容体発現を考慮した前向きコホート研究 研究代表者 島津 太一.

基盤研究 C. 食品因子センシングの機能性RNAによる制御 研究代表者 研究代表者 立花 宏文. 基盤研究 A. 食品因子センシング調節を介した食品間の機能的相互作用の解明 研究代表者 山下 修矢. 若手研究 B. 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州大学. 分子疫学とケミカルバイオロジーを駆動力とする食品因子感知システムの解明 研究代表者 研究代表者 立花 宏文.

ケミカルバオロジーと分子疫学的解析に基づく機能性食品因子感知システムの解明 研究代表者 研究代表者 立花 宏文.

來去美濃OPEN您的輕閑綠生活

技術移転可能な特許!ライセンス先を探索中!大学、公的研究機関の有望特許を公開中!【課題】カテキンに結合することのできるペプチド、または抗酸化性を有するペプチドを提供する。【解決手段】 67kDaラミニン・レセプター(67LR)においてEGCGと結合に関与する部分を特定した。 Child Welfare League Foundation.R.O.C. All Reserved. 台北市內湖區瑞光路巷21號7樓 統一編號: 劃撥帳號: 兒盟李宏文主任指出,對比兒盟年「台灣地區幼兒媽媽育兒現況調查」結果,發現托兒費用占家庭總收入逾三成的比例,由7年前的26%,上升至%,高出一成一;幼兒家長對托兒費用感到負擔沉重的比例,也從年的%增加至今年的%,比7年前高出一成六,兩者雙雙上揚,可見幼兒家長 学生・教職員ポータルは、学内からだけでなく、自宅など学外からでもアクセスが可能です。当ポータルでは、本学に所属する方々にお知らせする情報や利用できるシステム、サービス内容について、対象別に各ポータル(学生ポータル・教員ポータル・職員ポータル)に集約して掲載してい

立花 宏文

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5