我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

全労連:女性 妊娠・出産などに関わる主な法律


Africa Asia Oceania Europe North America South America. 出典  株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて  情報. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 人工妊娠中絶に関する各国の法制度については「 人工妊娠中絶法 」をご覧ください。. 妊娠・出産を理由とした『不利益な取扱い』は禁止されます(男女雇用機会均等法9条3項;前述)。 いわゆる『マタニティ・ハラスメント』『マタハラ』と言われるものです。 実際には『マタハラ』として違法となる範囲は明確ではありません。 妊娠中の従業員は『軽易な業務』に転換することが要請されています(労働基準法65条3項;前述)。 これ自体は当然,違法(マタハラ)ではありません。 ここで,業務の転換と同時に『降格』がなされると問題となります。 判例の基準をまとめます。. 児童福祉法の条文では、「出産後の養育について出産前において支援を行うことが特に必要と認められる妊婦」と定義されている。妊娠中に家庭環境にリスクを抱えている妊婦で、複雑な家庭内事情を持っている場合など、育児が困難と予想される妊婦だと説明される場合もある [1] 。養育支援訪問事業ガイドライン [2] 、厚生労働省通知 [3] 、子ども虐待対応の手引き [4] が、それぞれ特定妊婦の判断要件を示している。 特定妊婦と関連して、産科の医療者にはその情報を行政機関へ提供する役割が期待されている [4] 。 日本産婦人科医会 からは特定妊婦をスクリーニングする医療従事者向けチェックリストが提案され [5] 、 日本周産期メンタルヘルス学会 からは地域行政機関との情報共有が強く推奨されている [6] 。平成28年の児童福祉法改正に伴い、同年10月以降、「支援を要する妊婦等」が医療機関や学校等において把握された場合、その者の現在地の市町村へ情報提供することが努力義務となった(同法第21条の10の5第1項) [7] 。. 出典  精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について  情報. 不動産,相続,離婚の問題を中心に,幅広い案件を取扱っている理系弁護士・司法書士です。事務所は,東京(新宿)と埼玉(さいたま市大宮)に ございます。年間1500件以上のお問い合わせがあり,知識・ノウハウの集積には自信がございます。. 避妊 性行為感染症 純潔教育.

2 労働基準法における母性保護規定  (妊産婦等に係る危険有害業務の就業制限)第64条のmarushin.club#h 1 使用者は、妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性(以下「妊産婦」という。 事業主は、女性労働者が妊娠・出産・産前産後休業の取得、妊娠中の時差通勤など男女雇用機会均等法による母性健康管理措置や深夜業免除など労働基準法による母性保護措置を受けたことなどを理由として、解雇その他不利益取扱いをしてはなりません。 未婚かつ未成年で子どもを出産した女性は、成人するまでの期間 民法 の定め(第 条 または 条 )により、出産した子どもの親権を行うことができないため 、若年妊婦の場合には親権の問題に注意を向ける必要がある。 妊娠・出産に関する保護について、現在、労働基準法には、(1)産前産後の休業、(2)妊産婦に対する危険有害業務の就業制限、(3)妊娠中の軽易業務への転換、(4)妊産婦の変形労働時間、時間外・休日労働、深夜業の制限の4つが規定されています。  · 1 『つわり』への法的な保護・配慮|胎児から母への『安静にして』メッセージ. 妊娠中の女性(母)は,健康な子供出産のために,生物学的にも,社会的にも保護する強い要請があります。. 職場での妊婦保護についての法整備が進んでいます。. 『産休』『育休』は当然として,さらに『つわり』へのケアについてもルールが作られています。. ややマイナーなので

【看護師国家試験】<068>母子保健法



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5