我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

帝政ローマ前・中期 アウグストゥスの治世から五賢帝まで -古代ローマの歴史-


ヨウィア ヌス がわずか在位8ヶ 月 で亡くなると、将校団の推戴により、ウァ レン ティ ニア ヌス が新 帝 となった。彼は ゲル マン 人と本 腰 を入れて戦うべく、 首都 をアウグスタ・トレウェロルム(現ト リーア )とした。ウァ レン ティ ニア ヌス も例に漏れず、 帝国 統治を複数人で行おうと考える。そこで彼は、 弟 のウァ レン スを共治 帝 として 東方 を任せた。また 18歳 の 息子 グ ラテ ィア ヌス を、自身の統べる 西方 の副 帝 とした。. また、元老院は 属州 総督の任命も行い、とくに 経済 力 のある 属州 を統治した。このため 帝 政期前半の元老院は、しばしば利潤を得るおいしい立場にいたのである。. ただしアウグストゥスはただ一人の支配者として振る舞うことを生涯することなく、あくまで元老院を立てて政治をともに動かしていく態度を取り続けた。 よって家臣にかしずかれるような東洋的支配者である皇帝になったのではなく、今でいう大統領に無期限で就任する、すなわち元首になったと考えられる。. 無料 供給という点においては カリグラ 帝 もまた有名で、彼は、 金 貨を ローマ 市民 に対しこれでもかとばら撒いた。また ネロ 帝 も、裕福な 市民 から 財産 を没収し、貧しいものへ分配した。どちらも 人気 取りである。 暴君 とされる彼らは、そういった経緯から 市民 からの 人気 があったが、 ローマ 市民 はこうした 皇帝 の 人気 取りがあればあるほど、楽しい生活が送れたのである。. 東ローマ帝国 の 主 要な 国 土は バルカン半島 の東部と アナトリア半島 に限られていき、また イタリア 南部 や 地中海 の 島 々を除き大半の旧 西ローマ帝国 領域を喪失。 80 0年には フランク王国 が 西ローマ帝国 を僭称したため「 ローマ 」としての権威を 西欧 にて失ってしまう。. ハドリアヌス 帝 が ブリタニア に遠征し、長 城 を建設する( ハドリアヌス の長 城 ). 最高神祇官 神祇官 神官 シビュラの書管理委員. テトラルキア - コンスタンティヌス朝 - ウァレンティニアヌス朝. フランク王国 神聖ローマ帝国 皇帝 帝国 イタリア ローマ ポンペイ シャドウオブローマ テルマエ・ロマエ 塩野七生 世界史 現存しない国の一覧. ドイツ で オットー 1世が即位し、 神聖ローマ帝国 が 完 全に成立する. しかし意外にも イタリア を攻めたのは シリア 軍ではなかった。 シリア 軍は バルカン半島 の異 民族 の攻撃に遭い、一時進軍を止めたのである。では 誰 が イタリア を攻めたのかというと、それはドナウ軍の アン トニウス・ プリム スだった。. ローマ帝国、ないしその後継者を 自称 した 国家 は少なくない。ここではその代表的な例をまとめることとする。. ディオクレティアヌスが305年に引退した後、テトラルキアは急速に崩壊していった。混乱が続く中、西方副帝だった コンスタンティヌス1世 が有力となり、324年には唯一の皇帝となった。コンスタンティヌス1世は専制君主制の確立につとめる一方、東の サーサーン朝 ペルシアの攻撃に備えるため、 330年 に交易ルートの要衝 ビュザンティオン (ビザンティウム。現在の トルコ 領 イスタンブール )に遷都して国の立て直しを図った。この街はコンスタンティヌス帝の死後に コンスタンティノポリス コンスタンティヌスの街 と改名した。コンスタンティヌスの死後、北方の ゲルマン人 の侵入は激化、特に 375年 以降の ゲルマン民族の大移動 が帝国を揺さ振ることとなった。 378年 には皇帝 ウァレンス が ハドリアノポリスの戦い ( ゴート戦争 )でゴート族に敗死した。. 西方 正 帝 コンスタンティヌス. 詳細は「 西ローマ帝国 」を参照.

ローマ帝国 - Wikipedia

前 年にはとうとう イタリア 統一を果たし、同盟 市 による連合 国家 になった。 前 年に カルタゴ (現 チュニジア )との間に起こったポエニ 戦争 を機に、 ローマ の「 地中海 帝国 」としての方向性は決定的となった。 トラヤヌス は、 ダキア(現ルーマニア) の領有に成功し、 ローマ帝国史上最大の領土をこのトラヤヌスが築きました 。 ちなみに ルーマニア( roma nia)の「ルーマ」はつづりを見てもらえば分かるように、「ローマ」という意味 です。 “守り”の ハドリアヌス Imperium Romanum. 西ローマ帝国 (にしローマていこく)は、 ローマ帝国 のうち西半分の地域を指す呼称である 。. 一般に、 テオドシウス1世 死後の 西方正帝 が支配した領域と時代に限定して用いられるが、 年 の ディオクレティアヌス 帝による東方正帝と西方正帝による分担統治開始( テトラルキア の第1段階)以降のローマ帝国の西半分に関して用い ローマ人からみた視点. 歴史に主に登場するのは紀元前1世紀の歴史家ポセイドニオスによって書かれたそうですが、現存しておらず、現在確認できる最古の記載はユリウス・カエサルのガリア戦記においての記述です。. カエサルが今のフランスとベルギーあたりまで進軍し、ガリア人達をローマの属州へしていく際に、ゲルマニアの地域について記載していました

小学生でもわかるローマ帝国崩壊後の西洋の歴史【西洋史第3弾】



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5