我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

成功する人は、威圧的な態度をとらない


人間が人間を奴隷とすること は、現代社会では、悪いこととされているが、その奴隷禁止の歴史は人類史の中でまだ短いし、現在でも、先進国といわれる国においても、その類似形は残っている。そして、人間が、人間以外の生物を奴隷にすることは、現代でもオーケーということになっている。なぜ、 人間以外の生物を奴隷にするのはオーケー なのだろうか。. 今回は、 ギリシャ繁栄時代 に、そんな哲学論争が多かったんだよ、ということを知る人たちとのワイワイ雑談会。カトケンにとって、哲学なんちゅーものは、そのカテゴリーさえもわからない異物なんだが、まあ、出会いということで。.

白人さんたちの動物に対する考えでは、クジラやイルカのような 頭の良い動物を奴隷にしたり食べたりするのはけしからん が、抵抗能力のない バカな動物なんかどーでもいい んだ、という基準がある。. だが、もしかすると、 その発想の逆も正論 である。どういうことかというと、抵抗してくる能力のある生物を戦闘でやっつけても対等な戦いだからいいけど、 抵抗力のない弱者を奴隷にしたり殺したりするのは悪いこと なのではないか、と。.

例えば、頭脳的にも肉体的にも抵抗力のない生物というと、人間の中だけでみても、赤ちゃんや子供、障害者などがある。彼ら抵抗する能力のない弱者を弾圧したり奴隷にすることはオーケーだという論理は、さすがに今の先進国では通らないだろう。でも、 抵抗しないロバに強制重労働させることはオーケー だ。. ここで、 人類と、それ以外の動物という線引きに疑問 を持つ哲学者たちは、ギリシャ時代からいたそうだ。それは、人類の中にも、 ロバのように奴隷向きの人間 もいれば、 奴隷に向いてない人間 もいる。そして、人間以外の生物の中にも、ロバのように奴隷向きの生物もあれば、ネコのように奴隷に向いてない生き物もいる。. そう考えた場合、「人間やライオンのような抵抗力を持つ生物」を制圧して支配する方が、無抵抗なロバを支配するよりも、正々堂々たる戦いの上での支配だから、フェアなのではないだろうか。戦争でも、武装した軍人同士の戦いより、 非武装の庶民が殺される方が問題視される ように、抵抗能力のない生物を弾圧し支配し奴隷にすることの方がモラル上、問題が大きいことになっている。動物愛護運動さんはその発想だよね。.

加藤健二郎 異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで 社畜. Top menu. 野たれ死により社畜がいい。人類の99%以上は「奴隷向き」という現実 ライフ. Facebookで友達に教える Twitterで友達に教える. Older Posts.

野たれ死により社畜がいい。人類の99%以上は「奴隷向き」という現実 - まぐまぐニュース!

覚悟が結果を決める. そんな疑問を持った僕は、ある成功する人に話を聞いたことがあった。 その人の雰囲気はとてもやさしく、ケンカや競争 一日のほぼすべての時間を仕事で埋め尽くされ、プライベートなど皆無に等しい現代のサラリーマンは、しばしば「社畜」と表現されることがあります。しかし、メルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで』によると、古代ギリシャ 犯罪歴があるクズが居る職場は絶対にやめたほうがいい 社畜は卒業したかった。 綺麗な景色を見て「綺麗だなぁ」と感じたり、 いい音楽を聞いて「うわー、いいなあ」と感じる余裕すらなくなるくらい忙しかった。 そんな日々を生きながら、”余暇”なんて楽しめ 漫画家・ごえたむさんの"社畜"をテーマにしたギャグ四コマ。ブラック企業に勤めた経験がある人なら、きっと共感できる

覚悟はいいか 社畜

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5