我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する


今回の改正で、適用拡大と合わせて、企業型確定拠出年金(DC)の加入要件についても見直しがされました。 確定拠出年金には企業が掛金を負担する企業型DCと個人が負担する個人型DC(iDeCo)があります。社会保険の適用拡大にともなって、企業の社会保険料負担増加への対策として、企業型確定拠出年金の1つである選択制確定拠出年金の導入も検討してみるのもよいでしょう。 選択制確定拠出年金は、従業員が給与の一部を確定拠出年金の掛金として積み立てていく制度です。掛金額は従業員自身が選択し、自身で運用していくことになります。掛金額は社会保険料の算定から除かれるので、会社負担分の社会保険料の削減効果が期待できます。会社にとっては新たな費用を負担することなく福利厚生制度を導入できることになります。. 今のうちに絶対行っておかなければならないのが、適用拡大後の企業負担の社会保険料の算出です。この保険料分が、経営にどの程度影響をもたらすのか把握し、対策を講じる必要があります。 中小企業の多くは、必死に利益を出している状況です。社会保険料の増大のコストを価格転嫁することは容易ではありません。賃下げや賞与の削減、昇給の抑制を行う企業も増えるかもしれません。しかし、増加したコストを価格に転嫁するのか、その他のコストを削減するのか行えなければ、企業の資金繰りは非常に厳しくなっていくでしょう。. 厚労省の試算によれば、社会保険の適用拡大により、 短時間労働者が社会保険に加入した場合、1人当たり約24. 従業員数の変動が多い会社などは、どの時点での従業員数をカウントすればよいのか、悩むところです。月ごとに従業員数の増減がある場合については、 「直近12か月のうち6か月で基準を上回った段階」で適用対象となります。 ここで注意したいのは、適用対象となった後に、従業員数が適用従業員規模を下回っても、原則として、引き続き適用されるということです。. 従業員の要件によって、社会保険の被保険者に該当するか判断されます。従来の従業員要件に加え、 小山弓具 伸. 企業を成長させる人事労務情報をお届けする「成長ドットコム」 登録いただければ無料でお届けいたします。下記バナーよりご登録ください。. 健康保険料率の変更 障害者雇用納付金制度の対象範囲拡大 標準報酬月額の変更 社会保険の被扶養者の収入要件 社会保険の被扶養者となる方. 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 5. 評価制度・給料体系 実践塾. カテゴリー トラブル対応 休暇・休日・休業 休職(ケガ・病気) 出産・育児・介護 労働保険・社会保険 労働制度(変形労働、フレックスなど) 労働契約・契約更新 労働時間・残業時間 安全衛生・健康管理 就業規則・関連規程 給与・賞与・退職金 記事 退職・解雇・雇止め. 社会保険の適用拡大は、従業員にどのような影響を与えるでしょうか。そもそも、社会保険適用拡大の背景には、多様な働き方が進む中でも、すべての世代が安心して働き、老後の安心を確保するためにあります。働き方の形態にかかわらず充実した社会保障の仕組みを強化することを目的としています。 さらに、今後の人口減少社会に備え、夫の扶養に入っている主婦層などの就業促進も目的にあります。社会保険の適用拡大により、扶養内で働くパート・アルバイト従業員の労働にも大きく影響が出てくるでしょう。. 社会保険労務士法人アールワン  濵中 伸介(はまなかしんすけ) プロフィール. 社保険 未加入事業者対策について 算定基礎届 標準報酬月額の変更 社会保険料を下げる方法 社会保険料の支払と徴収タイミング. ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物 メールマガジン、印刷物 などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。.

 · 今回から数回にわたり、社会保険や雇用保険の徴収のタイミングについて説明していきたいと思います。 年10月〜社会保険の適用拡大。. 社労士が解説します。. 年5月29日に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」(年金制度改正法)が成立しました。. そのなかで、とくに注目されているのが「社会保険の適用拡大」です。. これまでは従業員数人超(人以上)の企業に対して社会保険の適用義務がありましたが、今改正で、その範囲 年金事務所から調査の日程、場所、用意する書類が会社に書面で通知され、調査が行われます。最近は3年に1回程度定期的に行われているようです。年金事務所が、会社に対して社会保険料を適切に納めているのかを確認する調査です。 給与からの社会保険料の徴収のタイミングも支払に合わせ、て前月分を当月支払の給与から徴収することが一般的です。  · 最近、社労士の元に「社会保険事務所から過去2年分の資料を提出するように言われた」という社会保険調査の相談が多く寄せられているようです。 今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、事前調査で「パート社員で社会

社会保険 調査 タイミング

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5