我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

A-①.周りの雑音が収音されてしまっている


また、上司との「1 on 1」でのオンライン面談でも評価や昇格、個人的な相談など、自分のデスクのようなオープンな場所ではなかなか話せない内容も、やはり会議室のようなクローズドな場所で行う必要があります。. 音響トラブルでよく発生してしまうのが「キーン!」「ブーン!」という不快な音、「ハウリング」や「エコー」です。当然、人と会って話している時には発生しないので、これもオンラインならではのトラブルですね。 ハウリングもエコーも、スピーカーから出た音をマイクが拾ってしまうことが原因で発生します。 例えば、Zoomで複数のパソコン、またはパソコンとタブレットなど、複数の端末を同時に利用するとハウリングが発生してしまいます。. そう思っても、多くの会社は工事をして大幅にオフィスのレイアウトを変更するような大掛かりなことは、そう簡単には出来ませんよね。 また、別のフロアや貸し会議室を借りるのもそれなりのコストがかかります。. セミナー 事例 インタビュー オフィス見学. 自宅でWeb会議に参加する際、余計なものが写りこんだり、生活音が入らないようになるべく静かな部屋にパソコンを設置すると思います。 しかし、気を付けたいのは作業場所だけではなく、マイクとスピーカーの設置場所。パソコンの近くにスピーカーなどの音響機器を置いてしまうと、ハウリングが発生する原因になるので注意が必要です。 「キーン」という不快な音や、同じ音が何重にも重なって聞こえる時はマイクとスピーカーの距離を確認しましょう。.

A.Web会議で雑音が発生してしまう主な原因

会議室、応接室、カウンター、シンキングスペース、様々な場所で「音の問題」は発生しています。特に最近ではテレビ会議(Web会議)を使う企業も増えていますが、通常の会議以上に音漏れが深刻な問題となっています。 アジェンダは、会議が始まる時に見せましょう。当たり前じゃないか!と思うかもれいませんが、意外と参加者が話し始めてしまって、出すタイミングを失ってしまうこともあります。会議の最初に一声あげて画面を共有しましょう。 「最近、パソコンから会議に参加している人が増えたが、迷惑」 「かっこつけてるつもりだろうが、うるさいし、情報ダダ漏れでカッコ悪い」 「飲食店や電車内では、電話をしないのがマナー」 などと、どうもカフェでWeb会議することの評判は悪い。 Web会議中に最も困るのは映像や音声の遅延だろう。 画面が固まる、発言が飛ぶ、といった状況は、たとえ頻度が少なくても大きなストレスになる。

近所の夜の営みが激しいすぎてオリンピック2020なの。



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5