我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

【ジャム理論】ストレスが多い?ならまずは「選択肢」を減らしてみよう


最も分かりやすいのは 金銭的な豊かさ でしょうか。お金があればいろいろなものが買えたり、サービスを利用できるようになりますよね。お金が増えていくと、選択肢も増えていきます。. また、 技術・経験の豊かさ は働く上での選択肢を広げてくれます。より条件の良い会社、より楽しい仕事、より魅力的な仲間、より自分自身に合った働き方など、(能力・経験が市場のニーズと合致してさえいれば)自身の 成長によって得られやすくなる はずです。「豊かな才能」というのもここに含まれますね。.

そして、 精神的な豊かさ は多くの物事に触れる中でいろいろなものや考え方の良さが分かるようになったり、自分自身の中で 「これもありだな」と思えるものが増えていく ことで、自分の人生により多くの喜びをもたらしてくれることになるでしょう。. このnoteは いい感じにはたたらくTipsアドベントカレンダー2019 の一環として書きましたので、キャリア選択を事例としながら、1つずつ見ていきましょう。. お次は「選択基準」です。選択肢があればあるほど、それらの中からより良いチョイスをするには選択基準が必要です。例えば就職・転職であれば「やりがい」「給与」「ワークライフバランス」「今後のキャリアの広がり」など、ほかにもさまざまな要素がある中で、何をどれくらいの割合で重視するのか、 自分にとって の基準が大切となります。. ここで大事なのは、世間一般の基準や世間体・他人の評判ではなく、あくまでも自分の主観・価値観・感覚・欲を踏まえて考えるということです。食べログ上の評価のみで判断するのではなく、ちゃんと 自分の味覚 を信じられるといいですよね。.

僕は大きく2つあると思っていて、1つめは 「信頼性の低い情報」 です(もしくは情報がそもそも不足していること)。断片的な情報しか持たない就活生が社会人になってから「こんなはずじゃなかった」というパターンですね。. 第4の要素は「決断力」です。判断力と似ているようですが別物です。判断がどちらかというと「頭・思考」によるものだとしたら、決断は「ハラ・ハート」によるものです。いわゆる ハラ決め 。. そのため、「未知のものへの恐れ」「 捨てる ことへの抵抗」は決断を阻害します。もちろん「いま決めなくてもいい」という判断もありますが、 意思決定には旬がある ことも知っておいたほうがいいでしょう。.

意思決定はその瞬間だけでは終わりません。自分が決めたことが「正しかった」となるようにしていくプロセスが必要となります。特にキャリアや結婚生活には正解があるわけではないですし、事前に予測しきれるというものでもないので、正解を選ぶというよりは、 選んだものを正解にしていく努力 が必要になるかと思います。. とはいえ、それに縛られすぎるのも実は危険でバランスが大切です。不退転の覚悟は時として自分を必要以上に苦しめることになります。 「意思決定したときの自分は、今の自分とは別の人」 という考え方もありますので、自縄自縛により健康を損なうということはくれぐれも回避してほしいなと思います。あとは、過去の自分の選択を正当化したくて意固地になるのも難しいところ。.

僕が言うまでもなく、人生は選択の連続です。一度選択しただけでは終わりではないので、たまに足を止めて自分の心の声を聴き、 選択のチューニング をすることで、いい感じにはたらいていけるのではないかなと思います。. Photo by 選肢択たりえない. 青田努( AotaTsutomu). その後のプロセス が大事。 人生はこれまでしてきた選択でできている といいます。一つひとつ いい選択を積み重ねて、いい人生にしていけたらいいなと思います。. この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか? 気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!. читать 気持ちを伝えよう!.

選択肢を1つに絞り込み過ぎるとそもそも失敗が待っている

選択肢を与えない、というのはよくないと思いますが、なんでも要求通りにすると、最終的な決定権も自分にあると勘違いするおそれがあります 選択肢は、得ようと思って意図的に行動しないと得られない。 その中身は多種多様で、好感度の上昇に関係する【選択肢】もあれば、仲間にするしないの大事な【選択肢】もあったり、逆に無くても問題ない日常的な【選択肢】もあったり。  · 資本主義の怖いところは、そのなかに生きていると、それしか選択肢がないように思い込ませる力のあるところです。 (あるいは、「この中でもっとも近いとしたら」と仮定の話で選んでしまったり) これは回答者の心理的な現象です。 「その他」「該当しない」といった選択肢に疎外的なイメージを持つ; 用意された選択肢を選べないと、標準的で無くなるよう感じる

選択肢たりえない

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5