我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

人気の木材で、鉢カバーをしませんか?


トップページへ    木の雑記帳目次. この 護摩壇 に投じられ、音を上げて燃えているのが 「護摩木(ごまぎ)」 である。別名として 「護摩薪(ごままき)」 、 「護摩柴(ごましば)」 の名もある。 「護摩」 の語はサンスクリットのホーマ homa havan の音写で、焚焼、,祀火の意味とされる。本来はバラモン、ヒンドゥー教の儀礼で、供物を火中に投じ、煙にして天上の神に捧げて、祈願する祭式で、紀元前から行われる。【平凡社世界大百科事典】  元祖インドやネパールでは現在でも健在であることは、 homa ritual の語を検索すれば、怪しい雰囲気の漂う哲学的なホームページが多数存在することで確認できる。  我が国では護摩焚きは天台宗、真言宗などの 密教 、 修験道 で広く行われているほか、神道でも見られるそうで、護摩焚きに当たっては各宗派の作法があるという。いずれも演出効果をかなり意識していると思われ、中には地域での恒例の巨大イベントとして有名になっているものもある。屋外では護摩壇に薪を積んで檜葉で覆う方法も見られる。  修験道では五穀や米、油、丸香、散香、華などを護摩木が燃える炉中に投じる【目からウロコの修験道:学習研究社】という。.

屋外での護摩焚きの呼称に関して、 天台系・本山派 では 採燈 灯 護摩 と呼び、 真言系・当山派 では 柴燈 灯 護摩 と呼んでいる。. 護摩木の形状  販売されている製品の事例を見ると、4面が鉋(かんな)掛けされた断面が正方形または長方形の棒(板)で、長さは20~30センチくらいである。多分棒状のものは焚くための燃料( 檀木 )として用いるもので、板状のものは購入者が名前や願いことを書く(あらかじめ利益を印字したものがある。)ことを考慮した大きさ、形状、表面仕上げとしたもの(供養のための 乳木 )で、主催者に利益をもたらす仕様と理解できる。  本家のインドでは護摩木( homa wood )は護摩壇( kund )の大きさに適合するように8インチほどに切るべしとだけ講釈している記述例が見られた。.

護摩木の本来の用材及び使用されている用材  護摩木用材として国内で昔から知られているのは、ウルシ科ウルシ属の ヌルデ である。 「護摩木」の名はヌルデの異名にもなっている。 一般的な木材利用の観点からは、ヌルデは存在感が薄い。ヌルデはその材よりも 「五倍子(ごばいし、ふし)」 、 「付子、附子(ふし)」 の名を持つ 虫えい(虫こぶ) が、 タンニン を採取するための重要な素材であり続けた歴史があり、江戸時代まで続いた お歯黒 もこれに依存していたという。. ヌルデ は葉軸に翼があるのが特徴。.

ヌルデの果実   果実が分泌する白い物質 (リンゴ酸カルシウム)。べちゃべちゃしていて、なめると酸っぱくて塩辛く、かつては塩の代わりになったという。. ヌルデの果実  きれいな色合いの 果実 である。油分を20~35%含むという。. ヌルデの熟した果実  残念ながら、これを利用したという話は聞かないが、中国樹木誌には種子の利用に関して「可供制皂 石鹸? 或作潤滑油」とある。. ヌルデの虫こぶ1   ヌルデシロアブラムシが作る虫こぶ の形はユニークである。. ヌルデの虫こぶ2  赤みを帯びたものもある。ヌルデは中国にも存在し、同じ 五倍子 の名で同様に使用された。. ヌルデの虫こぶ3  見た目にはきれいであるが、中味を見るとゾッとする。. ヌルデの材は勢いよくさかんに燃え、道管内に チロース を含むため、ぽんぽん音を立てて爆跳(ばくちょう)するので景気がよく護摩木に用いられ、また縁起がよいとされたという考えもある。【木の大百科】.

日本の真言宗ではヌルデをもって護摩木とするが、これは金剛頂瑜伽中略出念誦経などに「吉祥樹( インドボダイジュ )を以て護摩木となし、この木なければ白汁ある木を以て之に代うべし」とあることによったものであろう。ヌルデは一名白膠木ともよばれ、枝を折ると白色の粘っこい樹液を出す。インドボダイジュ(書籍版「仏典の植物」の記述では、「 ウドンゲノキ 」を併記。)のない中国ではもっぱらこの木を護摩木に用い、それがそのまま日本に伝えられたものであろう。 【仏典の中の樹木 その性質と意義 3 :満久崇麿】. htm 】  なお、「仏教の知識百科」(主婦と生活社)には、護摩木に関して「 (国内で)用いられる木の種類は、桑、柏(かしわ)、松、檜、杉など。 ただし、筋目がまっすぐで、虫くいや腐食部のない浄木でなければならないとされている。」とある。. 販売されている護摩木の用材   現在販売されている護摩木は正確に製材・鉋掛けされていて、まるで小綺麗な工作材料のようである。特に字をを入れる場合には節がなく色が白くて目が整っていて表面仕上げが良好なものが都合がいいに違いない。また、製造する側の事業からすれば、価格が比較的安く製材歩留まりのよい大きさがあり、加工性良好なものがよい。こうなると,必然的に、卒塔婆、絵馬、まな板などでも活躍している輸入材の スプルース は最適な材の一つと考えられ、現にこの材の護摩木が存在する。さらに、国産の スギ 、 ヒノキ 、 北海道産のマツ類 も利用されていて、中国から 白松(沙松) の製品も輸入されている模様である。残念ながらヌルデは確認できなかったが、同じウルシ科の ハゼノキ を小割した ハゼ護摩木 が供給されているのを確認した。ハゼノキの名前は決して爆ぜるからこの名があるわけではない。これをヌルデの代用品としている理由はわからない。販売されているハゼ護摩木をみると、そもそも本来の護摩木はこうした小中径木を単に小割りしただけの形状のものであったのではないかと感じられる。なお、ハゼノキの護摩木は、全国展開するある大手仏教系新興宗教団体が九州で一定量を調達しているとも聞いた。  インド系の護摩では牛糞(神聖なものとされている。)を含めた燃焼材料に関する講釈が多くて多様性があるように見えるが、国内では儀式の作法が細かい割には燃焼材料の種類には特に意義付けがなされていないようで、特にこだわりはないようである。(仏典では詳細の記述があることが知られている。)  護摩としての利用実態から木材の燃焼の特性に関して興味を感じるため、出来れば、上質の鋳物製の薪ストーブか暖炉を利用して、ヌルデやその近縁種を含めていろいろな材の燃焼試験をして、その個性を体感してみたいが、残念ながらそうした豊かな生活環境にないことを嘆くのみである。.

九州産のハゼノキの小径木を小割りした 自家製ハゼ護摩木(ただの割り材) である。ハゼノキは径が細いと、鮮やかな黄色の心材の比率は低くなる。  できれば、ヌルデの材も手に入れて、興味本位の屋外燃焼試験をしてみたいと思っているところである。  【2010.7追記】   ヌルデ、ハゼノキの燃焼試験へ. ヌルデ五倍子は、タンニンの原料として皮革のなめし用、インクの原料、薬用として貴著品である。  【樹木大図説】(注)現在では国内産はほとんどないと思われる。.

お歯黒は「かねつけ」と称し、かつて既婚婦人に使われたもので、 ふしの粉 を鉄漿(鉄錆を溶かした水)と混合して歯に塗り黒く染めるもの。【木の大百科】. 薪は ミズナラ などの堅くて重い材が火持ちがよくて昔から評価が高い。樹種によって割りやすいものと割りにくいものがあることも知られている。. 奥多摩山上の湯の木下さんは生でも燃える樹種として、 ズサ ( アブラチャン の方言)、 シオジ 、 ツツジ を挙げられた。【続樹木と方言:倉田悟 】.

スモークチップの場合と同様に、 リンゴ や サクラ (ヤマザクラ)の薪は燃焼中に甘い香りがするといわれるが、実際に閉鎖タイプの薪ストーブでは暖炉のような解放性がないから、香りを体感しにくいと思われる。それ以前に、薪の樹種を選択する自由度はそれほど高くないから、話のネタとしては面白いが、体験は難しい。. なかなか経験する機会はないが、この世には 「恐ろしい薪材」 が存在するようである。例えば、 キョウチクトウ は毒性があることは広く知られているところであるが、この生木を燃やした煙も有毒(日本の有毒植物)とされ、また、かぶれを引き起こす ヤマウルシ では、燃料にしたときに煙を浴びてもかぶれる(植物観察図鑑)とされる。体験的レポートがなくて、その症状の程度等の詳細についての情報が得られないのは残念である。.

資料 【現代林業 2013年7月号 編集部】  薪で使われる樹種  薪の樹種で人気があるのは広葉樹、特に堅くて火持ちがよい ナラ や カシ といった堅木と呼ばれるものが最高級のランクに位置します。また、 サクラ や果樹園の リンゴ などは香りがよく人気があります。広葉樹でも シイ(注) や ホオノキ などの雑木は密度が軽くて火持ちが悪いので価値が低く、堅木と混ぜたミックスと呼ばれる商品で販売されることが多いようです。 スギ や ヒノキ などの針葉樹は着果しやすく一挙に燃える長所がありますが、逆に火持ちが悪く、特に マツ類 はススが多く高温になりやすいため、ストーブを時に壊してしまう恐れがあると考える薪ストーブユーザーからは敬遠されていました。しかし、焚き付け用の薪やキャンプ用の薪として利用されるのが一般的です。 注:.

| | 世界の有用木材種-和名検索結果-

マンゴーの樹 は、ウルシ科の広葉樹。 木材資源として有用な樹種の図鑑です。樹木の科目名、主産地、木材の色調、特徴、用途などを掲載。 豊富な木材商品と価格を確認することができます。 馬場銘木の「商品カタログ」としてご活用ください。 また、木材の基礎知識や木材の種類や特徴などを紹介している「木材図鑑」を用意しています。 「木材としては mangoマンゴー(Mangifera indicaウルシ科マンゴー属)、 banyanベンガルボダイジュ、バンヤン樹(Ficus benghalensisクワ科イチジク属)、vilva (Crataeva religiose)、sami (Mimosa suma マメ科アカシア属), palasaハナモツヤクノキ花没薬(Butea frondosaマメ科ブテア属)、 balkula ?

木材図鑑 マンゴー

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5