我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

飲食店や小売店でキャッシュレス決済エアペイをレジに導入するメリット・デメリット - 【 飲食店開業・個人でお店を開くには? 】


ホテルで飲食し、24000円かかりました。 20000円分を、三井住友VISAなどのカード会社が発行しているギフト券(ギフトカード)、4000円を現金で支払いました。 会社宛の領収書発行を依頼したところ、「現金分の4000円は発行できるが、カード分の20000円は領収書は発行できません」 посмотреть больше なぜなら、ギフト券発行時にカード会社から領収書が発行されている筈であり、二重になってしまうから、ということです。 (ちなみにこのギフト券は景品として入手したものであり、私がカード会社から購入したものではないので、ホテル側の言い分は 不適当です。恐らく、ギフト券を受領しても、決済はホテル、カード会社間で行われる、ということを言いたかったのだと思います)。 金現 1)私は、決済の手段として、ギフト券(有価証券)を使用した。 2)弁済者(私)が要求しているのだから、ホテルは領収書を発行しなければならない(民法第四八六条) 3)「金銭又は有価証券の受取書、領収書は」印紙税額一覧表の第17号文書 私の言い分が正しく、ホテル側が誤りだと思うのですが、判断がつきません。いかがでしょうか。. ICカード・電子マネー ICチップが内蔵されており、読み取り端末にタッチするだけで決済が完了するカード。代表的なものは「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」などの交通系、「WAON(ワオン)」や「nanaco(ナナコ)」などの流通系サービスです。現金でチャージ(入金)することで繰り返し使えますが、クレジット機能を持たせることでチャージが不要になるカードもあります。. gooIDで新規登録・ログイン 新規登録する(無料) 会員の方はこちら. 質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。 契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、 未完了であれば「未払費用」という区分けです。 そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。 会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ. 一方で日本との最大の違いとして同氏が挙げているのが、「海外では店員側に向いたつり銭機が1つもない」という特徴だ。同氏は「対面セルフ」と呼んでいるが、支払い時だけ自動化が行なわれるという仕組みとなる。海外でこうした装置が導入される理由の上位に「レジからお金がなくなる」というのがきているが、入出金の誤差がなくなるというのは極めて評価されるポイントだという。極端な例では「数カ月で投資がペイできる」 という話も聞くほど で、それだけ会計時のミスや不正が横行しているということでもある。. 外部サービスのアカウントで 新規登録・ログイン Yahoo! もともと同社の海外事業は「金融機関」向けのものであり、現金の取り扱いで「安心安全」を打ち出して実績を築いている。イタリアの銀行での導入ケースだが、窓口において「 グローリーの 現金入出金機が導入されたので、銀行強盗で襲うだけ無駄ですよ」というアピールが行なわれていたという。犯罪率の高い米国やブラジルなどでも似たような評価を得ているとのことで、このあたりの事情も海外ならではかもしれない。. クレジットカードを探す あなたにぴったりの1枚が見つかる!. 店舗側の事情 キャッシュレスが普及しない要因には、店舗側の事情も挙げられます。一番大きいのは、キャッシュレス決済を可能にするためのコストがかかること。クレジットカードや電子マネーを使うキャッシュレスでの支払いには、対応する専用端末の導入が必要です。機器の導入だけでなく、都度発生するランニングコストも店舗側の負担になります。また、クレジットカードを使用する際に発生する数%の決済手数料もネックとなっており、特に個人で運営しているような小規模の店舗では、キャッシュレス化に二の足を踏むことも多いのではないでしょうか。. жмите 契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、 未完了であれば「未払費用」という区分けです。 そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。 会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。 >例えば、給料を考えてみましょう。 >毎月20日締めの翌月10日払いとします。 >当月21日~末日までの給料は未払費用となり、 >前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。 >なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、 >月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、 >当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、 >役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。. 法律上の解釈でいえば、まず、ギフト券での支払は代物弁済となりますから、民法482条により弁済と同一の効力を有します。そして、ご認識のとおり民法486条にて、弁済をした者が請求すれば弁済受領者は受取証書を発行しなければならないこととされています。 したがって、ギフト券を代物弁済として受領したホテルは、shuugi-50000さんの求めに応じて、領収書を発行しなければなりませんでした。 なお、領収書の発行義務の有無は民法の解釈の問題であり、税法は関係ありません。したがって、税法(印紙税法、消費税法、その他の税法)の規定は、いずれも領収書発行義務の有無に対する理由にはなりません。.

クレジットカードを使うとお店に迷惑がかかるから使わないようにしてる…という意見は正しい?クレカ決済導入は店側にもメリット有りです。 - クレジットカードの読みもの

 · 電子マネーやクレジットカードによる決済はもちろんのこと、現金支払いに至るまですべて買い物客が1人で精算を済ませる。現金の場合、投入口に硬貨と紙幣を挿入することで、釣り銭が自動的に出てくる仕組みだ。 店員が端末で読み取り、利用者が同じ端末に出金額と暗証番号を入力すれば紙幣が店員から渡される。

【優良店は存在しない】クレジットカード現金化比較サイトの実態



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5