我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

ポジティブな関わり方ができない人たちへ


私59歳で、仕事もしてますし、まだ顔にもそんなにシワありませんよ!一つ上の夫もまだまだ現役です。周りにいる60-65歳も(目は悪くなってますが)すこぶる元気ですよ。「最近の60歳は元気だね!」と仲間内で言ってますが、私の周りだけかしら? 私の母は90歳ですが、肌など私より奇麗なぐらいで、夫を亡くした人仲間としょっちゅう温泉旅行を楽しんでます。(頭も勿論しっかりしてますよ)私も<歳をとったら>あんな風になりたいなあ~と思ってます。 実家にる帰たびに年老いた親.

親御さんを見て、ご自分もやがて老いていくであろうことに重ねるのは判らないでもありません。 でも、あなたの投稿文からは親御さんを心配される気持ちが少しも見えてきません。 「嫌悪感」という言葉を自分の親に向かって使ってるいるだけでゾッとしました。 「嫌悪感とまでは行きませんが」とは書いてあってもです。 あまり愛情を持って育ててもらえなかったのでしょうか・・ 必ずしも良い親ばかりではありませんからね。 余計なお世話ですが、私はトピ主さんが大丈夫なのかと思いました。.

私はトピ主さんより一回りぐらい年上です。 親を通して老いを見つめる感じです。 年をとるということの残酷さを目の当たりにするとついつい目を背けたくなる。 その気持ちはわかります。 けれどそこから何か学ぶことがないでしょうか。 震えを指摘されたこと、これはもしかしたら親にしてみたら酷なことかもしれません。 親というのはいつまでも庇護してくれる存在ではないのです。 親の老いを受け入れ、あなた庇う立場になって欲しいと思います。. 同情します。辛いですね。トピ主さんの親を思われる気持ちがよく伝わってきます。私の母は八十代の半ばを過ぎ、一人で住んでいます。  母が震える手を隠そうとしたら、私は両の手で挟んでさすってやります。杖をついて歩きますが、一緒に歩くようにしています。できるだけ傍に居て、少しでも快適に暮らすように面倒をみたい気持ちです。先月<広辞苑>はもう重くて持ち上げれない、と言うので、それの入った電子辞書を買ってやったところ、非常に喜びました。. 滅多に会わないほど、どんどん老化が目立つと思うので、逆にもっとちょくちょく会うようにしたらどうでしょうか?(久しぶりに会うほど人の変化に気づくので…太った、痩せたなど) 手が震えている人に対して「手、震えてるよ」っていうのは言われた人は自分でも気づいてるだろうし、ちょっとキツくないでしょうか。震えてるなら、脳溢血とか脳の血管は大丈夫かなと心配したほうがいいのでは?60歳ならまだ手が震えるようなお年ではないと思いますが…。 主さんは完全無欠な親でいて欲しいようですが、親も自分もいつどうなるかわかりません。(事故や病気はいつ起きるかわからないです)なので、受け入れて、いたわる気持ちもお持ちでしょうから、そちらを出すしかないと思います。きっと、主さんは親が老けるのが不安で心配なんでしょう。 でもみんな老けていくので…。自分がしっかりするしかない!と心を強く持って、お母様をなんとか労わってあげてください。.

悲しいこと言わないでくださいよ。 あなたの大事な親ですよ。 60近くもなれば、あきらかに年老いて見えることだって ありますもん。 私の親もそうです。 二人とも、背中が小さく見えるというか、 そんな時は子供として寂しくもなりますが、 愛おしくも思います。 皺や白髪、皮膚(肌)の感じ・・・などなど、 長い人生を歩んできたんだなーと尊敬すら感じます。 ちゃんとたまには会いに行ってあげましょう。. もしかして、トピ主さんの親御さんはどこか体調を悪くされたりはしていませんか? 最近の60代と言えば、お元気で若々しい方が多いです。 トピ主さんが書かれている「ちゅうき」という言葉は私は聞いたことがないのですが、手が震えたり(振戦といいます)、歩行が小刻みになったりする病気があります。 親御さんの状態が今後も気なるようであれば、一度診察を勧めてみてはいかがでしょうか? もちろん、単なる老化現象かもしれませんし。 私は30代後半です。 親の老化は気になりますし、正直淋しいような、何とも言えない気持ちになる時もあります。 でも、いずれ我々も行く道です。.

私は親が60歳くらいの時 「もう年だし、親が死んだらどうしよう」と毎日不安で仕方ありませんでした。 あれから20年、親はまだ元気です。 あの時不安に思っていた時間がとてももったいない!と今は思います。 今ももちろん不安はありますが、不安に思っていてもあと10年20年元気だったら やっぱり今の不安な時間がもったいないですよね。 親はどんどん老います。 「60歳の時の親はなんて若くて元気だったんだろう!」と思える時が必ずきます。 実家に帰たるびに年老いた親 親が自分と同じ年の時はこうだったんだ、あの時はこんな感じだったんだと いろんなことがわかってきます。 自分も親も「今生きてる」し「今が一番若くて、今できることは何でもできる」んですよね。 親に老いを感じさせるようなことは言わない方がいいですよ。 そんな言葉より「若いね!元気だね!」と声をかけてあげてください。 そしてたくさん話をしてあげてほしいです。. 私はトピ主さんより少し年上です。父母も60を越えています。 耳が遠くなり、体力が衰え、かつての両親の姿はありません。 こんなに小さかったかと思う事もしばしばです。 おまけに父は昨年大病を患い、どっと老けこんでしまいました。 でも親の老いを受け止める事が子である私の務めだと思っています。 やがて必ず訪れる別れの時に「もっと会いに行っていればよかった」と 後悔したくありません。会いに行く機会を増やそうと思います。 残された時間を意識し始めると、自分が辛いなどとは言っていられません。 子供の頃の夏休みの旅行以来途絶えていた家族旅行にも行きました。 途中、体力の衰えから来る我侭にイラッとした事もありますが、 とても喜んでくれて私も満足でした。また行くつもりです。 そもそも私たちだって、親の目から見れば 「昔はあんなに可愛かったのに・・・」かもしれませんよ。 私には子がおりませんのでその辺りの事は分かりませんが。 耳が遠くても、目が悪くても、入れ歯になっても親は親。 見た目がどう変わっても中身は一緒です。.

同じです~。せつないですよね・・・。 私は30代後半既婚、親は60代前半です。 元気ではいるんですけど、会うたびに白髪が増え、動作がゆっくりになり、食べこぼしが増え・・・、てきぱきしっかりしていた親が今は・・・と思うと、せつなくなります。 たまにお風呂で思い出して泣きたくなります。 老いは自然なことなのに。 私も気持ちの持ち方を教えていただきたいです・・・。. 親はいつまでも元気ではいてくれません。自分も同じように年取ってきているけど、トピ主さんは30歳でまだ気がつかれないんでしょう。私は<親を見るのが嫌>という気持ちは、母が認知症になってからです。トピ主さんが<手、震えてるよ>と言ってしまうように、私も母に<もうさっき聞いた>と言ってしまいます。心の中は<どうしてこんなになってしまったの?>という怒りと悲しみでつい言ってしまうのです。 しかし最近自分の体の老化がめだつようになって、親の老化をめざとく見つけて言うのは相手の心を傷つけていただろうと深く反省しています。 手を隠して「そう?」と答えたトピさんの親御さんがちょっとお気の毒に思えました。 指摘するより心配して,今度病院へ行って検査するよう勧めてみたらどうですか? 親は自分より25年あるいは30年先を歩いているんだと思ってみています。トピ主さんだって30年先、人前で知らないうちに手が勝手に震えてしまうかもしれません。私も話の途中で<さっき聞きました!>といわれてしまうかもしれません。 そう思うと自然いたわってあげようと言う気持ちがわいてきました。.

うちの親は60歳で私の結婚式に出たし、5年後 育児のときも多少世話になりました。 そして今は82歳、トピ主さんの気持ちです。 母の大腿骨骨折、ちょっとした父の認知症が始まり・・・そこでやっと、そんな気持ちです。 60歳のとき、父は、畑仕事をして、母も元気でした、旅もしていましたよ~ まだ20年先くらいでその悩みになるのが普通かな。 悩むのが早すぎです、それに老いって認めてあげてください、まだまだ若いって言ってあげてください。 うちの姉は、意地悪なので、老人臭が臭いとか平気で言うきつい人でした。私は、全くそんなの感じません。 だから、老いたとき、ショックは、姉のほうが辛いかもと思いました。 年をとって当たり前、年をとってより人間は成長するって、手が震えても、あ~こんなもんだと大きく構えてください。.

私も30代です。両親は70を過ぎました。 читать больше 整形外科での手術ですから命どうこうではなかったのですが、 私は海外在住のため、なかなかそばにいてあげることができません。 本当に申し訳なく思います。 先日少しだけ帰国したのですが、その時父はずいぶんやせてしまい、 это 久御山淀インターチェンジ 上り 混み具合 просто 母は背中が丸くなっていたことにショックというか 両親が確実に老いていることを痛感しました。 これからは私や兄弟が両親を守っていく番なんだなと感じました。 いつまでも娘として甘えたいのですが・・・ 涙) 私はのっちさんと逆で見るのがつらいということはなく、ただ切ないです。 後で後悔のないように 日本にもっと帰りたいのですが 仕事を持ってるので思うようにいきません。 のっちさん、自分を守り、叱り、育ててくれた大きな存在の御両親が 年を取っていかれる姿を見るのはおつらいでしょうが、 こればかりは生き物全てに訪れることですから受け入れるしかありません。 そばで見守っていくしかないかな・・.

老化は自然なことですからね。毎年、半年に一度、かかりつけの内科医で、定期的に健康診断をしてもらうようにしています。 自分も老化しているんですけどね(笑)。お前のほうが心配だ、とよく言われますよ。. 老いた親が嫌なのではなく、だんだん老いて「いく」のを見るのが辛いんですよね。 また老いの始まる年齢は様々です。 90でもかくしゃく、40でも寝たきり、はありますから。 私も先日娘に会ったときに言われました。 「お母さん、背中が曲がってきたよね」 自分ではまっすぐのつもりでいたけれど。 でも、娘はその後「もう無理はしちゃ駄目ということだね」と、 労わってくれました。 切花を買ってきてしばらくは楽しめますが、やがて枯れます。 それを捨てるときがとても嫌です。 ああ自分もやがてこうなるのね、と思うから。 いつまでも親は元気でいてくれるもの、いてほしい、と誰でも思いますよね。 老いは本人が一番悲しいのです。 「ちゅうき 中気 」というのは中風とも書き、昔はお年寄りの病気としてよくありました。 脳疾患のため、手足が麻痺したりします。 私の祖父母の時代の言葉です。 また人前で緊張すると手や顔が揺れる人もいます。 一度診察を受けるようにしてみてはいかがでしょうか。 https://marushin.club/kiwihykufutec3129.php 心細い親を見守りのはこどもの努めです。.

老いるということが、不快な現象でしょうか? 人間の死亡率は100%です。 太陽だってあと50億年ほどすれば無くなります。 手が振るえたり、歩くのが遅くなったり、言葉がどもってすぐに出てこなかったり・・・ 安らかに黄泉の国に旅立つための準備をしているのです。 老化というあるがままの現実をそのまま受け入れましょう。. うちの両親も六十越えてますけど、年に何度も海外へ行くし、二人共仕事も現役です。 忙し過ぎて見てて心配になる位です。 孫の面倒みて欲しい! ただし、年に一度は必ず人間ドックで検査を受けて、全身チェックしています。 適度な運動に食生活はかなり気にかけているみたいですよ。 トピ主さんのご両親は検査は受けていますか? 心配なら一度病院へ行って調べた方がいいですよ。 後は生活に変化があると気持ちも変わるかもしれません. 私は両親が70を超えています、あんなに口も達者でチャキチャキ動いてた母も、無口になり、膝の関節が老化し壁を伝って歩くのがやっと。地震・災害時を思うと不安で胸がつまります。いずれ介護も意識に入れなくてはいけないし、私を残して両親がいつかこの世から消えてしまうなんて・・・。  でも生きとし生ける者はすべて老化・滅していきます。新しい命が次々生まれ、循環していく、赤ちゃんを保護者が守り育てる。この世の摂理ですね。未来永劫、この繰り返し。 どうか切なさ・不安に負けず、はらを決めて今後を冷静に計画していってください。覚悟は早いほうが後が楽です。親御さんと過ごせる時間は思ったより短いかもしれません。高齢の親を持つ人の全てといっていいでしょう、似たような戸惑いをかかえています。あなただけじゃないから、負けないでください。 今、親御さんが存在してくれている事実に感謝し、足が遠のくなどと、おっしゃらず一緒にいられるひとときを大切に。.

自分も親もトピ主さん家族より5才程上です。 同居してるので、急に老いを感じる事はありませんが、ただ、見た目の老いはいいのですが、行動や記憶力などを目の当たりにすると、心配になります。 ただ、私の場合は親の体どうこうもそうですが、やはり独身で一人っ子という事で、一人で面倒を見なければいけないプレッシャーもかかり、それこそすべて見ないふりをして、家を出たいと思ってるくらいです。 正直怖いのもあるし、自分の生活が変わるのも怖いです。 ただ、現実からは逃げられないので、介護の事とか、病院の事とか、病気の予防法とかを見て、親に取り入れてもらったりはしています。. 良かったですね、親御さんの年老いていく姿を見ることが出来て。 私の母は60になる前に死にました。正直、80、90まで生きて欲しかったです。世話好きだった母が、その年になってもまだ人の世話を焼こうとしているのを、「人の面倒見る前に自分のこと考えたら!?」と言ってやろうとずっと思っていたのに。 父はまだ健在ですが、父がどれだけ老醜をさらそうと、最後まで面倒を見るつもりです。父が弱っていく姿を見て、悲しくは思っても不安に思ったり、疎ましく思ったりはしません。自分の目の届く範囲で、緩やかにこの世を去っていってくれるなら。思いも寄らぬ病気で、思いもよらぬうちに親を失う辛さって、相当のものですよ。 トピ主様は、大切な人を亡くされたことがまだないのですね。 本当に羨ましいです。 まだまだご健在なご両親を、大切にして差し上げてください。.

童貞 卒業するため 私も母と買い物にいくとずいぶん歩くのがゆっくりになったな・・とか、昔は体力自慢だった母がすぐに疲れた様子をみせるたびに親の老いを感じているつもりでした。 でも私はまだまだわかっていなかった、とこのトピをみて改めて感じました。3歳の子供を働きながら育てていますが、すべて親の助けがあってこそ。それなのに、親はいつまでも元気で自分を助けてくれるなんて勝手に思いこんでいました。 このトピを読みながら自分の親が老いて、そしていつかは亡くなることをかんがえたらとても切なくなって涙がでてきました。 30半ばにもなっていまだに子供のままの私。 おかあさん、おとうさん、ごめんなさい。おかあさん、いつも行ってみたいといっているハワイ。今年はいこうね。.

私は父が42歳、母が44歳で生まれた末っ子なので、両親が60歳のころには高校生でした。 その頃の親が老いていたなんて全然感じませんでしたけどね~ 老化には個人差がありますが、60歳前で手が震えて言葉が出てこないなんて 想像もできません。何か病気があるかもしれないので精密検査を勧めてみては?. 年齢的にのっちさんとあまり変わらず 独身・同居の娘です(汗) 私も自分を「もう若くないな~」と思うと同時に 両親の年齢を重ねた姿を認識しています。 でも他の方も指摘しているように ご両親は老年とはいえまだ50代ですよね? 手が震えたりする事が当り前の年齢ではない気がしますが。 私の両親は60を少し過ぎていますが 元気ですし2人で良く旅行に出かけたりしてますよ。 勿論以前より加齢による臭いを感じたり 夜中に何度もトイレに行ったり多少昔との違いはあります。 のっちさんはご両親と別居で時々合われるとの事なので そういった違いを余計に意識してしまうのかも(?) お気持ち、分からなくはないですが トピの文面が悲観的過ぎて ご両親は一体どれだけヒドイ状況なのか。。? と疑問に思ってしまいます。 ご両親の健康に問題がないのであれば 老いによる当然の変化と受け止めてあげられませんか? 認知症でまるで別人のようになってしまったとか、 病床で苦しんでいる、なんて事に比べれば ご両親が元気で健在である十分幸せな状況だと思うのですが。.

私も老親(70代)とはたまにしか会わないです。 そんなある日、突然両親がとても「老人」になってしまったことを実感した時には愕然としました。 そうなることは頭ではわかっていたのですが。 気持ちが受け入れられないのですよね。 そんなことあるんじゃないかなと思います。 時間が経って、何回も逢っているうちにトピ主さんのお気持ちも落ち着かれるのではないかなと思ったり。 私の場合は老々介護をやってくれていた父が肺炎で初めて入院したときに腹を括りましたよ。 それまでは、同じような気持ちでした。 嫌悪感に近い違和感は、時間と慣れが解決してくれるように思います。 罪悪感とか感じることないと私は思います。 まだ、緊急なことがないなら、今まで通りに過ごされて。 もし、どうしても気になるようなら健康面を気遣ってあげればいいんじゃないかな~と思いました。.

手の震え、ゆっくりの動作や歩み、会話の不自由は、もう亡くなった私の母の発症のころとそっくりです。 姿勢は前かがみではありませんか? 歩幅は小さくはありませんか? 字がきたなくなってませんか? 実家に帰るたびに年年老いた親 ちなみに私は60歳です。 毎日ジムに行き、4キロのジョギング(トレッドミルで)と30分のウェートトレーニングをしています。.

飛行機で1時間の距離ですが半年前から通っています。 実家は、認知症の父を母が世話する所謂老老介護です。 自営の仕事がありつきっきりはできないので通うのは隔週ですが、私の顔を見ると母が安堵の表情をみせます。 手続きや操作など年寄りにはわずらわしいことが多くなりました。(介護認定、デイサービスなど) 銀行のATMの前で戸惑う高齢者を見かけると「便利が不便」を実感します。 定額給付金の申請も年寄りには手間です。 説明を読んでも理解できません。 だから代行するなどという詐欺もでるのでしょうね。 親御さんにできなくてトピ主さんにできることがあります。 目の前の親の支えになることをやってあげてください。 「自分もやがて・・」なんて先の話を憂いているときではないでしょう。 「明日行くからね。」と電話で伝えると、消え入りそうな声の母が一気に元気づくんです。 嫌悪感だなんて悲しいことを言わないでときどきでも顔をみせてあげてください。. 誰だって死ぬ瞬間へ向かって進んでいるのです。 老いも人生の一部です。 посмотреть еще にもかかわらず足が遠のいてしまうってもったいないと思いませんか? 一緒に居たい、同じ時間を共有したいって思わないのですか? 親御さんを労る気持ちや寄り添う気持ちは持てませんか? 親に老いも見て、確かに悲しくなる時はあります。 実実家に帰るたびに年老いた親 まだ土の下にいる訳じゃない。 顔を見せて上げて下さい。 もちろん何をするにも若い頃のようにはいきません。 どうかさりげなく手伝って下さい。.

こんにちは、トぴさんのお母さんより、まだ若い48歳の母です。 子供は男の子がふたりいます。母親として一番うれしいこと、それは子供が幸せなことです。結婚とか仕事で出世してほしいとかとかまったく関係ないんです。うちの子供が、暗い顔をしているのが親としては一番心配です。 だから、もし親のことをと考えるなら、トピさんが幸せを掴んでください。楽しいお話をいっぱいしてあげてくださいね。. 未だ60歳でしたら、そんなに高齢ではありませんね・・・ 手の震えや歩く時に足が出難いような場合、パーキンソン病などの病気が隠れているかもしれません。なるべく早く、脳神経外科や脳神経内科で診察を受けられた方が良いと思います。その時に他に服用してある薬も報告されれば、普通の生活が出来られると思います。 一度は診察を受けられる事をお勧めします。. 誰が何と言おうとあなたは正しいし、その気持ちは愛情を持って親を見ているからだと言えます。 私は58歳男性ですが、ピークから見れば自分がだんだんと下り坂を下りていることは指摘されるまでもなく自覚しています。プロ野球選手でも、40歳を過ぎて第一線で活躍できる人は稀ですし、会社の人事評価でも35歳前後で年齢給が上がることはなくなります。頭を戦わせる将棋や囲碁でも勝率の高いのは若い棋士たちです。誰でもこれは避けて通れない道なのです。 でもあなたの親だけが老け込んでいるのではないのです。私も30歳のころ親が頼りなく感じてすごく淋しい気持ちになったことがあります。それは若い世代が育ってきて、余裕を持って親世代を見ているからでしょう。これからは俺に任せてと心の中でで叫びながら、年寄り扱いせずお付き合いすればよいのではないでしょうか。 親たちも急にボケるわけではありません。世の中に十分貢献してきた世代にご苦労さんといたわりの目で接してあげればよいと考えます。あなたの意見を否定する人も多くおられますが、多くは事実を認めようとしたくない、これまた心のやさしい人だと思います。.

もうすぐ60歳で手が震える、足が遅くなる(出足に躓くような場合がある)、口籠る、などの様子が見られるとのことですが、早目に受診されることをお奨めします。健康な60歳前後なら、とても手の震えが始まるほど老いるとは思えません。 私の亡父は50代前半でパーキンソン病を発症しました。まず手の震えや痺れから始まり、足が持ち上がらなくなって歩行障害が出ました。老年性パーキンソン病は進行が遅く、かなり長い闘病生活を余儀なくされました。 当時は難病指定(今は指定解除されるという噂も耳にしています)の病で、回復は困難と診断されましたが現在では軽度なら回復も見込める病と聞き及んでいます。早い時期に脳外科を受診される事をお奨めします。 親の老いについては、これはもうどうしようもない事です。 歳を重ねれば皺も増えるし、眼も耳も悪くなる。抵抗すれば幾分その進みは遅らせられても留める事など出来ませんものね。 ならば出来る限りで快適に老いを迎えられるよう心くだいて差し上げてはいかがでしょう。認知症の発症比率は家族の会話の多寡も関係していると聞いたことがあります。逃げていても始まらないのでは?.

トピ主さんに共感します。 同じように戸惑いを感じている40代手前です。 両親は60代後半。 当方海外在住のため、1年に一度しか会えないので余計に不安を感じています。まだまだ年齢のわりには若く見える二人ですが、年々少しずつ老いたなと感じることもあり、また電話などでも物忘れが激しくなってきているので、ついつい年齢のことを考えてしまいます。 いつまでも、90代なんかまで元気に健康で長生きしてくれるかもしれない、だけどそうではないかもしれない。これだけは誰にもわかりません。 心配しても自分自身ではどうにもできないこと(人間の老い)を考えて悩んでも仕方がないので、今を生きるしかないなって思います。 少しでも両親の頼りになれるよう、二人が自分を必要としたときに、必ず傍にいてあげたいと思って、精神的に強くいたいと思います。 トピ主さんの投稿は、同じような悩みを抱えているのは私だけではないんだと私に少し勇気を与えてくれました。.

僕は、30代後半で独身、、、、親は60~70ってとこです。 自分も年取ったなーと、感じますし、、、 なにかのマスコミでも、こういう感じの記事を読んだことがあります。 その時も30代くらいの独身女性が、駅でたまたま待ち合わせをしたときの自分の母親の体が小さいことにとてもショックを受けたという内容でした。. 老化を遅くするのはトピさんが親御さんにもっと頻繁に お顔を見せに行くことだと思います。 トピさんの元気なお顔を見るだけで両親は元気になるはずです。 老化も少しは食い止められると思います。 実家に帰るたび年老いた親 それが親孝行だと思います。.

早く病院に連れていきなさい。 60にしてこの症状、老化にしては早すぎます。 手遅れになると回復も遅れます。 引っぱってでも連れていって検査をしてもらわねば。 あなたのやることは、こんなところで嘆き悲しむ前に行動することです。. たくさんのレス、ありがとうございます。 皆さんのご指摘どおり、母は糖尿病です。最近やっと病院に行くようになりました。 病院も、お金がないといって、今までずっと行かなかったのですが、去年、兄(母にとっては子供)が肥満による睡眠時無呼吸発作で亡くなったことをきっかけに病院通いするようになりました。 糖尿は万病の元といわれるように、足がしびれたり、目の血管に異常があったり、指先の傷が治らなかったりと、色々な症状がでています。 この先、おそらく脳梗塞などの病気にかかってしまうことも予測しています。 もし寝たきりになったらどうしようという怖さもあります。我が家は経済的に本当に苦しいので、金銭的な面でも治療費や入院費が払えるだろうか・・・という不安もあります。 でも、皆様のレスを見て、「今が大事」なんだなと思いました。この先、どんどん年老いていくことはまぬがれない。親のために今できることをしていこうと思いました。可愛いがられて育ってこなかったともあり、複雑な思いもありますが、親孝行していきたいと心から思います。ありがとうございました。.

最近出産をして里帰りをしている31歳の新米ママです。家と実家は近いのですが、仕事や遊びでほとんど実家には帰らずでした。 子供を産みこれから育てていかなくてはいけないという責任感を感じ、ふと自分が子どもの頃を思い出しました。孫の世話をしている両親をまじまじと見た時に、老けたなぁ…と思い、切なくなったのと同時に、先のことを考えたら不安でたまらなくなりました。私は末っ子なんで、両親は60歳と65歳。産後のうつが重なってしまい、子供を育てていく自信と両親の老いへの不安感が消え去りません。あまりにも不安になりすぎて動悸まで出てしまい、メンタルクリニックで処方を受ける始末。 でも、考えても仕方ないことはわかっていますが、毎日が憂鬱になってしまいますよね。 でものっちさんの親は60前なら、手の震えは確かに何かの病気のサインかもしれません。他に何か症状がないかみて、病院への受診をおすすめします。.

私は、40代後半です。 母が4年前に69歳で他界して、今は79歳(昭和5年生まれ)の父と主人と3人で暮らしています。 実の父ですが、たまらなく困ってしまうことがよくあります。 私自身が、11月5日から、手術の為、入院することに決まっているのですが、父親をどこかに頼まないと安心して治療ができません。 10日間ほど。叔父のところにお願いすることになったのですが、その準備が大変です。 寒くなる時なので、着替えなどいろいろ…自分の入院の準備もしなければならないのに 母をお手伝いのように扱っていた父です。 娘の私も同じように扱います。 気にしないように頑張ってはいるのですが、なかなか割り切れないところがあります。 これから先、私の人生どうなるのか?何とかプラス思考で考えたいものです。.

話題 男女 子供 働く ひと 健康 美 学ぶ 口コミ 男性発 編集部. ランキング 新着順 お気に入り ジャンル. ホーム ひと 親が年老いていくことになんともいえない気持ち. 親が年老いていくことになんともいえない気持ち お気に入り. のっち 2009年4月1日 10:57. これポチに投票しよう! ランキング. レス レス数 56 レスする. 古い順 新しい順 トピ主のみ 1. さちこ 2009年4月1日 12:41. 私59歳で、仕事もしてますし、まだ顔にもそんなにシワありませんよ!一つ上の夫もまだまだ現役です。周りにいる60-65歳も(目は悪くなってますが)すこぶる元気ですよ。「最近の60歳は元気だね!」と仲間内で言ってますが、私の周りだけかしら? 私の母は90歳ですが、肌など私より奇麗なぐらいで、夫を亡くした人仲間としょっちゅう温泉旅行を楽しんでます。(頭も勿論しっかりしてますよ)私も<歳をとったら>あんな風になりたいなあ~と思ってます。 のっちさんの御両親は何か病気か、病気の前兆ではありませんか? ユーザーID: 4642854267.

ぽん 2009年4月1日 12:42. 親御さんを見て、ご自分もやがて老いていくであろうことに重ねるのは判らないでもありません。 でも、あなたの投稿文からは親御さんを心配される気持ちが少しも見えてきません。 「嫌悪感」という言葉を自分の親に向かって使ってるいるだけでゾッとしました。 「嫌悪感とまでは行きませんが」とは書いてあってもです。 あまり愛情を持って育ててもらえなかったのでしょうか・・ 必ずしも良い親ばかりではありませんからね。 余計なお世話ですが、私はトピ主さんが大丈夫なのかと思いました。 ユーザーID: 6829183745. 追分 2009年4月1日 13:02. 私はトピ主さんより一回りぐらい年上です。 親を通して老いを見つめる感じです。 年をとるということの残酷さを目の当たりにするとついつい目を背けたくなる。 その気持ちはわかります。 けれどそこから何か学ぶことがないでしょうか。 震えを指摘されたこと、これはもしかしたら親にしてみたら酷なことかもしれません。 親というのはいつまでも庇護してくれる存在ではないのです。 親の老いを受け入れ、あなた庇う立場になって欲しいと思います。 ユーザーID: 6792422994.

のばら 2009年4月1日 13:08. 遥かかなた 2009年4月1日 13:23. 娘夫婦との同居 昨日 116 58. 悲しかった(転勤、ランチ会) 昨日 80 82. 息子 大学生 を軽蔑してます、ひどい母親ですか? 実家に帰たびに年老いた親 67 59. 辛夷 https://marushin.club/caxarubolutab3546.php 13:24. 同情します。辛いですね。トピ主さんの親を思われる気持ちがよく伝わってきます。私の母は八十代の半ばを過ぎ、一人で住んでいます。  母が震える手を隠そうとしたら、私は両の手で挟んでさすってやります。杖をついて歩きますが、一緒に歩くようにしています。できるだけ傍に居て、少しでも快適に暮らすように面倒をみたい気持ちです。先月<広辞苑>はもう重くて持ち上げれない、と言うので、それの入った電子辞書を買ってやったところ、非常に喜びました。 ユーザーID: 7006856393.

モンモンモン 2009年4月1日 13:27. 滅多に会わないほど、どんどん老化が目立つと思うので、逆にもっとちょくちょく会うようにしたらどうでしょうか?(久しぶりに会うほど人の変化に気づくので…太った、痩せたなど) 手が震えている人に対して「手、震えてるよ」っていうのは言われた人は自分でも気づいてるだろうし、ちょっとキツくないでしょうか。震えてるなら、脳溢血とか脳の血管は大丈夫かなと心配したほうがいいのでは?60歳ならまだ手が震えるようなお年ではないと思いますが…。 主さんは完全無欠な親でいて欲しいようですが、親も自分もいつどうなるかわかりません。(事故や病気はいつ起きるかわからないです)なので、受け入れて、いたわる気持ちもお持ちでしょうから、そちらを出すしかないと思います。きっと、主さんは親が老けるのが不安で心配なんでしょう。 実家にる帰たびに年老いた親 ユーザーID: детальнее на этой странице. sakura 2009年4月1日 вот ссылка. 悲しいこと言わないでくださいよ。 あなたの大事な親ですよ。 60近くもなれば、あきらかに年老いて見えることだって ありますもん。 私の親もそうです。 二人とも、背中が小さく見えるというか、 そんな時は子供として寂しくもなりますが、 愛おしくも思います。 皺や白髪、皮膚(肌)の感じ・・・などなど、 長い人生を歩んできたんだなーと尊敬すら感じます。 ちゃんとたまには会いに行ってあげましょう。 ユーザーID: 3557605680.

悠貴絵 2009年4月1日 14:08. もしかして、トピ主さんの親御さんはどこか体調を悪くされたりはしていませんか? 最近の60代と言えば、お元気で若々しい方が多いです。 トピ主さんが書かれている「ちゅうき」という言葉は私は聞いたことがないのですが、手が震えたり(振戦といいます)、歩行が小刻みになったりする病気があります。 親御さんの状態が今後も気なるようであれば、一度診察を勧めてみてはいかがでしょうか? もちろん、単なる老化現象かもしれませんし。 私は30代後半です。 親の老化は気になりますし、正直淋しいような、何とも言えない気持ちになる時もあります。 でも、いずれ我々も行く道です。 ユーザーID: 7809942669.

アメショ 2009年4月1日 14:31. うらん 実家に帰るたびにに年老いた親 14:43. 私は親が60歳くらいの時 「もう年だし、親が死んだらどうしよう」と毎日不安で仕方ありませんでした。 あれから20年、親はまだ元気です。 あの時不安に思っていた時間がとてももったいない!と今は思います。 今ももちろん不安はありますが、不安に思っていてもあと10年20年元気だったら やっぱり今の不安な時間がもったいないですよね。 親はどんどん老います。 「60歳の時の親はなんて若くて元気だったんだろう!」と思える時が必ずきます。 そして同時に自分も老いていきます。 親が自分と同じ年の時はこうだったんだ、あの時はこんな感じだったんだと いろんなことがわかってきます。 自分も親も「今生きてる」し「今が一番若くて、今できることは何でもできる」んですよね。 親に老いを感じさせるようなことは言わない方がいいですよ。 そんな言葉より「若いね!元気だね!」と声をかけてあげてください。 そしてたくさん話をしてあげてほしいです。 ユーザーID: 4761054676.

人それぞれ 2009年4月1日 15:52. きのこ族 2009年4月1日 16:11. 東戸塚 ファミリールーム 耳が遠くなり、体力が衰え、かつての両親の姿はありません。 こんなに小さかったかと思う事もしばしばです。 おまけに父は昨年大病を患い、どっと老けこんでしまいました。 でも親の老いを受け止める事が子である私の務めだと思っています。 やがて必ず訪れる別れの時に「もっと会いに行っていればよかった」と 後悔したくありません。会いに行く機会を増やそうと思います。 残された時間を意識し始めると、自分が辛いなどとは言っていられません。 子供の頃の夏休みの旅行以来途絶えていた家族旅行にも行きました。 途中、体力の衰えから来る我侭にイラッとした事もありますが、 とても喜んでくれて私も満足でした。また行くつもりです。 そもそも私たちだって、親の目から見れば 「昔はあんなに可愛かったのに・・・」かもしれませんよ。 私には子がおりませんのでその辺りの事は分かりませんが。 耳が遠くても、目が悪くても、入れ歯になっても親は親。 見た目がどう変わっても中身は一緒です。 ユーザーID: 7277722086.

なみだ 実家に帰たるびに年老いた親 16:12. 同じです~。せつないですよね・・・。 私は30代後半既婚、親は60代前半です。 元気ではいるんですけど、会うたびに白髪が増え、動作がゆっくりになり、食べこぼしが増え・・・、てきぱきしっかりしていた親が今は・・・と思うと、せつなくなります。 たまにお風呂で思い出して泣きたくなります。 老いは自然なことなのに。 私も気持ちの持ち方を教えていただきたいです・・・。 ユーザーID: 1233805313. moko 2009年4月1日 16:16. てこな 2009年4月1日 16:31. 親はいつまでも元気ではいてくれません。自分も同じように年取ってきているけど、トピ主さんは30歳でまだ気がつかれないんでしょう。私は<親を見るのが嫌>という気持ちは、母が認知症になってからです。トピ主さんが<手、震えてるよ>と言ってしまうように、私も母に<もうさっき聞いた>と言ってしまいます。心の中は<どうしてこんなになってしまったの?>という怒りと悲しみでつい言ってしまうのです。 しかし最近自分の体の老化がめだつようになって、親の老化をめざとく見つけて言うのは相手の心を傷つけていただろうと深く反省しています。 手を隠して「そう?」と答えたトピさんの親御さんがちょっとお気の毒に思えました。 指摘するより心配して,今度病院へ行って検査するよう勧めてみたらどうですか? 親は自分より25年あるいは30年先を歩いているんだと思ってみています。トピ主さんだって30年先、人前で知らないうちに手が勝手に震えてしまうかもしれません。私も話の途中で<さっき聞きました!>といわれてしまうかもしれません。 そう思うと自然いたわってあげようと言う気持ちがわいてきました。 ユーザーID: 8764440507.

よし 2009年4月1日 16:36. うちの親は60歳で私の結婚式に出たし、5年後 育児のときも多少世話になりました。 そして今は82歳、トピ主さんの気持ちです。 母の大腿骨骨折、ちょっとした父の認知症が始まり・・・そこでやっと、そんな気持ちです。 60歳のとき、父は、畑仕事をして、母も元気でした、旅もしていましたよ~ まだ20年先くらいでその悩みになるのが普通かな。 悩むのが早すぎです、それに老いって認めてあげてください、まだまだ若いって言ってあげてください。 実家に帰るたにび年老いた親 だから、老いたとき、ショックは、姉のほうが辛いかもと思いました。 年をとって当たり前、年をとってより人間は成長するって、手が震えても、あ~こんなもんだと大きく構えてください。 ユーザーID: 2447333950. moon 2009年4月1日 16:44. 私も30代です。両親は70を過ぎました。 幸い 二人とも元気ですが、先月母が入院しました。 整形外科での手術ですから命どうこうではなかったのですが、 私は海外在住のため、なかなかそばにいてあげることができません。 本当に申し訳なく思います。 先日少しだけ帰国したのですが、その時父はずいぶんやせてしまい、 小さい方ではないのに小さくなった感じがし、 母は背中が丸くなっていたことにショックというか 両親が確実に老いていることを痛感しました。 これからは私や兄弟が両親を守っていく番なんだなと感じました。 いつまでも娘として甘えたいのですが・・・ 涙) 私はのっちさんと逆で見るのがつらいということはなく、ただ切ないです。 後で後悔のないように 日本にもっと帰りたいのですが 仕事を持ってるので思うようにいきません。 のっちさん、自分を守り、叱り、育ててくれた大きな存在の御両親が 年を取っていかれる姿を見るのはおつらいでしょうが、 こればかりは生き物全てに訪れることですから受け入れるしかありません。 そばで見守っていくしかないかな・・ ユーザーID: 9532004975.

читать далее 2009年4月1日 18:17. 老化は自然なことですからね。毎年、半年に一度、かかりつけの内科医で、定期的に健康診断をしてもらうようにしています。 自分も老化しているんですけどね(笑)。お前のほうが心配だ、とよく言われますよ。 ユーザーID: 5063554299. ルンバ 2009年4月2日 3:32. 若い頃に留学していたので、あまり両親と一緒にいなかったせいもありますが、70代に突入した両親と今はいつも一緒に過ごしています。若く見えるとはいえ、やはり年々、年を取って行く両親をみていて寂しくはなりますが、だからこそもっともっと一緒の時間を共有したいと考えています。主人や私が私の両親を大事にしている姿を見て育ったうちの子供達は、やはりおじいちゃんおばあちゃんをとても大事にしています。時間は限られています。せっかく親子とし生まれたのですから、是非、この時間を大事にしましょう。 ユーザーID: 実家に帰るたびに老いた親.

jyumoku 2009年4月2日 13:10. 私もアラカン 2009年4月2日 14:31. 老いた親が嫌なのではなく、だんだん老いて「いく」のを見るのが辛いんですよね。 また老いの始まる年齢は様々です。 90でもかくしゃく、40でも寝たきり、はありますから。 私も先日娘に会ったときに言われました。 「お母さん、背中が曲がってきたよね」 自分ではまっすぐのつもりでいたけれど。 でも、娘はその後「もう無理はしちゃ駄目ということだね」と、 労わってくれました。 切花を買ってきてしばらくは楽しめますが、やがて枯れます。 それを捨てるときがとても嫌です。 ああ自分もやがてこうなるのね、と思うから。 いつまでも親は元気でいてくれるもの、いてほしい、と誰でも思いますよね。 老いは本人が一番悲しいのです。 「ちゅうき 中気 」というのは中風とも書き、昔はお年寄りの病気としてよくありました。 脳疾患のため、手足が麻痺したりします。 私の祖父母の時代の言葉です。 また人前で緊張すると手や顔が揺れる人もいます。 一度診察を受けるようにしてみてはいかがでしょうか。 できれば、あなたが付き添って。 心細い親を見守りのはこどもの努めです。 ユーザーID: 2651125402.

mino 2009年4月2日 21:41. 老いるということが、不快な現象でしょうか? 人間の死亡率は100%です。 太陽だってあと50億年ほどすれば無くなります。 手が振るえたり、歩くのが遅くなったり、言葉がどもってすぐに出てこなかったり・・・ 安らかに黄泉の国に旅立つための準備をしているのです。 老化というあるがままの現実をそのまま受け入れましょう。 ユーザーID: 9221208502. りえ 2009年4月3日 0:28. うちの両親も六十越えてますけど、年に何度も海外へ行くし、二人共仕事も現役です。 忙し過ぎて見てて心配になる位です。 孫の面倒みて欲しい! ただし、年に一度は必ず人間ドックで検査を受けて、全身チェックしています。 適度な運動に食生活はかなり気にかけているみたいですよ。 トピ主さんのご両親は検査は受けていますか? 心配なら一度病院へ行って調べた方がいいですよ。 後は生活に変化があると気持ちも変わるかもしれません ユーザーID: 8989707781.

切ないですね 2009年4月3日 11:11. 若作り女 2009年4月3日 17:02. 実家に帰るびに年老いた親  でも生きとし生ける者はすべて老化・滅していきます。新しい命が次々生まれ、循環していく、赤ちゃんを保護者が守り育てる。この世の摂理ですね。未来永劫、この繰り返し。 どうか切なさ・不安に負けず、はらを決めて今後を冷静に計画していってください。覚悟は早いほうが後が楽です。親御さんと過ごせる時間は思ったより短いかもしれません。高齢の親を持つ人の全てといっていいでしょう、似たような戸惑いをかかえています。あなただけじゃないから、負けないでください。 今、親御さんが存在してくれている事実に感謝し、足が遠のくなどと、おっしゃらず一緒にいられるひとときを大切に。 ユーザーID: 0079553333.

実家にる帰たびに年老いた親 2009年4月3日 20:28. 自分も親もトピ主さん家族より5才程上です。 同居してるので、急に老いを感じる事はありませんが、ただ、見た目の老いはいいのですが、行動や記憶力などを目の当たりにすると、心配になります。 ただ、私の場合は親の体どうこうもそうですが、やはり独身で一人っ子という事で、一人で面倒を見なければいけないプレッシャーもかかり、それこそすべて見ないふりをして、家を出たいと思ってるくらいです。 正直怖いのもあるし、自分の生活が変わるのも怖いです。 ただ、現実からは逃げられないので、介護の事とか、病院の事とか、病気の予防法とかを見て、親に取り入れてもらったりはしています。 ユーザーID: 1217460236. なっちゃん 2009年4月4日 13:59. まいこー 2009年4月4日 21:52. 良かったですね、親御さんの年老いていく姿を見ることが出来て。 私の母は60になる前に死にました。正直、80、90まで生きて欲しかったです。世話好きだった母が、その年になってもまだ人の世話を焼こうとしているのを、「人の面倒見る前に自分のこと考えたら!?」と言ってやろうとずっと思っていたのに。 父はまだ健在ですが、父がどれだけ老醜をさらそうと、最後まで面倒を見るつもりです。父が弱っていく姿を見て、悲しくは思っても不安に思ったり、疎ましく思ったりはしません。自分の目の届く範囲で、緩やかにこの世を去っていってくれるなら。思いも寄らぬ病気で、思いもよらぬうちに親を失う辛さって、相当のものですよ。 トピ主様は、大切な人を亡くされたことがまだないのですね。 本当に羨ましいです。 まだまだご健在なご両親を、大切にして差し上げてください。 ユーザーID: 3450113591.

田舎の親の老後の住む場所は?実家を早めに売却して引っ越しがお勧め

この記事を読まれている方の中には、現在実家に帰省している、もしくは、これから帰るという方がいることでしょう。里帰りが楽しいもので 転勤のある夫と結婚し、現在首都圏に住んでいます。両実家は同県で、飛行機で帰る距離です。毎年、盆と年末は家族で1週間(それぞれ3~4日  · 老親が住む実家に帰るたびに、長年にわたって親がため込んだ家財が気になるという人は少なくないようです。タンスのこやしになった大量の  · 年末年始に実家に帰省して、親の老いを感じた人も多かったのではないだろうか。両親の介護や実家の管理、財産の処分、姑問題など、そろそろ 実家に帰るたびにモノが増えていて、廊下まで溢れている !転んでケガをしそうで危険なのに、親に片付けを勧めても、「捨てるのがイヤ」「面倒臭い」、あげくは「うるさい!」と機嫌を損ねてケンカになってしまったり。そこで元介護士の片付けヘルパー、永井さんがアドバイスするのは

実家に帰るたびに年老いた親

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5