我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

傷病手当金の支給される期間|間違えて理解していると大損?


そして、支給期間ですが、これは 最長1年6ヶ月 と決められおり、 この期間中に先ほどの条件を満たしている期間に支給されます 。. ここで重要なのは、 1回目の病気や怪我と2回目の病気や怪我が全くの別物 であるという点です。例えば、1回目は右足を骨折し、2回目は胃潰瘍になったなど両者に何の関連性もないということです。この場合、再申請しても問題なく受給できます。. ただし、これについては 関連性があるかについての医師の判断や、1回目と2回目の期間がどれくらい開いているかなどで健康保険組合ごとに違いがあります ので自己判断せず会社の健康保険組合に確認してみて下さい。. まず1つ目は 金額 です。受給できる金額は、過去1年間の平均賃金から算出します。そのため転職し再就職してから1年経過していない場合には、その計算が出来ません。. ほけんROOM 医療保険 公的医療保険制度 病気の再発で2回目の傷病手当金は申請可能?うつ病の場合や同一傷病の意味も解説 医療保険の基礎知識 就業不能保険 医療保険の必要性 医療保険の選び方 女性保険 公的医療保険制度.

医療保険 writer 314 7631 病気の再発で2回目の傷病手当金は申請可能?うつ病の場合や同一傷病の意味も解説. この記事の目次 クリックすると見出しに飛べます. 傷病手当金とは、病気または怪我により休業している本人と家族の生活を補償するための制度であり、収入を支える世帯主に万が一のことがあっても、この制度により生活が守られます。 しかし、一度傷病手当金を受け取ってしまったら、もし「病気が再発した場合」は再度支給してもらえるのか?という悩みを持っている方は少なくないでしょう。 実は、同じ病気が再発した場合、条件によっては傷病手当金を受け取れる場合とそうでない場合があるのです。 そこで今回は、 傷病手当金は2回目の受給は可能? 同じ病気で、2回目の傷病手当金を受け取れる条件とは? 退職後の再発、転職後の再発ではどうなる? 以上の点を取り上げます。.

もうご存じの方もいると思いますが、「傷病手当」の基本的な条件についておさらいしていきます。 冒頭でも説明済みの通り傷病手当は、健康保険に加入している被保険者が病気や怪我で働けない期間に、生活保障として受け取ることの出来るお金です。 <傷病手当金の受給条件> 業務以外での病気や怪我のための休業 上記の理由で仕事することが難しい場合 連続して3日以上、なおかつ4日以上仕事を休んでいること 休んでいる間には給与の支払いがなかったこと(ただし、給与の金額が手当金より低い場合は差額分を支給) そして、支給期間ですが、これは 最長1年6ヶ月 と決められおり、 この期間中に先ほどの条件を満たしている期間に支給されます 。 そのため、この期間内に勤務して給与の支給がある場合、その期間中は手当金の受給は出来ません。 傷病手当の金額については、過去1年間の給与の平均金額から1日あたりの賃金を計算し、その金額の3分の2の金額が日額で支給される形となります。傷病手当についてもっと詳しくしりたいという方は以下サイトも参考にしてみて下さいね。 参考:傷病手当金について 全国健康保険協会.

同一傷病 同じ病気 で傷病手当金を再び受給できる条件. 身体的、または精神的な病気にかかることにより、仕事を休まなければならなくなる可能性は、誰にでも生じえます。 ある程度の治療期間後、完治して再発せずに今まで通り仕事に復帰する方もいれば、復職してから一定期間後に再発して、再休職を余儀なくされる場合もあります。特にうつ病など精神的なものは再発するケースが多く、よく相談される方が多いです。 その場合、傷病手当金は2回に渡って受給すること自体は可能ですが、2回目の傷病手当金を受け取るには、いくつかの条件を満たす必要があります。 それは、どのような条件なのでしょうか。.

参考: 厚生労働省「こころの耳」. ここまでの記事を見て、多くの方がこう考えておられることでしょう。 「そもそも『再発』という言葉の定義が広すぎるため、具体的にどのような場合に2回目が支給されるかどうかが分からない」という点です。 では、実際にどのような場合に「再発」でも2回目の傷病手当金が支給されたのか、実際の例を見ていきましょう。. まず取り上げるのは、在職中に発症して傷病手当金の支給対象となった病気が、退職後に再発した場合です。 ある方は在職中の病気により休業を余儀なくされ、一旦は復職しましたが、結局はその後病気が再発し、治療に専念するため退職(失業)することになりました。 この場合、退職のタイミングで傷病手当金の支給は終わるのでしょうか。 いいえ、 あくまで傷病手当金における「支給開始から1年6カ月」以内は支給対象 となるため、その期間内であれば、2回目の受給は可能です。 ただし、 失業後に別の仕事に就職する場合は例外 です。 その場合はそもそも「就業が可能」な状態とみなされるため、傷病手当金そのものの支給対象とはなりません。. では、さらに事例をややこしくしてみましょう。 前職で「株式会社X」で働いていた方は、病気のために1年間休業し、そのまま「株式会社X」を退職となりました。 その後転職に成功し、「株式会社Y」という会社で心機一転、働くことになりましたが、新しい会社で以前の病気が再発し、またもや休業を余儀なくされてしまいました。 この場合、傷病手当金はどうなるのでしょうか。 実はこの場合も難しく考える必要はなく、 「支給開始から1年6カ月以内」であれば 転職したかどうかに関わらず、休業が余儀なくなったことによる傷病手当金の再支給開始が可能です。 当然ながら、転職によって保険組合が変わったとしても 前職における支給履歴が照会 されることになるため、転職で支給期間がリセットされることはありません。.

先ほどの「条件2:1回目の病気が社会的治癒されたと判断されていた場合」の項目部分で少し触れましたが、再発ではなく別の病気を新たに発症した場合にのも傷病手当金の受給の対象となり再受給可能です。 ここでは、再発ではなく新たに 別の病気になった場合の傷病手当金の「受給条件」 について、期間や受給できない場合についても含めて詳しく説明していきます。.

重複してしまいますが、再発ではなく新たに病気や怪我をした場合、条件を満たしていれば問題なく傷病手当金をを再受給することが可能です。 その場合、 1回目の支給から1年6ヶ月という数字はリセットされ関係なくなります 。あくまで別物という考えで、そこからまた1年6ヶ月という期間がスタートすることになります。 ここで重要なのは、 1回目の病気や怪我と2回目の病気や怪我が全くの別物 であるという点です。例えば、1回目は右足を骨折し、2回目は胃潰瘍になったなど両者に何の関連性もないということです。この場合、再申請しても問題なく受給できます。 ただし一見、全く別の病気や怪我でも関連がある場合には、再申請しても傷病手当の受給が認められない場合もあります。 このことについて次の貢で詳しく説明していきます。. 別の病気でも傷病手当金が受給できないケースとして代表的なのが「癌の転移」です。 例えば、1回目に傷病手当金の受給をした時の原因が大腸がんであり、そこからの転移が原因で胃がんを発症した場合には、この2つの病気に関連性があり「同一傷病」と判断され2回目の傷病手当金は受給出来ない場合があります。 ただし、これについては 関連性があるかについての医師の判断や、1回目と2回目の期間がどれくらい開いているかなどで健康保険組合ごとに違いがあります ので自己判断せず会社の健康保険組合に確認してみて下さい。.

転職後に傷病手当金の申請をする場合に2つほど注意が必要です。 まず1つ目は 金額 です。受給できる金額は、過去1年間の平均賃金から算出します。そのため転職し再就職してから1年経過していない場合には、その計算が出来ません。 その場合には、転職後の月の平均賃金を計算し、協会けんぽであれば28万円と比較しいずれか低い方の金額が採用されます。 例えば、月平均が30万円だった場合には28万円が採用されそこから日額を算出しその3分の2が支給されます。逆に月平均金額はが25万円だった場合にはそちらが採用されといったようにマックスの金額が決められているということです。 この金額は健康保険組合ごとに決まりがありますので各自確認する必要があります。 2つ目は、 前職場において傷病手当金を受給していた場合 です。再就職し、加入している健康保険組合が変わっても、「1年6ヶ月」という期間は通算されます。 そのため、同じ病気や怪我で傷病手当金を受給する場合には条件によって受給できない場合があります。ただし、説明済みのとおり、関連性のない新たな病気や怪我であれば受給対象となります。 このように、転職してあまり月日が経っていない場合には受給できない場合や、金額の計算が通常と少しことなりますので注意して下さい。.

今回は、傷病手当金は病気の「再発」による2回目の支給か可能なのか、について取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回の記事におけるポイントは、 傷病手当金は2回目の受給が可能 同一疾病の場合は支給開始から「1年6カ月」以内の請求が再支給の対象 退職、転職後の再発でも同一疾病における支給期間「1年6カ月」は変わらない 以上の点です。.

業種で飲食求人を探す

傷病手当金の支給期間は最長で1年6ヵ月. 傷病手当金が支給される期間は、支給が開始された日から起算して最長で1年6ヵ月となっています。 1月1日から傷病手当金の支給を受けた場合は、翌年の6月30日まで支給されます。. (待期期間がある場合は、1月4日から翌年7月3日まで). ※会社を退職し、任意継続保険に加入している状態で新たに病気やケガをしても、その病気やケガでの傷病手当金は支給されません。. また、支給期間のルールも変わります。. 詳しくは継続給付の支給期間へ↓. ルールが変わる 1 傷病手当金の支給期間は原則1年6か月. 傷病手当金の支給期間は、原則として1年6か月です。 ただし、あなたの会社が加入している健康保険によっては、1年6か月より長い期間、傷病手当金が受給できる制度を設けているケースもあります。  · 傷病手当金とは、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた、被保険者のための手当金制度です。この制度で問題となるのが、1つの傷病を理由に手当金をもらっている場合に、違う傷病が発生した場合です。2つの傷病はそれぞれが手当金を受給できる理由となるのか?

【退職後の傷病手当金】支給条件と気を付けなければならない3つのポイントを解説します



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5