我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

大乗院 (門跡寺院)


一乗院 (いちじょういん)は、奈良県奈良市の法相宗 興福寺 の別当を務めた 門跡寺院 。廃絶。本尊は 阿弥陀如来 と 大日如来 (「興福寺諸堂縁起」)。中世には 大覚寺門跡 を兼務していたこともある。「 橘御殿 」「 長講堂 」とも呼ばれた。宮門跡。 興福寺関連旧跡 。(参考 同名寺院 一乗院 、 長講堂 同名 ). 天禄年間(970-973)に定昭が創建。関白藤原師実の子の覚信が入寺して、門跡となる(兄弟の尋範は大乗院門跡に入寺した)。室町幕府最後の将軍の 足利義昭 が就任前に門跡を務めていた。 大乗院門跡 と交互に興福寺別当を務めた。 久邇宮 朝彦親王は40代一乗院門跡尊応法親王だった。 最後の門跡である応昭は、還俗し、 華族 に列せられ 水谷川忠起 となり、 春日大社 宮司となった。跡地は奈良地方裁判所となっている。 興福寺いちちじょういん門跡 唐招提寺 に移築されて現存。.

東大寺 にある 一乗院宮東大寺墓地 と 喜光寺 にある 一乗院宮喜光寺墓地 がある。 近衛家 興福福寺いちじょういん門跡 鷹司家 が管領。. 南北朝時代、覚実が 金峰山寺 検校であったため、 後醍醐天皇 を 吉野 に招いた。武家側に付いた大乗院と対立した。 室町時代、大和国守護職の権限を大乗院門跡と東西で当分。吉野郡、宇智郡を含む東部を支配した。 坊人から筒井家が台頭。. 大覚寺 、 金峰山寺 、 当麻寺 などを末寺とした。. ようこそ『神殿大観』へ。ただいま 試験運用中 です。. 出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年2月13日 土.

カテゴリ : 奈良県. 表示 ページ 議論 ソースを表示 履歴. 案内 神殿大観 メイン 神殿大観 総目次 читать полностью. ツールボックス リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ 印刷用バージョン この版への固定リンク. Copyright C 2011- ANDO Mareaki.

All Rights Reserved. jp �E�B�W�F�b�g. 左大臣藤原師尹の子。 大覚寺 住職3世を兼ね、18代良信まで 大覚寺 を兼帯する。906年 延喜6年 生。興福寺仁〓に師事。 東寺 長者。 興福寺 別当。法務。 金峰山寺 検校。962年 応和2年 維摩会講師。964年 康保1年 寛空から灌頂を受け、大覚寺門跡。966年 康保3年 12月、権律師。967年 康保4年 1月、東寺長者。968年 安和1年 律師。970年 天禄1年 10月3日(12月とも)、興福寺別当。973年 天延1年 権少僧都。977年 貞元2年 少僧都。979年 天元2年 金剛峯寺 座主。同年大僧都。981年 天元4年 8月(14日?)、諸職を退任。983年 永観1年 3月23日(21日とも)死去。78歳。大僧都。嵯峨僧都、一乗院僧都とも呼ばれる。定照とも。. 興福い寺ちじょういん門跡 法隆寺 上宮王院 院主。. 興福寺別当24世。 元興寺 、 長谷寺 を兼務。大覚寺門跡5世。 平氏 。平生昌の三男(僧綱補任)。986年 寛和2年 または987年 興福寺いちじょういん跡 生。一乗院定好、清水寺清範に学ぶ。一乗院を継ぎ、1026年 万寿3年 維摩会講師。少僧都。1044年 寛徳1年 6月25日興福寺別当就任。1054年 天喜2年 興寺いちじょういん門跡.

興福寺別当27世。 龍華樹院 を創建。大覚寺門跡6世。1010年 寛弘7年 здесь 寛徳2年 維摩会講師。1062年 康平5年 8月14日興福寺権別当・寺務執行に就任。少僧都。1066年 治暦2年 здесь 延久2年 8月22日、春日行幸の褒賞で法印・法務。1074年 承保1年 権僧正。1076年 承保3年 6月27日死去。67歳。.

藤原実康の子。一乗院門跡5世。興福寺別当29世。大覚寺門跡7世。公範の寺務別当の停止のため1081年 永保1年 4月14日、権別当・寺務執行となる。同年中に公範は寺務に復帰。1084年 応徳1年 8月、再び寺務執行。1086年 応徳3年 3月4日、権別当を退任するが、10月21日、また権別当となり寺務執行となる。1089年 ссылка на продолжение 3月6日、興福寺別当29世就任。この時、法印大僧都。1095年 嘉保2年 2月22日、寺務執行。1100年 康和2年 7月25日死去。通称は北戒壇法印。(真言宗 仁和寺浄光院 の頼尊(1025-1091)とは別人か)(「仏家次第」)(一乗院殿御院主次第になし).

関白藤原師実の子で貴族入寺の初例。興福寺別当30世。大覚寺門跡8世。1065年 治暦1年 生。1074年 承保1年 出家。頼信に師事。1100年 康和2年 8月20日興福寺別当就任。この時、法印大僧都。1115年 永久3年 4月25日(1114年 永久2年 ?)、南都僧としては 行基 以来となる 大僧正 に任じられた。1121年 保安2年 5月8日死去。57歳。法務。康和大僧正。. 興福寺別当32世・34世。一乗院門跡7世。大覚寺門跡9世。関白藤原師実の子で、覚信の弟。覚信に法相宗を学ぶ。1109年 天仁2年 11歳で出家。1125年 天治2年 4月26日(16日とも)興福寺別当就任。この時、法印。1129年 大治4年 11月25日、勅勘。退任。1132年 長承1年 7月8日興福寺別当再任。この時法印大僧都。1137年 保延3年 春、僧正となる。1138年 保延4年 9月21日死去。弟子に恵信、尋範。(『日本仏家人名辞書』).

興福寺別当39世。藤原忠通の子。 浄瑠璃寺 を一乗院祈願所とし、現在の庭園整備を行った。1124年 天治1年 生。1126年 大治1年 出家。玄覚に師事。1138年 保延4年 12月11日、権別当。この時法眼。1157年 保元2年 10月6日興福寺別当就任。この時、法印。延暦寺との抗争の指揮に失敗して、1163年 長寛1年 7月25日、衆徒から追放される。1167年 仁安2年 、興福寺別当の大乗院尋範を襲い、伊豆配流。大覚寺門跡11世。1171年 承安1年 9月25日死去。法務。恵信とも。伊豆僧正。.

藤原忠通の四男。覚継の弟。一乗院門跡10世と 大乗院門跡 4世を兼務する。1153年 仁平3年 生。1161年 応保1年 出家。覚継、尋範に師事。1166年 仁安1年 2月3日、一乗院。1177年 治承1年 8月16日、一乗院に再任。1178年 治承2年 法印。1181年 養和1年 1月29日、興福寺別当44世。この時法印大僧都。1185年 文治1年 8月28日東大寺大仏開眼供養で呪願師を務める。1190年 建久1年 5月24日大僧正。1191年 建久2年 7月13日法務。1224年 元仁1年 11月19日死去。金峰山検校。 正暦寺 を再興。菩提山本願僧正。大覚寺門跡12世。法務。大僧正。. 九条家 出身。 九条兼実 の子。興福寺別当48世・52世。大覚寺門跡13世。1178年 治承2年 生。1189年 文治5年 出家。信円に師事。1192年 建久3年 維摩会竪義。1196年 建久7年 https://marushin.club/waqyvyz1487.php 承元1年 1月22日、興福寺別当。この時権僧正。1208年 興福福寺いちじょういん門跡 2月6日辞任。1218年 建保6年 12月26日、別当再任。1219年 承久1年 僧正。1220年 承久2年 1月14日死去。43歳。.

興福寺別当56世・58世・61世・63世・66世。大覚寺門跡14世。一乗院と大乗院を兼務。1199年 正治1年 生。 近衛家 出身。近衛基通の子。良円、信円、実尊に師事。1217年 建保5年 11月28日、大乗院。1252年 建長4年 (1251年 建長3年 とも)6月23日、大乗院。1230年 寛喜2年 3月、別当。この時権僧正。1232年 貞永1年 別当辞任。1233年 天福1年 3月27日別当。1235年 嘉禎1年 2月21日辞任。1245年 寛元3年 12月2日別当。1248年 宝治2年 12月別当。翌年退任。1250年 建長2年 11月1日別当。1256年 康元1年 10月17日死去。58歳。法務。大僧正。. 近衛兼経の子。興福寺別当73世・76世。大覚寺門跡16世。1253年 建長5年 生。実信の弟子。1273年 文永10年 5月5日(4月16日とも)興福寺別当。1279年 弘安2年 興福寺別当。1281年 弘安4年 大僧正。1286年 弘安9年 6月14日死去。34歳。法務。.

近衛基平の子。1264年 文永1年 生。1273年 興福寺いちじょういん跡 10歳で出家。信昭に師事。1303年 嘉元1年 11月1日、興福寺別当93世。同月10日一乗院。大覚寺門跡19世。1308年 延慶1年 5月15日死去(16日とも)。法務。大僧正。後清浄院と号す。. 興福寺別当97世・100世・105世・114世。大覚寺門跡20世。 鷹司家 出身。鷹司基忠の子。1278年 弘安1年 生。覚昭に師事。1307年 徳治2年 興福寺別当。同年一乗院。1310年 延慶3年 3月14日興福寺別当。1316年 正和5年 11月28日興福寺別当。1323年 元亨3年 8月15日興福寺別当。1329年 元徳1年 2月9日死去。52歳。法務。大僧正。. 興福寺別当106世・108世・110世・117世・119世。法務。大僧正。近衛家基の子。良信の弟子。1317年 文保1年 11月29日興福寺別当。1318年 文保2年 11月29日興福寺別当。同年12月10日、一乗院。1321年 元亨1年 2月、興福寺別当。1328年 嘉暦3年 3月3日興福寺別当。1330年 元徳2年 1月29日興福寺別当。1332年 正慶1年 8月14日死去(「基礎講座」)。.

興福寺別当166世。僧正。鷹司冬家の子。1417年 адрес страницы 出家。1415年 応永22年 一乗院入室。1428年 正長1年 3月22日、興福寺別当。1434年 永享6年 3月20日隠居。1437年 永享9年 9月3日死去。30歳。. 興福寺いちじょうい門跡 永享9年 6月入室。1439年 永享11年 出家。1454年 享徳3年 3月20日、興福寺別当。1469年 興福寺いちじょういん門跡跡 6月27日法務。1502年 文亀2年 8月27日退任。1504年 永正1年 6月15日死去(1472年 文明4年 11月16日死去(「基礎講座」)とも)。.

鷹司房平の子。近衛房嗣の猶子。教玄の弟。1471年 文明3年 3月29日一乗院に入る。1479年 文明11年 法華会竪義。1480年 文明12年 三蔵会竪問。1481年 文明13年 慈恩会竪義。法嗣だったが1483年 文明15年 8月10日に廃される。鷹司家に帰る。. 興福寺別当194世。関白太政大臣近衛政家の子。1475年 文明7年 生。1483年 文明15年 、信玄に変わって一乗院法嗣となる。1489年 延徳1年 得度。1502年 文亀2年 一乗院。1512年 永正9年 2月21日(3月5日とも)、興福寺別当。法印大僧都。1516年 永正13年 大僧正。1546年 天文15年 2月26日死去(「基礎講座」)。72歳。法務。大僧正。.

近衛尚通の子。足利義稙の猶子。1537年 天文6年 10月27日、興福寺別当202世。1549年 天文18年 11月13日別当退任。1554年 天文23年 2月29日西大寺別当。1562年 永禄5年 4月15日死去。大僧正。僧長院と号す。. 足利義昭 。12代将軍足利義晴の子。近衛稙家の猶子。還俗して最後の将軍となる。1537年 天文6年 生。母は近衛尚通の娘。1542年 天文11年 11月20日、一乗院に入る。覚誉に師事。1562年 永禄5年 一乗院門跡となり権少僧都。1565年 永禄8年 5月19日、松永久秀が将軍足利義輝を暗殺すると一乗院内で幽閉されたが7月28日に脱出して近江に逃れた。幕府の復興を宣言し、1566年 永禄9年 2月還俗。1568年 永禄11年 9月、 織田信長 と共に入京し将軍となる。織田信長と対立し挙兵するが1573年 天正1年 7月18日に降伏した。河内、紀伊、備後などを経て1588年 天正16年 1月にはすでに帰京していた。再び出家して霊陽院昌山道休と名乗る。山城槙島に住み1万石を領する。准三宮。1597年 慶長2年 8月28日、大坂で死去。61歳。 相国寺霊陽院 、 常国寺 などに墓。.

近衛前久の子。一乗院門跡34世。1576年 天正4年 6月28日一乗院に入る。1588年 天正16年 大僧都。1589年 天正17年 ссылка на страницу 文禄4年 大乗院義尋と和睦。1598年 慶長3年 准三宮。1609年 慶長14年 駿府に赴く。1614年 慶長19年 江戸に行き徳川秀忠に謁見し春日社造営を謝す。1616年 元和2年 5月3日死去(「基礎講座」)(「仏家次第」では1617年 元和3年 とする)。尊政とも。.

後陽成天皇 の第十皇子。1608年 慶長13年 生。幼称は十宮。1612年 慶長17年 一乗院に入る。1614年 慶長19年 親王。1618年 元和4年 12月16日得度。1622年 元和8年 10月26日別当就任(「仏家次第」)。1623年 元和9年 二品。1635年 寛永12年 江戸城で徳川家光に謁見。1647年 正保4年 2月20日 清水寺 別当。1653年 承応2年 1月18日(20日とも)興福寺別当再任。1659年 万治2年 11月10日別当退任。12月8日清水寺別当退任。1661年 寛文1年 7月26日死去。54歳。俗名は庶愛親王。明了院と号す。 一乗院宮東大寺墓地 。興福寺別当215世・217世。.

後水尾天皇 の第十六皇子。母は新広義門院。1649年 慶安2年 生。尊覚法親王に師事。1658年 万治1年 親王。1659年 万治2年 得度。12月8日、清水寺別当。1665年 寛文5年 3月19日(23日とも)に興福寺別当。3月25日、清水寺別当。26日二品。1674年 延宝2年 11月21日、興福寺別当退任。1684年 興福寺いちょじういん門跡 興福寺別当。1695年 元禄8年 大乗院信覚と興福寺寺務職をめぐって訴訟となる。1699年 元禄12年 5月18日、幕府、興福寺寺務職について信覚と裁定。1701年 元禄14年 5月23日、興福寺別当。1706年 宝永3年 7月6日(7日とも。5日とも)、京都の里坊で死去。58歳。一乗院門跡36世。興福寺別当220世・222世・224世。 清水寺 別当。初名は信敬法親王。俗名は常淳親王。三菩提院殿と号す。一乗院宮東大寺墓地。著書『唯識三十頌錦花』『真敬親王日記』。.

霊元天皇 の第十四皇子。興福寺別当226世。1699年 元禄12年 生。幼称は多喜宮・滝宮。1708年 宝永5年 一乗院に入る。1709年 宝永6年 親王となり出家。1714年 正徳4年 9月22日別当就任(「仏家次第」)。1719年 享保4年 二品。1720年 享保5年 大乗院隆尊と共に江戸に行き興福寺の再建を請願する。1746年 延享3年 10月7日死去(9月24日とも)。48歳。俗名は庶賢親王。尊昭法親王とも。 一乗院宮喜光寺墓地 。広荘厳院と号す。『尊賞法親王日記』。.

京極宮( 桂宮 )家仁親王の第3王子。1748年 寛延1年 生。興福寺別当229世。1769年 明和6年 10月10日別当就任(「仏家次第」。ただし「尊快」を「尊映」の誤記とみなした)。1770年 明和7年 二品。1793年 寛政5年 一品。1793年 寛政5年 12月9日死去。常寂光院と号す。一乗院宮喜光寺墓地。. 有栖川宮 織仁親王の第4王子。1789年 寛政1年 興福寺いじょういん門跡 天保14年 死去。天台宗に転じて公猷法親王となる。 輪王寺宮 12世。天台座主。 輪王寺宮上野墓地 、 輪王寺宮日光墓地 、 輪王寺宮毘沙門堂墓地 、 輪王寺宮滋賀院墓地 (治定外)。(略歴は、 輪王寺宮 組織 を参照).

伏見宮 貞敬親王第四王子。光格天皇猶子。1806年 文化3年 生。幼称は潔宮。1808年 文化5年 一乗院門跡に入る。1816年 文化13年 親王。1817年 文化14年 得度。1822年 文政5年 8月24日死去。17歳。俗名は忠道親王。平等心院と号す。一乗院宮喜光寺墓地。. 伏見宮貞敬親王第八王子。光格天皇猶子。1818年 文政1年 生。幼称は欽宮・能布宮。1822年 文政5年 一乗院尊誠法親王に師事。1832年 天保3年 興福寺いちじうょいん門跡 天保7年 6月26日死去。19歳。俗名は守貴親王。成智心院と号す。一乗院宮喜光寺墓地。. 久邇宮 朝彦親王。伏見宮邦家親王の第四王子。興福寺別当235世。仁孝天皇猶子。1824年 文政7年 生。幼称は富宮。1836年 天保7年 一乗院門跡に入る。1837年 天保8年 12月、親王宣下で成憲親王と名乗る。1838年 天保9年 閏4月得度。1842年 興福寺いちょじういん門跡 3月20日興福寺別当就任(「仏家次第」)。1848年 嘉永1年 2月、二品。1852年 嘉永5年 3月12日、孝明天皇の勅旨で天台宗に転じて 青蓮院門跡 に入り尊融法親王と名乗る。天台座主。安政の大獄で1859年 安政6年 12月、永蟄居。1862年 文久2年 4月、青蓮院門跡に再任。12月、国事御用掛。1863年 文久3年 1月、勅旨で還俗して中川宮と称す。八月十八日の政変を起こし朝彦親王と称す。1864年 元治1年 10月、賀陽宮と称す。1875年 明治8年 5月、久邇宮家を立てる。7月 神宮 祭主。1891年 明治24年 10月25日死去。68歳。 久邇宮泉涌寺墓地 。(略歴は、 久邇宮 組織 を参照).

近衛忠煕の子。興福寺別当238世。1848年 嘉永1年 生。1864年 元治1年 3月20日別当就任(「仏家次第」)。1868年 明治1年 4月29日、還俗して水谷川忠起と改名。春日社新神司となる。1869年 明治2年 2月3日堂上家格となる。 春日大社 宮司を務める。 男爵 。1923年 大正12年 死去。(略歴は、 春日大社 組織 を参照).

大乗院 (門跡寺院) - Wikipedia

【将軍義秋】義輝の弟で、奈良興福寺一乗院(いちじょういん)の門跡覚慶は幽閉されたが、細川藤孝らのはからいで脱出し、近江(滋賀県)甲賀(こうか)郡の和田惟政をたより、還俗(げんぞく)して義秋といい、諸国に味方を募る。 一乗院(いちじょういん)は、奈良県 奈良市の興福寺にあった塔頭の一つ。 天禄元年 、興福寺別当定昭によって建立される。. 一乗院門跡. 興福寺の塔頭の中でも門跡が入る院家の一つで、大乗院とともに門主は興福寺別当をつとめた(延暦寺における青蓮院に該当する)。 一乗院(いちじょういん)は、奈良県奈良市の法相宗興福寺の別当を務めた門跡寺院。 廃絶。本尊は阿弥陀如来と大日如来(「興福寺諸堂縁起」)。 中世には大覚寺門跡を兼務していたこともある。 「橘御殿」「長講堂」とも呼ばれた。宮門跡。興福寺関連旧跡。 大乗院(だいじょういん)は奈良県 奈良市の興福寺にあった塔頭の一つ。. 沿革. 寛治元年(年)、隆禅(藤原政兼の子)が創建する。 その後、関白 藤原師実の子・尋範が継承したことから摂関家特に九条家系の勢力が強かった。 第4代院主・信円(藤原忠通の子)の頃に門跡寺院とされ 興福寺には、「大乗院」(だいじょういん)と「一乗院」(いちじょういん)という有力な門跡(もんぜき/もんせき:皇族・公家などが出家して住職を務める寺院)があり、室町時代の年(正長2年)に、それぞれの衆徒であった「豊田氏」(とよたし:大乗院方)と「井戸氏」(いどし

興福寺いちじょういん門跡

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5