我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

【左足ブレーキ】アクセルもブレーキもなぜ右足で操作するの?


特に作動に エンジン吸入負圧(エアインテークプレッシャー) を用いる物は、日本語では 真空サーボ や マスターバック 、英語圏では バキュームサーボ vacuum servo とも呼びます。その作動原理は、ブレーキブースターは、 ブレーキペダル を介して伝えられる運転手の制動力を、 バキューム圧 адрес マスターシリンダー en:Master cylinder に制動力を乗算して伝える作用を果たします。(以上Wikipediaから抜粋).

空気ブレーキ(くうきブレーキ、 Air Brake 、エアブレーキ)とは、空気を利用したブレーキ(制動装置)の一種で、圧縮空気でブレーキシリンダを動かしブレーキをかける装置です。供給源としては、コンプレッサーでエア・タンクに詰めた圧縮空気を利用します。ただし、排気ブレーキとは異なります。. 排気ブレーキ(はいきブレーキ、 Exhaust brake、 エキゾーストブレーキ )はエンジンブレーキの効果を増加させる補助ブレーキの一種で、ディーゼルエンジン特有の装置です。エキゾースト・リターダーとも呼ばれます。大型自動車のほか、エンジンで走行するディーゼル機関車など鉄道車両に装備しているものがあります。. 排気ブレーキは排気管を閉塞するバルブを設けて排気抵抗(排気圧力)を増やすことでエンジンの回転抵抗を増やし、エンジンブレーキの作用を強化します。長く続く下り勾配ではフットブレーキを多用すると過熱によるフェード現象(ドラムブレーキの摩擦材表面が溶けてブレーキが効かなくなる)やベーパーロック現象(油圧管内に空気の泡が生じ、管を閉塞させて油圧が効かなくなる)により制動力が極端に低下することから、フットブレーキの負担を軽減するためにエンジンブレーキを使用しますが、ディーゼルエンジンは ガソリンエンジン に比較するとエンジンブレーキの効きが弱いなかで、大型自動車などの車重が大きい車両ではより強いエンジンブレーキが必要とされるため、ほとんど装備されています。.

飯田市動物園ビーバー 同じ足で隣り合わせてたアクセルとブレーキを目視出来ない状態で操作する。 自動車の様な大きな乗り物ですから間違えた時の事故の確率も高くなります。 明らかな構造的欠陥なのに、根本的な対策は延々となされていない。. マニュアル車に乗っていた時ですが、こんな事がありました。 青信号になり走り出しました。 右足の踵が痒くなりました。 300m程前方の信号が黄色になったのでクラッチを切って惰性で走行中に 靴の中に指を入れて掻きました。 そして、ブレーキを踏もうとすると今までの感覚がリセットされたのか どちらがアクセルで、どちらがブレーキか判らなくなりました。 しかし、前方の停車している車両にはどんどん近づいて行きます。 仕方が無いので自分の感覚を信じて踏みました。.

アクセルを踏んでいたのです。 クラッチを切っているので、操作に影響はありませんでしたが 過去最大級に心拍数が上がっていました。 血圧もそうだったでしょう。 座りながらですがちょっとふらつきましたから。. この様に、運転者は、自分の感覚によりアクセルとブレーキを踏み分けており 特に運転の始めに起こりやすく、事故としてニュースになるのは店の駐車場から 店に突っ込んだ時ですが、自分の家の駐車場からの発進の時も多いのだろうと推察します。. オートマチック車では、アクセルとブレーキを右足と左足の操作に分けて(逆でも良いですが) 同時に踏んだらアクセルが電気的にカットされてブレーキのみとなる。 アクセルとブレーキがどちらか判らなくなった時の為に、運転者が前方を見ながら確認出来る様に フロントガラスに記載しておくなどしておくべきと考えます。. 大庭峯洋さま コメントありがとうございます。ダイアフラム式のブレーキブースターを使用しているクルマは、油圧を効かせるために、エンジンマニフォールドの「負圧」を使用しています。エンジンマニフォールドが負圧になるのは、エンジンがアイドリングのときです。アクセルを踏めばエンジンの回転があがり、マニフォールドは正圧になります。このシステムはあくまでブレーキを油圧で増強するものです。「アクセルを踏むとバキュームが効かなくなる」とはバキュームが正圧になるという意味です。.

このサイトの運営・公開に敬意を表します。2~3年前から自己所有の車を手放し、各種レンタカー・カーシェアの車にを利用しています。 その中で起きた、アクセル・ブレーキ同時踏みの体験をコメントします。車種は日産ノート。この車は、アクセルとブレーキの位置が近いうえに、踏んでいないときのアクセルとブレーキの高さがほぼ同じなのです。なので、同時に踏みやすい。特にバックの際に左に体をひねって後方の目視確認をしながらブレーキを踏もうとすると、体を左にひねっている影響で足がやや右に=アクセル側に寄ってしまい、結果、アクセルとブレーキを同時に踏んでしまった、ということがありました。バックして車が後方に進んでいて顔も後方を見ているため、パニックになりそうになりました。なんとかブレーキだけに踏みかえて事なきを得ましたが、構造が危ない車ではないかと感じています。アクセルはもっと意識して踏み込まなければいけない位置にあるべきだと感じています。.

森本さま コメントありがとうございます。 AT車のペダル配置はMT車のクラッチペダルを取り除いただけです。これは欠陥品だといっていいと思います。メーカーはこのペダル配置が欠陥だと認定されリコールとなることをなによりも怖れています。わたしのブログにもありますように左足ブレーキがAT車ペダルの解答だと思っています。 ご興味があればご連絡ください。.

大野様 ご返信ありがとうございます。現行車に多いブレーキとアクセルの左右位置が近くて踏みしろも同じというのは欠陥ではないかと私も思います。左足ブレーキは一つの解答と思います。 とにかく一般道路の運転においては、ブレーキとアクセルを同時に踏む必要性は全くないので同時に踏めなくすればいいと考えます。 (1)左足踏みでも右足の踏みかえでも左右の位置を同時に踏めない間隔まであける、または踏み始めの位置の高さと踏みしろに差をつける、(2)少しでもブレーキが踏まれたら強制的に燃料カットするなどのシステムをつける(選択可能)などとすればよいのではと思っております。 踏み間違えからのパニックについいては、やはり障害物センサーによる自動減速・停止が有効かと思っております。.

森本さま ご返信ありがとうございます。 「踏み間違えからのパニックについいては、やはり障害物センサーによる自動減速・停止が有効」とのご意見ですが、事象はそんなに簡単ではありません。というのは、「障害物センサー」は機械です。機械ですから故障もあれば誤作動もあります。そんなときは「人間=オペレーター」が機械に代わって制御しなければなりません。そのため自動制御系がONであっても、人間が主要装置を操作したときは、人間が機械をオーバーライドするようになっています。その意味では「とよさぽ」などの自動装置が人間の操作があっても作動するのは停止~約15km/hの速度範囲だけです。また、(2)のご提案ですが、坂道発進などブレーキを使いながらアクセルを踏むケースも公道走行中結構あるのではないかと思っています。.

コメント 東天紅 より:. ブレキ 同じ足で隣り合わせてたアクセルとブレーキを目視出来ない状態で操作する。 自動車の様な大きな乗り物ですから間違えた時の事故の確率も高くなります。 明らかな構造的欠陥なのに、根本的な対策は延々となされていない。 マニュアル車に乗っていた時ですが、こんな事がありました。 青信号になり走り出しました。 右足の踵が痒くなりました。 300m程前方の信号が黄色になったのでクラッチを切って惰性で走行中に 靴の中に指を入れて掻きました。 そして、ブレーキを踏もうとすると今までの感覚がリセットされたのか ブレキー しかし、前方の停車している車両にはどんどん近づいて行きます。 仕方が無いので自分の感覚を信じて踏みました。 物凄いエンジン音が鳴りました。 アクセルを踏んでいたのです。 クラッチを切っているので、操作に影響はありませんでしたが 過去最大級に心拍数が上がっていました。 血圧もそうだったでしょう。 座りながらですがちょっとふらつきましたから。 この様に、運転者は、自分の感覚によりアクセルとブレーキを踏み分けており 特に運転の始めに起こりやすく、事故としてニュースになるのは店の駐車場から 店に突っ込んだ時ですが、自分の家の駐車場からの発進の時も多いのだろうと推察します。 オートマチック車では、アクセルとブレーキを右足と左足の操作に分けて(逆でも良いですが) 同時に踏んだらアクセルが電気的にカットされてブレーキのみとなる。 アクセルとブレーキがどちらか判らなくなった時の為に、運転者が前方を見ながら確認出来る様に フロントガラスに記載しておくなどしておくべきと考えます。.

大庭峯洋 より:. 大野一郎 より:. 松竹 より:. 森本伸雄 より:. コメントする 返信をキャンセルするときはここをクリック。 お名前・メールアドレス・コメントは必須です。 メールアドレスは公開されません。 コメント 名前 メールアドレス ウェブサイト. 手動スロットル 左足ブレーキ なぜ運転者はアクセルを踏み続けるのか ハイロービーム自動切り替え装置全メーカー全車種標準装備化運動.

【これで決着!ブレーキは右足か左足か】 意外な最善策は「両足」!? - 自動車情報誌「ベストカー」

 · 一方で、公道を走る市販モデルではアクセルとブレーキは右足で操作することが標準的で、ATでは左足は使わない(MTではクラッチ操作専用)というドライビングスタイルが、オーソドックスなものとなっている。. 教習所でAT限定免許を取る際にも右足でアクセルとブレーキの両ペダルを操作するように教えられている。. 画像はこちら. また、自動車メーカーによって 【左足ブレーキ】アクセルもブレーキもなぜ右足で操作するの?日本では大部分のクルマがオートマチックですよね。 そのために、アクセルは右足、ブレーキは左足、と分業させることで疲労を軽減させるというのは理に適っているのかもしれません。また、左足で扱いやすいようにブレーキぺダルを大型化させたとも言わ アクセルとブレーキを踏み間違える原因 それでは、アクセルとブレーキの踏み間違い事故は何故多発するのでしょうか? 原因のひとつは、自動車の操作ペダルは、加速、減速ともにペダルを右足だけで踏むことにあると言われています。 アクセルとブレーキの踏み間違いの事故、昔から毎日の様に起こりますよね。 同じ足で隣り合わせてたアクセルとブレーキを目視出来ない状態で操作する。 自動車の様な大きな乗り物ですから間違えた時の事故の確率も高くなります。

なぜ? 相次ぐ「踏み間違い」 踏み間違え暴走はどこで多発?【取材部ネタプレ】



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5