我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

ここにリダイレクトされます:


坊ガツル タデ原 くじゅう坊ガツル・タデ原湿原(くじゅう ぼうがつる・たでわらしつげん)は、大分県竹田市及び玖珠郡九重町にあるラムサール条約の登録湿地。2005年11月8日登録。 竹田市にある標高約1,200mの坊ガツル湿原と、玖珠郡九重町にある標高約1,000mのタデ原湿原とからなり、中間湿原としては日本国内最大級の面積を有する湿原である。. 千鳥の曲(ちどりのきょく)は、吉沢検校(二世)が作曲した、箏(こと)と胡弓のための楽曲。近世邦楽における代表曲の一つ。 古今組と呼ばれる,春の曲、夏の曲、秋の曲、冬の曲、千鳥の曲 として親しまれている。. JR会津塩沢駅(寄岩橋)付近) 只見特定地域総合開発計画(ただみとくていちいきそうごうかいはつけいかく)とは、1950年(昭和25年)に施行された国土総合開発法に基づき日本政府が定めた地域開発計画の一つである。 福島県と新潟県にまたがって流れる阿賀野川水系最大の支流・只見川を中心に阿賀野川下流に至るまで大小さまざまな水力発電所とダムを建設し、発生した電力を関東地方と東北地方に供給する目的で計画された大規模な河川開発である。この計画の中には奥只見ダムや田子倉ダム(たごくらダム)といった日本のダムの歴史に名を刻む大事業が含まれ、日本の電気事業史や日本の土木史においても特筆される事業である。.

取立山(とりたてやま)は、石川県白山市と福井県勝山市にまたがる標高1,307 mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークや奥越高原県立自然公園内にある。特に福井県内有数の水芭蕉群生地と知られており、シーズン時には多くの登山客でにぎわう。.

手彩色絵葉書東京吉原(明治大正時代) 吉原(よしわら)は、江戸時代に江戸郊外に作られた、公許の遊女屋が集まる遊廓(吉原遊廓)、およびその地域の名。現在の東京都台東区千束四丁目、および三丁目の一部にあった。現在は日本一のソープランド街として知られる。.

坊ガツル(ぼうがつる)は、大分県竹田市にある標高約1,200mの高さに広がる盆地・湿原。九重連山の主峰久住山と大船山等に囲まれており、阿蘇くじゅう国立公園に含まれる。坊がつる、坊ヶつる、坊ガツル、坊がツル、坊ヶツルなどとも表記する。名称の「坊」とは寺院(久住山信仰の中核である法華院。現在の法華院温泉)、「ツル」は「水流」で川のある平らな土地の意で、つまり法華院近辺の湿地帯といった意味の地名である。 タデ原湿原とともに、中間湿原として国内最大級の面積を有する湿原であり、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約の登録湿地となっている。 坊ガツルは人によって環境が保たれている。古くは牧草地であったため、毎年春に野焼きが行われていた。そのため、大きな樹木が育たず、高山植物が保たれていた。現在でも高山植物のために野焼きが実施されている。 坊ガツルは、芹洋子がNHKの「みんなのうた」で歌った『坊がつる讃歌』でも全国的に知られている。この歌は、もともとは広島高等師範学校(現広島大学)山岳部の部歌であったが、九州の山岳愛好家の間で歌われるようになったものである。湿原の南端には、法華院温泉がある。.

大山包国家級自然保護区(だしゃんばおこっかきゅうしぜんほごく)とは中華人民共和国雲南省北東部、昭通市に位置する中国国立の自然保護区。 大山包は海抜2000-3000mの高地にある湿原で、毎年1000羽前後のオグロヅルが越冬する。これはオグロヅルの総個体数の6分の1を占めることから、大山包が重要な越冬地であることが分かる。その他多種の渡り鳥の中継地である他、クロヅル、アカツクシガモなどの越冬地としても利用されている。オグロヅルの生態はまだよく分かっていないため、衛星トラッキングでその移動範囲や生息地などの追跡調査が行われている。 オグロヅルを保護するため、2003年大山包は国家級の保護区となり、2004年12月にはラムサール条約登録地となった。. 大長山(おおちょうさん)は、福井県勝山市および石川県白山市の境にある標高1,671mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、白山国立公園および恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク・奥越高原県立自然公園内にある。 山域は小原ダムもあり、一級河川九頭竜川水系滝波川の源流である。.

大江湿原から尾瀬沼方面 大江湿原(おおえしつげん)とは、尾瀬沼の最上流、ひいては、只見川の一方の最上流に位置する湿原。湿原の真中を大江川が流れていることから大江川湿原とも呼ばれ、尾瀬では尾瀬ヶ原に次ぐ大きさを誇る。. 大沼周辺拡大図 大沼(おの、おおぬま、赤城大沼)は群馬県の赤城山の山頂カルデラにある火口原湖で、赤城山のカルデラ湖としては最大のもの。 水系としては利根川に属し、湖水は北西の火口瀬から沼尾川として流出、赤城山の西麓を流れ下って直接利根川に注ぐ。半島部の小鳥ヶ島には赤城神社が鎮座する。冬期のワカサギ釣りやスキー・スケート地として知られ、1970年代には関東地方のスキー場として多くのレジャー客を集めた。.

夕張岳(ゆうばりだけ)は、北海道の中央部を南北に走る夕張山地の南端に位置する標高1,668 mの山。夕張市と空知郡南富良野町にまたがり、山域は北側の芦別岳と共に「富良野芦別道立自然公園」に指定されている。. 右端 奥志賀高原スキー場 中央右 奥志賀高原スキー場 起伏の少ないなだらかな地形になっている 奥志賀高原スキー場(おくしがこうげんスキーじょう)は、長野県下高井郡山ノ内町にあるスキー場。志賀高原一帯の志賀高原スキー場で一番北にあり、一ノ瀬方面の最奥部に当たる焼額山の北東斜面に広がる。 スキー以外にも避暑や登山等、通年リゾートである。各施設は基本的にそれぞれ独立しているが、一体として奥志賀リゾートをなすようになっている。ホテル以外はほとんどが奥志賀高原ホテルの物であるが、奥志賀滞在者等の非宿泊者にも解放されている。 宿泊キャパシティーをも計画し、静かさを維持してきた。近年はゆっくりと過ごす、長期滞在リゾートとしての性格をさらに強めている。 「奥志賀」と言えば基本的に広義の奥志賀エリア全域を指すが、エリア内では上部最奥のホテルがあるエリアを指し、大洞(おおぼら)と言えば下部手前のゴンドラがあるエリアを指す。基本的に奥志賀エリアがベースとなっており、各種施設も集中して充実している。大洞エリアには杉山スクール直営宿舎 スポーツハイム奥志賀とレストラン サンクリストフが奥志賀ゴンドラより徒歩1分にある。.

奥裾花自然園、こうみ平湿原(2006年5月撮影) 奥裾花自然園(おくすそばなしぜんえん)は、長野県長野市鬼無里(旧鬼無里(きなさ)村)の、裾花川上流域にある、ブナ林に囲まれた自然公園。大小5つの池および湿原と水路から成る。自生するミズバショウの本数は尾瀬を上回る81万本であり、本州随一。日本の秘境100選のひとつ。. 奥鬼怒温泉郷 (おくきぬおんせんきょう)は、栃木県日光市(旧国下野国)川俣にある温泉の総称(温泉郷)である。 温泉郷のエリアは、一般に女夫渕温泉より先のエリアを指す。 鬼怒川の源流部付近にあり、鬼怒沼、尾瀬への登山客の利用も多い。. 宗谷(そうや)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)が札幌駅 - 稚内駅間を函館本線・宗谷本線経由で運行している特別急行列車。 本項目では、同じく宗谷本線で運行されている特急「サロベツ」と、過去に宗谷本線およびその支線である天北線で運行されていた優等列車の沿革についても記述する。. 寺地山(てらじやま)は、富山県富山市と岐阜県飛騨市2005年4月1日の富山県富山市との市町村合併前の上新川郡大山町と、2004年2月1日の合併して飛騨市となった岐阜県吉城郡神岡町とにまたがっていた山。にまたがる標高1,996 mの立山連峰の山日本山岳会 2005 、921-922頁徳山 1992 、351頁。.

岡山市立少年自然の家(おかやましりつしょうねんしぜんのいえ)は、岡山県岡山市北区日応寺4番地に設置されている少年自然の家。面積162haの日応寺自然の森の中に建設されている。1973年(昭和48年)7月17日開所。 2011年(平成23年)度から指定管理者制度が導入され、2011年(平成23年)4月1日 - 2016年(平成28年)3月31日(5年間)および2016年(平成28年)4月1日 - 2021年(平成33年)3月31日(5年間)の指定管理者は観空産業株式会社。.

上野 益三(うえの ますぞう、1900年(明治33年)2月26日 - 1989年6月17日)は、大阪府出身の昆虫学者、陸水学者。水生昆虫の分類、生態学的研究や、生物学史の研究でも知られる朝比奈(1989)pp. 中池見湿地(なかいけみしっち)は、福井県敦賀市にある、天筒山などの3つの低山に囲まれた面積約25 haの内陸低湿地であり、泥炭湿地。分類的にはフェンにあたる。木ノ芽川(笙の川の支流)の支流の源流域に位置する。日本の地形レッドデータブックにも保全を要する最も価値のある地域の一つとして記載されている。2012年に越前加賀海岸国定公園の一部として追加指定され、同年7月3日にはラムサール条約に登録された。国内屈指のトンボの生息地である一方、アメリカザリガニの異常繁殖が問題視されている。. 平ヶ岳(ひらがたけ)は、新潟県魚沼市と群馬県みなかみ町の境界にある標高2,141mの山。日本百名山のひとつ。 山頂の北東約0. 乳頭山(にゅうとうさん)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町にまたがる山である。十和田八幡平国立公園の中に位置する。 遠くから見たゆったりとした印象とは異なり、山頂の東側は断崖絶壁となっている。山頂は崩壊が進んでいる。以前あった山頂の三角点も行方不明となり、現在の地形図では三角点が抹消されている。 秋田駒ヶ岳とともに古くから知られた山で、秘湯で名高い乳頭温泉郷の北東に乳房のような山容を見せている。山頂からは、岩手山や林野庁の森林生態系保護地域に指定されている葛根田川源流部などを一望できる。また、東隣の笊森山と三角山の鞍部に広がる千沼ヶ原は、尾瀬にも匹敵するほどの高層湿原とも言われている。.

乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする山々の総称。山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰、朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など23の峰があり、広大な裾野が広がる。飛騨側の高山市街地などから大きな山容を望むことができ、親しまれてきた山である垣外富士男 2002 、186頁。. 成田空港線(なりたくうこうせん)は、東京都葛飾区の京成高砂駅と千葉県成田市の成田空港駅を結ぶ鉄道路線である。京成電鉄によって「成田スカイアクセス」という愛称が付けられ、各種掲示物などで成田スカイアクセス線(Narita SKY ACCESS Line)という名称とオレンジ色の案内色を用いて旅客案内を行っている一方、本線は「京成本線 Keisei Main Line 」という名称と青色の案内色を用いて区別化を図っている。。駅ナンバリングで使われる路線記号はKS(ただし、京成高砂駅以外の北総鉄道共用駅を除く)。.

人形山(にんぎょうざん)は、富山県南砺市(五箇山地域)と岐阜県白川村(白川郷)にまたがる飛騨高地北部に位置する標高1,726 mの山である日本山名辞典 1992 、399頁。日本三百名山、新日本百名山およびぎふ百山の一つに選定されている。登山口は富山県側にある。. 今福の戦い(いまふくのたたかい)は、江戸幕府と豊臣家の間の大坂の陣(大坂の役)のうち、1614年 (慶長19年)末に発生した大坂冬の陣において行われた戦いの一つ。 大坂城東北、大和川の北岸に今福村、南岸に鴫野村がある。この地域は低湿地帯になっており、軍隊が展開できるのは堤防上のみ、まわりは田圃という地形だった。豊臣方は今福村に三カ所の堀切と四重の柵を設置し、矢野正倫および飯田家貞 にそれぞれ兵300で守備させていた。徳川家康は今福村に付け城を築くため、今福・鴫野の両柵の奪取を命じた。今福へは佐竹義宣指揮下の兵1,500を送った。 11月26日夜明け、佐竹勢が今福を攻撃、佐竹麾下の渋江政光、戸村義国らにより第四柵まで占拠され、矢野と飯田は討死した。豊臣軍は木村重成が来援し、反撃に転じたため佐竹勢はやや後退したがその後膠着状態になった。その様子を大坂城天守から見ていた豊臣秀頼は、後藤基次に救援を命じた。後藤が駆けつけ木村を支援しながら突撃を指揮し、佐竹勢を押し戻した。渋江政光は第一柵で防戦していたが、木村重成の指示で狙撃され討死したため佐竹勢先鋒隊が潰走、佐竹義宣は大和川対岸にいた上杉勢に救援を求めた。それを受けた上杉景勝、堀尾忠晴および榊原康勝の軍勢が大和川の中州まで出て銃撃を加えたため、豊臣軍は撤退した。 この戦いにおいて、将軍徳川秀忠から、佐竹家中の5名に感状と褒美が与えられている(『大日本史料』元和元年正月十七日条)金子(2011)pp.

会津(あいづ)は、福島県の西部に当たり、西に越後山脈と東に奥羽山脈に挟まれた日本海側内陸の地域である。福島県は、奥羽山脈と阿武隈高地によって区切られており、西から順に「会津」と「中通り」と「浜通り」の三地域に区分されている。 なお、イントネーションについて、福島県内では、「あいづ」と、いにアクセントを置く。. 弥陀ヶ原(みだがはら)は富山県中新川郡立山町芦峅寺(あしくらじ)にある高原。中部山岳国立公園内にあり、標高は1,600mから2,000m程度。活火山となっており2016年12月1日より気象庁の指定する常時観測火山となる。 高原上を立山黒部アルペンルートの立山有料道路が通る。2012年(平成24年)7月3日にはラムサール条約に登録された。. 佐鳴湖公園からの眺め(2010年4月) 佐鳴湖漕艇場(2010年4月) 佐鳴湖(さなるこ)は静岡県浜松市西区にある湖。河川法上は、浜名湖と同様に二級河川都田川水系に属する。.

御嶽山(おんたけさん)は、長野県木曽郡木曽町・王滝村と岐阜県下呂市・高山市にまたがり、東日本火山帯の西端に位置する標高3,067 mの複合成層火山である日本山名辞典 1992 、116頁新日本山岳誌 2005 、972-973頁。大きな裾野を広げる独立峰である深田久弥 1982 、227-230頁。 2014年9月27日に7年ぶりに噴火。山頂付近にいた登山客が巻き込まれ、1991年雲仙普賢岳の火砕流による犠牲者数を上回る事態となった。.

詳細はIPCC第4次評価報告書 第二作業部会報告書:影響・適応・脆弱性を参照 2007年4月に第二作業部会(WG II による報告書(影響・適応・脆弱性)が発行された。この報告書は気候変化による自然および人類の環境への影響、およびそれらの適応性と脆弱性に関する現時点での科学的知見がまとめられている。報告書には下記のような内容が含まれる。 現在起こっている影響: 将来予測される影響. 道路脇に立つ水深標 河川名と橋梁名を記したやや大きめの表示板 北海道道732号上猿払浅茅野線(ほっかいどうどう732ごう かみさるふつあさじのせん)は、北海道宗谷郡猿払村上猿払と同村浅茅野を結ぶ一般道道(北海道道)である。.

北海道標茶高等学校(ほっかいどうしべちゃこうとうがっこう、Hokkaido Shibecha High School)は、北海道川上郡標茶町にある公立(道立)の高等学校。釧路地区では初の総合学科。. ナンタケット Nantucket は、米国のマサチューセッツ州ケープ・コッドの南30マイルに位置する島である。とという小さな島々と共に、ナンタケット(マサチューセッツ州)の町を構成し、ナンタケット郡 Nantucket County となっている。ナンタケットの海側の地域はマサチューセッツ州の中で最南端の入植地である。 ナンタケットは観光地であり、有名なリゾート地である。島の人口は、観光客と別荘を持つ人のため、夏の間は約10,000人から50,000人に増える。マサチューセッツ州で地価が最も高い地域がある。 米国国立公園局は、ナンタケットとシアスコンセットの入植地に特別な配慮を示し、島全体を国立歴史地区 National Historic District に指定している。米国において南北戦争前の構造物が最も集中している地域の一つであるという特色を有する。.

ナベヅル(鍋鶴安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、301頁。ISBN 978-4-635-07017-1。、Grus monacha)は、ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類。全長約96. ミミカキグサ 耳掻き草、Utricularia bifida は、タヌキモ科に属する多年生の食虫植物。またタヌキモ科タヌキモ属のうち、本種に近い生活体制をとるものを総称する名でもある。. ミンデンの戦い(英:Battle of Minden、独:Schlacht bei Minden)は七年戦争(1756年-1763年)中の1759年8月1日、現在のノルトライン=ヴェストファーレン州に1719年から1807年まで存在したプロイセンの行政区画、のミンデン要塞付近で生起した戦闘である。そこでフェルディナント・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル大将率いるイギリス、プロイセン、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ハノーファー選帝侯領)及びヘッセン=カッセル各国の連合軍がフランス元帥、指揮下のフランス=ザクセン連合軍と衝突した。戦いは数時間後、ハノーファー側連合軍(以下「連合軍」)の決定的な勝利とフランス側連合軍(以下「フランス軍」)の退却で幕を閉じた。 これによってブラウンシュヴァイク公はフランスに脅かされた領土の併合を阻み、イギリスにとって成果の大きかったこの戦争の帰結に大いに貢献した。.

ミズグモ(水蜘蛛、学名:)は、節足動物門クモ綱クモ目に属するクモの1種。世界で唯一水中生活をするクモである。水際で生活するクモや、時々水中で活動するクモは珍しくないが、水中生活と言って良いのはこの種だけである。 1科1属1種で、ミズグモ1種でミズグモ科、ミズグモ属を構成するとされるが、ナミハグモ科(Cybaeidae)に分類されることもある。. マナヅル(真鶴、真名鶴安部直哉 「マナヅル」『山渓名前図鑑 野鳥の名前』、山と渓谷社、2008年、300-301頁。、Grus vipio)は、ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類。. ノヴォシビルスク(ロシア語:〔ナヴァスィビールスク〕;)は、ロシア連邦・シベリアの中心的都市。別名「シベリアの首都」。ノヴォシビルスク州の州都でオビ川に沿う。人口は2017年には160万人を突破するなど近年は人口増加が続き、人口規模は国内第3位で、シベリアでは最大である。北緯55度01分、東経82度56分に位置する。 建設されたのは19世紀末であり、ロシアでも新しい町である。シベリア鉄道建設中の1893年に、ノヴォニコラエフスクという名で現在のノヴォシビルスクが建設された。1925年、ソビエト連邦成立後にかつての皇帝ニコライ2世を思わせる市名は改称され、「新しいシベリアの街」を意味するノヴォシビルスクとなった。.

マッツァル国立公園(-こくりつこうえん、Matsalu rahvuspark)はエストニア・ラーネ県にある国立公園であり、また自然保護区でもある。ヨーロッパにおいて渡り鳥が秋を過ごすのに最も重要かつ大規模な場所の一つである。. マダガスカルヨコクビガメ(Erymnochelys madagascariensis)は、爬虫綱カメ目ヨコクビガメ科(ナンベイヨコクビガメ科とする説もあり)マダガスカルヨコクビガメ属に分類されるカメ。本種のみでマダガスカルヨコクビガメ属を構成する。.

ノウルシ 野漆 学名:Euphorbia adenochlora は、北海道から九州の河川敷や湿地に生育する高さ30 - 50センチメートルほどの多年草。和名の由来は、茎葉に傷をつけるとウルシ 漆 に似た白乳液が出ることからきている。有毒植物の一つ。. マガン(真雁安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、298-299頁。、Anser albifrons)は、カモ目カモ科マガン属に分類される鳥類。. チュウヒ(沢鵟、学名:)は、タカ目タカ科チュウヒ属に分類される鳥類。 本種の名前は「宙飛」が由来とされているが、実際は低空飛行を得意とし、一方「野擦」が由来とされているノスリはチュウヒよりも高空を飛翔することが多いため、この両者は名前が入れ替わって記録されているという説がある。. チリメンナガクビガメ(Macrochelodina rugosa)は、爬虫綱カメ目ヘビクビガメ科オオナガクビガメ属に分類されるカメ。オオナガクビガメ属の模式種。. ハマダラカ(羽斑蚊、翅斑蚊)は、カ科ハマダラカ亜科ハマダラカ属(学名: )に属する昆虫の総称である。世界におよそ460種が知られている。そのうちおよそ100種がヒトにマラリアを媒介できるが、一般にマラリア原虫をヒトに媒介しているのは、そのうちの30 - 40種である。ハマダラカで最も知られている種は、マラリア原虫の中でももっとも悪性である熱帯熱マラリア原虫()を媒介するガンビエハマダラカ()である。マラリア蚊とも ハマダラカ属の学名()は、ギリシア語の (英語で not の意)と (「利益」の意)からきており、「無益な」を意味する at dictionary.

ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉、Nannophya pygmaea )は、トンボ科ハッチョウトンボ属のトンボの一種。日本一小さなトンボとして知られ、世界的にも最小の部類に属する日本動物大百科 1996 、82頁。. ハシナガイルカ(嘴長海豚、Stenella longirostris)はクジラ目 ハクジラ亜目 マイルカ科 スジイルカ属に属する小型のイルカである。世界中の熱帯の海域に棲息する。. ハシマガリチドリ(嘴曲千鳥、Anarhynchus frontalis)は、チドリ目チドリ科ハシマガリチドリ属に分類される鳥類。本種のみでハシマガリチドリ属を形成する。. バサースト湾 バサースト湾(Bathurst Harbour)は、オーストラリア、タスマニア島南西部に位置する湾。漣ひとつない穏やかな海である。 サウスウエスト国立公園(Southwest National Park)内に位置し、水面が赤く見えるのが大きな特徴である。水が赤いため、光が減衰する(赤色は青い光も吸収する為、光が届かず暗くなる)。水深5mが通常の海の水深200-500mに相当する暗さとなり、水深8mで光が届かない安定した環境は、深海にそっくりなことで有名である。そのため深海魚やテヅルモヅルなど深海の動物が多く存在するほか、原始的なサンゴが多く発見されているため、太古より残された海として知られている。 その理由は、バサースト湾に流れ込む川の水が赤いからである。川の周囲には湿原があり、そこにはタスマニア島内に多く群生しているイネ科のボタングラス(buttongrass)が生えている。この植物の茎や葉にはタンニンが多く含まれているが、付近一帯は低温のために植物が枯れても分解が進まない。タンニンは空気に触れると赤くなる性質があり、植物からしみ出したタンニンが雨の影響で土壌から川へと流れ出し、水中の酸素と反応して赤い色を現出する。その川がこの湾へと流れることによって、水が赤く染まるのである。川から流れ込む赤い水は軽い為、海水の上に層を作り、また、湾の入り口が幅500メートル程度と狭いこと、外海につながる部分に島があることなどから大きな波が湾内にまで入らないことも水が赤い要因である。 はさあすとわん はさあすとわん.

ポメラニア戦役(Pommernfeldzug)は大北方戦争中の1715年5月1日から1716年4月19日にかけて、プロイセン、デンマークとザクセンの連合軍が及びオーダー河口に残存した、もしくは奪還されたばかりのスウェーデンの所領を、ヴィスマールの町ともども征服した作戦行動である。 その主目標は、これまで3回にわたる攻囲が失敗に終わっていたである。リューゲン島、ウーゼドム島、ヴィスマールやバルト海の制海権を巡る様々な、一部は同時に進行した戦闘はその前哨戦となった。そしてシュトラールズントは1715年12月23日、ヴィスマールは1716年4月19日に占領される。シュトラールズントはデンマーク領となったが、早くも1720年に結ばれたフレゼリクスボーの和約でリューゲン島と、以北の土地ともどもスウェーデンに返還されている。その後、なお1世紀ほど後の1815年まで、これらの土地はスウェーデンの領土として残るのである。同時にヴィスマールも、デンマークからスウェーデンに返還された。 この戦役には全期間にわたってデンマーク国王フレゼリク4世と、プロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が参加している。.

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 EU 、北大西洋条約機構 NATO の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

英国ウェストヨークシャーにあるペナイン山脈のムーア。湿潤な高地ではこのような草本やワラビ類が茂ることが多い。 Desert of Wales(ウェールズの荒野)に広がるムーア エクスムーア キリマンジャロのムーア ムーア ( または )は、酸性土壌の上に背の低い草木のみが広がる土地のこと。日本語では「湿原」という。 英名は「沼地」を意味する古いゲルマン語に由来し、元来、イングランドからスコットランドにかけて各地に点在する、荒野然とした山野を指して呼んだものである。. ムーアサイド組曲(A Moorside Suite)H. メキシコカワガメ(Dermatemys mawii)は、爬虫綱カメ目メキシコカワガメ科メキシコカワガメ属に分類されるカメ。現生種では本種のみでメキシコカワガメ科メキシコカワガメ属を構成する。別名カワガメ、チュウベイカワガメ。. リーボック(Pelea capreolus)は、ウシ科リーボック属に分類される偶蹄類。本種のみでリーボック属を構成する。以前はブルーバック亜科に分類されていたが、分子系統学の見地から、新設されたリードバック亜科とされた。.

リヒテナウ Lichtenau、 は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州デトモルト行政管区のパーダーボルン郡に属す市で、ビューレナー・ラントに位置している。. ット Rott はドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーバイエルン行政管区のランツベルク・アム・レヒ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ライヒリング行政共同体を構成する自治体の一つである。.

ンガミ湖 ンガミこ、Lake Ngami、ヌガミ湖とも書かれる は、ボツワナ北部、カラハリ砂漠北西部の沼沢地『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P711。。流出河川のない内陸湖であり、また通年流入する河川もないが、雨季になると北のオカバンゴ川からオカバンゴ・デルタに水が流れ込み、あふれた水がンガミ湖へと流入する。ンガミ湖は1890年以降一貫して縮小を続けている。1925年頃より乾燥化が進み、780平方キロメートルあった湖面は多くが草の茂る湿原となっている。 ンガミ湖は1849年8月1日にデイヴィッド・リヴィングストン一行によって発見された。リヴィングストンは「長さ80マイル(130km)、幅20マイル(32km)にわたるきらめく湖」と記述している。リヴィングストンのあともヨーロッパからはチャールズ・ジョン・アンダーソン(1853年)、フレデリック・ルガード(1896年)らのいくつかの探検隊が訪れている。.

ヌマヨコクビガメ(Pelomedusa subrufa)は、爬虫綱カメ目アフリカヨコクビガメ科ヌマヨコクビガメ属に分類されるカメ。本種のみでヌマヨコクビガメ属を構成する。ヌマヨコクビガメ属はアフリカヨコクビガメ科の模式属。. ボードウォーク boardwalk は、木の板張りによる遊歩道。木道(もくどう)とも呼ばれる。 主に砂浜に設置されるが、他にも、湿地、河岸、砂丘など足場の悪いところに設置される。 地理的には世界中で見られるが、アメリカ東海岸に有名なものが多い。アトランティックシティのボードウォークは、1870年に設置された初期のもので名所になっており、モノポリーのアトランティックシティ版(通常のオリジナル版)にもマス目として登場する。 日本の尾瀬ヶ原の湿原には木道が全長65kmに亘って整備されている。湿原は人に踏まれることにとても弱いので、木道を敷いて、その上だけ歩くルールになっている。. トモエガモ(巴鴨安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、246頁。、Anas formosa)は、カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類。.

トンガ作戦(トンガさくせん、Operation Tonga)は、第二次世界大戦で実施され上陸作戦としては史上最大の作戦となったノルマンディー上陸作戦のうち、最初に実行された空挺作戦のコード名である。 具体的には、D-デイ(1944年6月6日)に開始されるノルマンディー上陸作戦の東側面を制圧し、ドイツ軍の反攻を阻止するために6月5日夜から開始された、イギリス陸軍・カナダ陸軍空挺部隊の強行着陸・空挺降下による制圧・占領・破壊作戦である。また、6日夕方から開始された作戦、マラード作戦も含む。.

トーランス(英語: Torrance)はアメリカ合衆国カリフォルニア州南西部に位置する都市。ロサンゼルスのダウンタウンから南南西へ約12km、ロサンゼルス国際空港の南約7kmに位置する。人口は145,438人(2010年国勢調査)で、ロサンゼルス郡(Los Angeles County)で7番目の規模である。産業が盛んで、ロサンゼルス郡南部の商業の中心地でもある。日本企業が多く、日系人が集中している地域としても知られている。. トビイロヤンマ(鳶色蜻蜓)、学名 Anaciaeschna jaspidea は、トンボ目ヤンマ科に分類されるトンボの一種。東洋熱帯と西太平洋島嶼部に広く分布する熱帯性のトンボである。日本でも南西諸島で見られ、南日本への飛来および一時発生記録もあるが、21世紀初頭には国内絶滅が危惧されるほどに減少している杉村光俊 1993. トンボ王国特報 トンボ王国にトビイロヤンマ飛来. とんぼと文化 49 :12伴野正志 2001.

駿河の昆虫 193 :5414江間修司・福井順治 2001. 駿河の昆虫 193 :5415-5418福井順治・江間修司 2001. TOMBO 43 :40. ブランディングガメ(Emydoidea blandingii)は、爬虫綱カメ目ヌマガメ科ブランディングガメ属(ヨーロッパヌマガメ属に含める説もあり)に分類されるカメ。本種のみでブランディングガメ属を構成する。. ヒツジグサ(未草)は、スイレン科スイレン属の水生多年草。 地下茎から茎を伸ばし、水面に葉と花を1つ浮かべる。花の大きさは3~4cm、萼片が4枚、花弁が10枚ほどの白い花を咲かせる。花期は6月~11月。 未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、ヒツジグサと名付けられたといわれるが、実際は朝から夕方まで花を咲かせる。 ファイル:Nymphaea tetragona2.

png 葉と花(イラスト). ヒクイナ(緋水鶏、緋秧鶏安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、134-135頁。、学名:Porzana fusca)は、ツル目 クイナ科 ヒメクイナ属に分類される鳥類。 古くは単に「水鶏」(くひな)と呼ばれ『広辞苑 第5版』 岩波書店、「くいな」、その独特の鳴き声は古くから「水鶏たたく」と言いならわされてきた(下記参照)。くいなとして、三夏の季語。.

ヒシクイ(菱喰安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、270頁。、Anser fabalis)は、鳥綱カモ目カモ科マガン属に分類される鳥類。. ツマトリソウ(褄取草、学名:Trientalis europaea )は、サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草。APG植物分類体系では、ツマトリソウ属はヤブコウジ科に移されている。和名の由来は、花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、その色の入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているため。.

ツチガエル(土蛙・学名Rana rugosa)は、カエル目・アカガエル科に分類されるカエルの一種。日本では水辺で見られる褐色のカエルである。外見のグロテスクさからか地方によってはクソガエルとも呼ばれる。. フランス領ルイジアナ(フランスりょうルイジアナ、La Louisiane、Louisiana)は、北アメリカ大陸のフランス植民地・ヌーベルフランスの一管轄地域の名前である。17世紀から18世紀にかけての名称であり、この地方を探検したフランス人の探検家ロベール=カブリエ・ド・ラ・サールによって、フランス国王ルイ14世に因んでルイジアナと名づけられた。元々、その領域はミシシッピ川流域のほとんどを含んでおり、南北は五大湖からメキシコ湾まで、東西はアパラチア山脈からロッキー山脈まで広大に広がっていた。管理上は、アーカンザス川から北のアッパー・ルイジアナ(フランス語:Haute-Louisiane)とローワー・ルイジアナ(フランス語:Basse-Louisiane)に分かれていた。現代のアメリカ合衆国ルイジアナ州は、フランス領ルイジアナのほんの一部に過ぎないが、これはこの歴史的な地域の名前を貰ったものである。 1682年にラ・サールがこの地域を探検して、フランスが領有権を主張したものの、人も財源も不足していたために大きな発展は暫くの間無かった。フレンチ・インディアン戦争において、フランスがイギリスに敗れたことにより、1763年にミシシッピ川を境として東側をイギリスに、西側はフロリダと引き換えにスペインに割譲された。フランスは秘密の条約で西側の領土を取り戻したが、ナポレオン・ボナパルトが1803年にアメリカ合衆国への譲渡(ルイジアナ買収)を決め、フランスの支配は終わった。 アメリカとイギリスの間の国境を定めるために結ばれた1818年の条約で、北緯49度線より北にあった部分をイギリス領カナダに編入し、そこは今日ではアルバータ州とサスカチュワン州の一部となっている。.

フロリダを統治した5つの旗。(現在のフロリダ州旗は含まれていない) フロリダ州の歴史(フロリダしゅうのれきし、英:History of Florida)では、約14,000年前にインディアンが、現在のアメリカ合衆国フロリダ半島に住み始めてからの歴史を概説する。 1513年、インディアンの後にスペイン人の探検家フアン・ポンセ・デ・レオンがこの地域に白人では初めて到着し探検した。. ファー・ノース・クイーンズランド ファー・ノース・クイーンズランド Far North Queensland, FNQ は、クイーンズランド州の最も北の地域である。. フェン(fen)は、弱酸性から弱アルカリ性の湿原である。 ボグと違い、フェンの水は豊富な鉱物を含んでおり、特有の植物群によって特徴づけられている。 日本でいう、沼の部類の一種に当たる。. 流路 ニッダ川水源の高層湿原 河口付近 ニッダ川(ニッダがわ、Nidda)は、ドイツ、ヘッセン州を流れる川である。フォーゲルスベルク山地に源を発し南西へ流れ、フランクフルト・アム・マインでマイン川に合流する。.

ホソバアカバナ(細葉赤花、学名: )は、アカバナ科アカバナ属の多年草。別名、ヤナギアカバナという『日本の野生植物草本II離弁花類』p. ダートムーア(Dartmoor)は、イギリス・イングランドのデボン州南部に広がるムーア(湿原)地形の地域。ダートムーア国立公園(Dartmoor National Park)として保護されている。. アミメガメ(Deirochelys reticularia)は、爬虫綱カメ目ヌマガメ科アミメガメ属に分類されるカメ。本種のみでアミメガメ属を構成する。アミメガメ属はアミメガメ亜科の模式属。. アルダブラゾウガメ(Aldabrachelys gigantea)は、爬虫綱カメ目リクガメ科アルダブラゾウガメ属に分類されるカメ。アルダブラゾウガメ属の模式種。.

アンフューマ科(アンフューマか、Amphiumidae)は、両生綱有尾目に属する科。現地では conger eel または congo snake と呼ばれている。congerとはアナゴのことである。. アビシニアジャッカル(Canis simensis)は、食肉目イヌ科イヌ属に分類される食肉類。別名アビシニアオオカミ、エチオピアオオカミ、シミエンジャッカル石井信夫 「エチオピアオオカミ」『絶滅危惧動物百科3 ウサギ(メキシコウサギ)-カグー』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店、2008年、26-27頁。。. アフリカクロトキ(阿弗利加黒鴇、Threskiornis aethiopicus)は、ペリカン目トキ科に属するトキの一種。コシグロトキとも呼ばれる。3亜種に分けられる。. アシポチヤマガメ(Rhinoclemmys punctularia)は、爬虫綱カメ目イシガメ科アメリカヤマガメ属に分類されるカメ。アメリカヤマガメ属の模式種。.

イリオモテヤマネコ(西表山猫、Prionailurus bengalensis iriomotensis)は、ネコ科ベンガルヤマネコ属に分類される、ベンガルヤマネコの亜種である。 1965年、八重山群島の西表島で発見された。20世紀に入って発見された中型以上の哺乳類は稀有であり、また当初はネコ類でも原始的な形質を有する新属・新種と発表されたこともあってその発見は大きく取り上げられた。しかし、現在は遺伝情報の分析により、独立種ではなく、アジア東部に生息するベンガルヤマネコの亜種に分類されている(ベンガルヤマネコに似ていること自体は、当初から指摘されていた)。国の特別天然記念物。.

イワイチョウ(岩銀杏、学名:Nephrophyllidium crista-galli )はミツガシワ科の多年草。別名、ミズイチョウ(水銀杏)。本種のみでイワイチョウ属を形成する(1属1種)。 かつての属名は Fauria であったが、国際植物分類学会(IAPT)は Fauria をシノニムとし、Nephrophyllidium を正式な属名にすることを決定した。. イシマンガリソ湿地公園は、南アフリカ共和国、クワズール・ナタール州の東海岸にある自然保護区である。ダーバンの北約275 km にあたる。南アフリカでは3番目に大きな自然保護区で、北はモザンビーク国境から南はセント・ルシア河口のマペラネ(Mapelane)まで、海岸線280 kmにわたって存在している。面積は3280 km2 の原生的な生態系の守られている地域で、Ezemvelo KZN Wildlifeが管理している。 公園は多くの自然保護区の集合体だが、世界遺産に登録されているのはフォールス湾公園(False Bay Park)、ソドワナ湾国立公園(Sodwana Bay National Park)、ソドワナ国有林(Sodwana State Forest)、セント・ルシア狩猟鳥獣保護区(St Lucia Game Reserve)、セント・ルシア公園(St Lucia Park)、セント・ルシア海洋保護区(St Lucia Marine Reserve)、マプタランド海洋保護区(Maputaland Marine Reserve)、ケープ・ヴィダル国有林(Cape Vidal State Forest)、東海岸国有林(Eastern Shores State Forest)、マペラネ自然保護区(Mapelane Nature Reserve)、ニャラジ国有林(Nyalazi State Forest)、シバイー淡水湖保護区(Lake Sibayi Freshwater Reserve)、海岸林保護区(Coastal Forest Reserve)の13の保護区である。公園にはこのほかムクゼ狩猟鳥獣保護区(Mkuze Game Reserve)などが含まれている。 この公園は以前はグレーター・セント・ルシア湿地公園の名で知られていたが、2007年11月1日付で改称された。「イシマンガリソ」とはズールー語で「驚異」を意味する。.

ウルグアイ東方共和国(ウルグアイとうほうきょうわこく、通称ウルグアイ は、南アメリカ南東部に位置する共和制国家である。首都はモンテビデオ。北と東にブラジルと、西にアルゼンチンと国境を接しており、南は大西洋に面している。スリナムに続いて南アメリカ大陸で二番目に面積が小さい国であり、コーノ・スールの一部を占める。 面積や総人口は南米の国家としては小規模だが、チリに続いてラテンアメリカで二番目に生活水準が安定しているとされ、政治や労働は南米で最高度の自由を保っている。.

ウッド・バッファロー国立公園(英語:Wood Buffalo National Park、略称:WBNP)は、カナダのアルバータ州北東部とノースウエスト準州の南部にまたがってある国立公園で、面積は44,807 km2とカナダ国内最大である。世界で最も規模の大きいシンリンバイソン(アメリカバイソンの亜種で北部のエリアに生息する)の群れが存在し、これを保護するために1922年に国立公園が設立された。現在、推計で5,000頭が生息している。 公園の標高はリトル・バッファロー川の海抜183 mからカリブー山脈の945 mまである。公園の本部はフォートスミスにあり、支部がフォートチペワイアンに置かれている。地勢的に重要な点として、ピース川とアサバスカ川、スレイブ川によってできた世界でも特に規模の大きい淡水の三角州が存在する。ノースウエスト準州側にあるカルスト地形の陥没穴もまた知られている。.

ウィークス・アイランド Weeks Island とは、アメリカ合衆国ルイジアナ州中央南部イベリア郡に位置する岩塩ドームの名称。直径約3km。南ルイジアナの最高地点 52. ウスグロハコヨコクビガメ(薄黒箱横首亀、Pelusios subniger)は、ヨコクビガメ科ハコヨコクビガメ属に分類されるカメ。ハコヨコクビガメ属の模式種。. ゾヒグマ(多摩動物公園、2009年3月) エゾヒグマ(蝦夷羆、えぞひぐま、学名:Ursus arctos yesoensis or U.

ferox Temminck, 1844)は、ネコ目(食肉目)クマ科クマ亜科クマ属に分類されるヒグマの亜種で、北海道に生息するクマである。日本に生息する陸上動物としては最大の動物である。 ヒグマの亜種であるウスリーヒグマ(Ursus arctos lasiotus)と同亜種とする説もあるDon E.

国政新聞. by user. on 28 марта Category: Documents 2 4 5 1. 6 7. 6 9 9. 10 11 11 3 3. 4 1. 4 8. 5 6 5. 6 9. 6 6 7 9 小田代ヶ原. 小田代ヶ原(おだしろがはら)は、栃木県日光市の日光国立公園内にある湿地である。標高は、盆地状の地形の底部が約1,から1,m程度、周縁部は少し高く最高でも1,m程度である。  · 破は二階、守は一階。これは感門之盟会場の階数。 破は二冊、守は一冊。こちらは先達文庫の冊数だ。 第70回感門之盟の42突破式では、原田淳子学匠が松岡校長から託された先達文庫を紹介。各師範代に手渡された。例えば、上原師範代には「芥川と寺山から寸鉄を磨いていってください」。 新聞集成明治編年史. 第7巻 第7巻. 林泉社/ 当館請求記号:SiS. 分類:新聞編年史

メッチャ可愛い赤ちゃん猿⑨初めてのお風呂は金魚鉢 Very cute baby monkey⑨ The first bath is a fish bowl



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5