我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

理想郷で生まれた西条酒


印刷用表示 テキストサイズ 小 中 大. 明治時代、薩摩・笠沙の「黒瀬」という集落から、焼酎造りの技を習得するため、琉球に渡った男たちがいた。彼らの技は、黒瀬の里に伝えられ、代々九州一円の酒造場の杜氏として腕をふるった。これが黒瀬杜氏である。 機械化が進んだ現在、黒瀬杜氏は20人程度にまで激減しているが、その中の一人、黒瀬安光氏は、杜氏の中の杜氏として高い評価を得ている。熱心なファンの要望に応え、講演活動などで全国を飛び回る忙しい中、取材を受けてもらえることになり、阿久根の鹿児島酒造に向かった。 阿久根市は鹿児島北西部に位置し、東シナ海に面した約40キロの美しい海岸線や阿久根大島は、海水浴や釣りのメッカ。毎年多くの観光客でにぎわっている。また、漁港からあがる新鮮な魚介類も豊富。毎月第2日曜日には朝市が立ち、9〜10月には、伊勢えび祭りが開催されている。.

阿久根では、「十三(とみ)」というお店で、所長の牛之濵安利さん、製造課長の弓場裕さん、次長の越川達也さんとともに、黒瀬安光総杜氏が待っていてくれた。大きな海老フライや、新鮮なキビナゴの刺身をつまみに、「さつま諸白」のお湯割りで乾杯! ガツンとくる飲み応えが鹿児島らしさを感じさせる芋焼酎だ。 続いて飲んだのが「元祖やきいも」。今でこそ焼き芋焼酎はポピュラーになったが、最初に開発したのが黒瀬安光総杜氏だった。「昭和50年代から手がけて、開発に10年かかりました。それが行政にも認められて、『元祖』の文字を入れても良いということになったんです」 では、苦節10年の「元祖やきいも」を、飲んでみよう。お、これは焼き芋らしい香ばしさの中に、甘みや旨みがまろやかにとけあって、なんともいえず旨いではないか! すると、「今せっかく伊勢えび祭りの最中だから」と「十三」の社長がわざわざ伊勢えび定食を出してくれた。伊勢えび一匹が刺身に、もう一匹が味噌汁になっているという豪快さ。さっきまで店内の生け簀で生きていた伊勢えびは、身がプリプリで甘い。これに「元祖やきいも」のお湯割りがまたよく合って旨い。 「じゃ、二次会に行きましょう」と、元気な黒瀬安光総杜氏に連れられ、次に行ったのは、「ちこ」というスナック。カラオケもなく、きらびやかな女性もいないので、落ちついて飲める店である。 ここで飲んだのは、地元でもっとも愛飲されている「初光(はつひかり)」。芋・麦・米焼酎をブレンドした、甲乙混和焼酎だ。混和といっても甲類の割合は限りなく低く、麦・米の原酒は10年以上寝かせているというこだわりの商品。水割りにして飲んだが、スイスイ飲める飲みやすさに驚いた。さすが地元ナンバーワン銘柄である。「ちこ」には途中から「十三」の社長も合流。楽しい宴会になった。.

米焼酎や麦焼酎では、一次仕込みの2倍の掛け米や掛け麦でいいのだが、芋焼酎は二次仕込みで麹の5倍の芋が必要だ。また、芋のトリミングも人の手で行うため、芋焼酎はほかの焼酎に比べ、コストがかかっているという。 一次仕込みも二次仕込みも、もろみ管理は交代で夜中も行っている。蛇管で冷却したり、櫂入れをして固まりをなくし、ちゃんと溶け込んでいるか確認するのだ。 こうしてできたアルコール度数14〜16%のもろみを、3基の蒸留器で蒸留する。鹿児島酒造では100%常圧蒸留だ。数年前までは甲類の連続式蒸留器もあったが、台風で倒れて以来、甲類焼酎は造っていない。「蒸留酒は、蒸留によってアルコールが出ることも大事ですが、味がおいしことも大事なので、どちらにも神経を使っています」と弓場さん。 「これが昨日飲んだ焼き芋焼酎の焼き芋器ですよ」と言われて見ると、小さな棚のような機械が4台あった。思わず「え?これで焼くんですか?」と目を見張った。それは、スーパーの入り口によくある焼き芋器だったのだ。「これを見せると、たいていの方はびっくりします。このガスオーブンで、24時間3交代で何日もかけて焼くんです。焦げないように転がしながら、うまく焼くのがコツですね」.

工場を見たあと、利き酒をさせてもらった。「岡垣」は岡垣町の天然水と黄金千貫が原料。水のせいか、軽い味わいで飲みやすい。「竹香蔵(たけかぐら)」は、二次仕込みに竹炭を粉にして入れた芋焼酎で、フルーティーな香りが特徴、味は旨口だ。 「やじうま」は、黒麹NK菌使用し、38度の原酒をマイナス4度まで冷却して熟成させた。コクがあり、飲み応えのある焼酎に仕上がっている。「倉津」も、黒麹NK菌を使用しているが、3年以上寝かせたもの。香りが華やかで飲み口はまろやか。 「こいじゃが」は鹿児島弁で「これですよ」の意味。黄麹菌を使用しているので、甘みがありサッパリしていて飲みやすい。「北薩」は甘い芋、鳴門金時を使っている。芋の味、香りが濃く、甘みがある。 「金次郎」は黒瀬総杜氏のお父さん名を冠した焼酎。黒麹ゴールドを使用し、ネオマイセル吟醸麹を添え麹にして、一子相伝といわれる黒瀬金治郎直伝の技で復刻した。ふかした芋の香りとほのかな甘みがあり、上品な仕上がりはさすがである。「黒瀬安光」は、アルコール28度の無濾過。S型麹を使用し、ネオマイセル吟醸麹を添え麹にして醸した、総杜氏入魂の逸品だ。香ばしい香りと甘みがあり、コクのある力強い焼酎となっている。.

私がもっとも気に入ったのは、最後に飲んだ「酔十年(すいとうねん)」。「金次郎」も「黒瀬安光」もその旨さに驚かされたが、「酔十年」にはぶっとんだ。ただ10年寝かせただけではなく、10年後を想定して、麹からもろみ、蒸留まで計算された造りをしているという。甘くてまろやかで香りもよく、本当に旨い芋焼酎であった。 黒瀬総杜氏は、15歳から蔵子として焼酎造りを始め、23歳という異例の若さで杜氏になった。「早く杜氏になりたい」という一心で、そろばんや漢字を独学で勉強し、芋焼酎造りが終わると県外に出かけて、芋以外の焼酎造りの修行をした。夏の間だけ麹屋さんに勤め、麹の研究も欠かさなかった。こうして「いろいろな麹を自在に操り、どんな焼酎も造ってしまう」という黒瀬安光総杜氏の技が出来上がったのだ。 杜氏になってからは、秋の芋焼酎造りが終わると、九州から奄美、沖縄までほとんどの蔵へ指導に出かけた。一子相伝で、技を身内以外に伝えない黒瀬杜氏の中では異例のことだが、「教えてやった方が焼酎業界のためにはいいことでしょう。昔は技が盗まれるといって教えなかったが、まねしたってそんなに同じモノはできっこないんですよ」と笑う。.

山鶴 銀河高原ビール 千代むすび 七冠馬 豊の秋 瑞冠 独歩ビール・極聖 コエドビール 日高見 杜の蔵 天山・七田 八代不知火蔵 れんと 弥生・まんこい 里の曙 高倉・浜千鳥乃詩 獺祭 萬歳樂・加賀梅酒 西の関 手取川 千福 長門峡 金冠黒松 五橋 樽平・住吉 清開・日光誉 田酒 越乃景虎 多満自慢・多摩の恵 岩の原葡萄園 登美の丘 桐野 鹿児島酒造 つくし 那須高原ビール 忠孝酒造 沖縄県酒造協同組合 南部美人 菊姫 月桂冠 白扇酒造 蓬莱泉 飛良泉 誠鏡・まぼろし 夜明け前 雪小町 今帰仁酒造 屋久島伝承蔵 さつま無双 萬世 七夕 老松酒造 のんのこ 六調子 木内酒造 松の寿 天鷹 開華 月山 李白 十旭日 天寶一 雨後の月 真澄 小正醸造 薩摩酒造・明治蔵 大海酒造 澤乃井 北雪 富士錦 開運 男山 銀嶺月山 出羽桜 まんさくの花 天の戸 天寿 大七 浦霞 奥の松 富田酒造有限会社 ハクレイ酒造株式会社 明石酒類醸造株式会社 株式会社今西清兵衛商店 司牡丹酒造株式会社 番外編 大石酒造.

千賀 脱藩酒亭 青柳 源八 もんしち 升本 立ち飲み処へそ 魚喰呑人樂 いなむらや 菊むら 蔦八 やきとりふじゑ 多吉 よつぎや 新楽寿司. 出張先で飲みたい日本酒 出張先で飲みたい地ビール. アフリカの酒を飲む! 南米の酒チチャを飲む 秘酒ラオ・ラーオの悦楽 中国奥地で飲む!. 〆張鶴 電光石火 モヒート ギネス 電気ブラン ジャックダニエル ラムソーダ. トップ 日本全国造り手訪問 山鶴 銀河高原ビール 千代むすび 七冠馬 豊の秋 瑞冠 独歩ビール・極聖 コエドビール 日高見 杜の蔵 天山・七田 八代不知火蔵 れんと 弥生・まんこい 里の曙 高倉・浜千鳥乃詩 獺祭 萬歳樂・加賀梅酒 西の関 手取川 千福 長門峡 金冠黒松 五橋 樽平・住吉 清開・日光誉 田酒 越乃景虎 多満自慢・多摩の恵 岩の原葡萄園 登美の丘 桐野 鹿児島酒造 つくし 那須高原ビール 忠孝酒造 沖縄県酒造協同組合 南部美人 菊姫 月桂冠 白扇酒造 蓬莱泉 飛良泉 誠鏡・まぼろし 夜明け前 雪小町 今帰仁酒造 屋久島伝承蔵 さつま無双 萬世 七夕 老松酒造 のんのこ 六調子 木内酒造 松の寿 天鷹 開華 月山 李白 十旭日 天寶一 雨後の月 真澄 小正醸造 薩摩酒造・明治蔵 大海酒造 澤乃井 北雪 富士錦 開運 男山 銀嶺月山 出羽桜 まんさくの花 天の戸 天寿 大七 浦霞 奥の松 富田酒造有限会社 ハクレイ酒造株式会社 明石酒類醸造株式会社 株式会社今西清兵衛商店 司牡丹酒造株式会社 番外編 大石酒造.

お酒の飲み過ぎで膵臓が溶ける?:膵がんにもつながる慢性膵炎とは | MEDLEYニュース

20歳未満がお酒を飲んではいけない理由. 日本では、20歳未満の飲酒は法律(未成年者飲酒禁止法)で禁止されています。それは、きちんとした医学的な理由があるからです。 人間の脳や臓器は、20歳くらいまではまだ発達途上の状態にあります。  · お酒は身体に悪いという話もあれば、「百薬の長」と言われるだけあって少量ならむしろ身体に良いという話もある。お酒好きなら「百薬の長 研究開始時、その5年後、10年後に実施した計3回のアンケート調査への回答から、対象者を「過去に飲んでいた」、「飲んだことがない」、「時々飲む(月に1-3日)」、「週にエタノール換算でg以下の飲酒」、「週にエタノール換算でgより多い飲酒」の5つのグループに分けて、乳がんの  · 慢性膵炎(まんせいすいえん)という病気を知っていますか? この病気の原因の約半分は「飲酒」といわれ、筆者が医師として出会う慢性膵炎の患者さんの多くはお酒好きであると実感しています。また、飲酒同様に喫煙も慢性膵炎に悪影響を与えることがわかっています。  · お酒を飲むと「飲む直前の情報」をよりよく覚えていられるようになる、という研究結果を英エクセター大学の研究チームによる実験から明らか

【減酒】現役医師が解説する「お酒との正しい付き合い方」【禁酒?】



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5