我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

オキノーム散mg/オキノーム散5mg/オキノーム散10mg/オキノーム散20mg


慎重投与 心機能障害あるいは低血圧のある患者[循環不全を増強するおそれがある。] 呼吸機能障害のある患者[呼吸抑制を増強するおそれがある。] 肝・腎機能障害のある患者[代謝・排泄が遅延し副作用があらわれるおそれがある。(「薬物動態」の項参照)] 脳に器質的障害のある患者[呼吸抑制や頭蓋内圧の上昇を起こすおそれがある。] ショック状態にある患者[循環不全や呼吸抑制を増強するおそれがある。] 代謝性アシドーシスのある患者[呼吸抑制を起こしたときアシドーシスを増悪させるおそれがある。] 甲状腺機能低下症(粘液水腫等)の患者[呼吸抑制や昏睡を起こすおそれがある。] 副腎皮質機能低下症(アジソン病等)の患者[呼吸抑制作用に対し,感受性が高くなっている。] 薬物・アルコール依存又はその既往歴のある患者[依存性を生じやすい。] 薬物,アルコール等による精神障害のある患者[症状が増悪するおそれがある。] 高齢者[「高齢者への投与」の項参照] 衰弱者[呼吸抑制作用に対し,感受性が高くなっている。] 前立腺肥大による排尿障害,尿道狭窄,尿路手術術後の患者[排尿障害を増悪することがある。] 器質的幽門狭窄又は最近消化管手術を行った患者[消化管運動を抑制する。] 痙攣の既往歴のある患者[痙攣を誘発するおそれがある。] 胆嚢障害,胆石症又は膵炎の患者[オッジ筋を収縮させ症状が増悪することがある。] 重篤な炎症性腸疾患のある患者[連用した場合,巨大結腸症を起こすおそれがある。]. 相互作用序文 本剤は,主として薬物代謝酵素CYP3A4及び一部CYP2D6で代謝される。[「薬物動態」の項参照]. 性状:白色の結晶性の粉末である。 水,メタノール又は酢酸(100)に溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けにくく,無水酢酸に溶けにくい。 光によって変化する。. 社内資料(ラットにおける組織分布) 9. 再審査結果公表年月 最新 2012年3月(オキノーム散2. 体組織への移行(参考) [3H]-オキシコドン塩酸塩水和物をラットに投与したとき,速やかに全身に分布し,ほとんどの組織で投与約1時間後に最高濃度を示し,その後速やかに低下した。作用部位である脳内における消失は,他の組織に比べて緩やかであった。なお,投与72時間後すべての組織において残留することはなかった 8 。. yakuzaic のコメント. MESSAGE OK. 利用規約 個人情報保護方針 アプリ iOS) アプリ(Android) 運営会社 お問い合わせ. 徴候・症状 呼吸抑制,意識不明,痙攣,錯乱,血圧低下,重篤な脱力感,重篤な眩暈,嗜眠,心拍数の減少,神経過敏,不安,縮瞳,皮膚冷感等を起こすことがある。. 患者等に対する指導 本剤の投与にあたっては,具体的な服用方法,服用時の注意点,保管方法等を十分に説明し,本剤の目的以外への使用あるいは他人への譲渡をしないよう指導するとともに,本剤を子供の手の届かないところに保管するよう指導すること。 本剤が不要となった場合には,病院又は薬局へ返納するなどの処置について適切に指導すること。. 表1 薬物動態パラメータ. 記事 ホーム がん 癌性疼痛/麻薬. お気に入りに登録します。 登録するフォルダを選択してください。 1 2 3 4 5.

日本標準商品分類番号

経皮フェンタニル貼付剤から本剤へ変更する場合には,経皮フェンタニル貼付剤剥離後にフェンタニルの血中濃度が50%に減少するまで17時間以上かかることから,剥離直後の本剤の使用は避け,本剤の使用を開始するまでに,フェンタニルの血中濃度が適切な濃度に低下するまでの時間をあけるとともに,本剤の低用量から投与することを考慮すること。 経皮フェンタニル貼付剤から本剤へ変更する場合には,経皮フェンタニル貼付剤剥離後にフェンタニルの血中濃度が50%に減少するまで17時間以上かかることから,剥離直後の本剤の使用は避け,本剤の使用  · 最近でこそ、麻薬には使用期限等がありません―との話を聞くことは少なくはなりましたが、義務である3年未満の記載は別として、使用期限を確かめ  · オキノーム散5mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起. 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください 過敏症; 気管支喘息発作中

オキノーム 散 使用 期限

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5