我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

バンクシーが起こしたハプニングの数々


NEWS 震災と原発事故から10年、もういちどお読みいただきたい論考を無料公開します. 下條信輔  認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授. 美術 | 脳・認知科学. 少し前になるが、「東京都がバンクシー(?)の作品(?)を公開(?)」というニュースがあった( 東京都報道発表、4月19日 )。三つの「?」マークは筆者が付けた。見方によってはかなり奇妙で滑稽なニュースであり、背景には二重、三重にねじくれた現代アートと体制側との間の緊張関係があるからだ。.

バンクシー作品の可能性があるネズミの絵を公開した東京都の小池百合子知事=2019年4月25日、東京都新宿区の都庁、長島一浩撮影  発端は昨年末だった。東京・港区の防潮壁の扉に落書きがあり、都民から「バンクシーの作品ではないか」と通報があった。傘を差したネズミの絵は、過激な現代作家バンクシーのトレードマークのような図案に確かにそっくりだった。. バンクシー(Banksy)といえば、英国を拠点に活動する覆面作家だ。現代アーティストであると同時に、公共物破壊の常習犯であり政治活動家でもある。世界各地の壁や扉などにメッセージ性の強い作品を描くことで知られている( ウイキペディア 他)。. 防潮壁の扉を管理する都は「本物だった場合は保全の必要がある」として、絵が描かれている金属板を取り外し、都内の倉庫で保管していた。専門家は「バンクシーの作品である可能性が高い」と見ているが、現時点で真贋ははっきりしない。またインスタグラムでバンクシーのアカウントに問い合わせているが、返事はないという。ただ「ぜひ見たい」という都民からの要望が多いため、都としても管理した上で「一般公開」に踏み切ったという経緯らしい( THE PAGE、4月25日 )。.

東京都庁で公開されたバンクシー作品の可能性があるネズミの絵=2019年4月25日、長島一浩撮影  都のこの態度は、いくつもの矛盾が折り重なっている。そもそもバンクシーの真作かどうか、まだわかっていない(冒頭の一つ目の「?」マーク)。それに、そもそも真贋に関わらず、これは違法な落書きに他ならない(二つ目の「?」)。さらに、はじめから公共の目に晒されている落書きを勝手に「作品」と呼んで「囲い込み」、その上で「公開する」って、どういう権利なのか(三つ目の「?」)等々だ。. バンクシーのこうした創作意図や、現代アートを巡る状況を踏まえると、「作品」として高値で取引することはもちろん、真贋を問うこと自体がすでに半ば矛盾しているかも知れない。その点を深く理解するには、まず現代アートの「文脈依存性」を理解しなければならない。やはりマルセル・デュシャンから説き起こすのがよいだろう。 (残り:約1454文字/本文:約2937文字).

下條信輔 (しもじょう・しんすけ)   認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. さん 購読のご案内 ログイン ログアウト 朝日新聞デジタル 朝日新聞デジタル有料会員(フルプラン)の方なら、ログインするだけで論座の全コンテンツをお楽しみ頂けます。 申し込みはこちら トップページはこちら. 論座とは? よくある質問 お問い合わせ. トップ 政治・国際 経済・雇用 社会・スポーツ 科学・環境 文化・エンタメ Journalism 特集. 国内政治 外交 地方政治 防衛・軍事 アメリカ 中国 朝鮮半島 ヨーロッパ 中東 その他国際. 金融・財政 税制 エネルギー 消費 食・農業 企業・産業 労働・格差 社会保障 世界経済 経済・景気 製品・サービス. 事件・事故 司法 皇室 ライフスタイル 地域社会 教育 マスメディア ネット スポーツ 世相 地方自治・福祉 歴史・思想.

科学政策 科学者論 テクノロジー 基礎科学 宇宙 生命・医療 原発 地球環境 生態系 自然史・進化 地震・災害 脳・認知科学 情報. 本 雑誌 映画 音楽 美術 舞台 テレビ 芸能ニュース 漫画・アニメ 韓流 スターファイル 神保町の匠. 少し前になるが、「東京都がバンクシー(?)の作品(?)を公開(?)」というニュースがあった( 東京都報道発表、4月19日 )。三つの「?」マークは筆者が付けた。見方によってはかなり奇妙で滑稽なニュースであり、背景には二重、三重にねじくれた現代アートと体制側との間の緊張関係があるからだ。 バンクシー作品の可能性があるネズミの絵を公開した東京都の小池百合子知事=2019年4月25日、東京都新宿区の都庁、長島一浩撮影.

下條信輔 (しもじょう・しんすけ)   認知神経科学者、カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授 カリフォルニア工科大学生物・生物工学部教授。認知神経科学者として日米をまたにかけて活躍する。1978年東大文学部心理学科卒、マサチューセッツ工科大学でPh. 最新ランキング  コメント(1週間) 1. 朝日新聞社から 会社案内 CSR報告書 採用情報 記事や写真利用案内 新聞広告ガイド デジタル事業から デジタルサービス一覧 携帯サービス Astand コンテンツ販売 法人向け配信 写真の購入案内 記事データベース案内 朝日ID グループ企業 朝日新聞出版の本 朝日新聞出版 AERA dot.

jp JAPANESE 潮日本 CHINESE.

ジャン=ミシェル・バスキア|現代アート界の孤高の天才【アート解説シリーズ】

 · 今回の騒動によって、逆にバンクシーのほうが批判されていると」 「落書きは違法だから?」 「そんな当たり前のレベルの話じゃない。公権力がバンクシーを認めてしまうことは、バンクシーのような表現をする者にとって脅威なのだ。 バンクシー展がさらに楽しめるガイドシステム! 「スマートグラスNrealLight(エンリアルライト)体験ガイド」付き 日時指定チケットを期間限定で発売!! スマートグラス「NrealLight(エンリアルライト)」を用いて、今までにないような美術展の楽しみ方を体験しよう!  · バンクシー の作品は、個人住宅の壁や公共の場に突然出現するため、その所有権がはっきりとしない場合が多く、壁の持ち主が落書きと勘違いして決してしまったり、壁ごと盗み取られたりする事もあります。. 作品のメッセージ性もさることながら、その設置場所や作品の行方、オークション

“バンクシー落札”の瞬間を見る(2020年11月19日)



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5