我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

【漫画ネタ】戦争漫画「ヒストリエ」「アド・アストラ」と「ナポレオン」それに「軍靴のバルツァー」


紀元前4世紀の 古代ギリシア 世界を舞台に、 マケドニア王国 の アレクサンドロス大王 (アレキサンダー大王)に仕えた書記官・ エウメネス の波乱の生涯を描いている。エウメネスは プルタルコス の『英雄伝』( 対比列伝 )などにも登場する実在の人物である。. 紀元前343年、北東ギリシアの トラキア 地方に位置する 都市国家 ・ カルディア は、北西の強国・マケドニア王国の軍勢の包囲を受けていた。全ギリシア統一を目論む国王・ フィリッポス2世 によって鍛えられた 重装歩兵 団は整然とした隊列を作り、城塞都市を十重二十重に取り囲んでいた。. 重厚な軍勢に囲まれた街には到底立ち入る隙がないように見えたが、一人の青年が隊列の間を平然とくぐり抜け城門まで辿り着く。青年の名は エウメネス 。エウメネスはギリシア世界を取り巻く政治情勢の分析から、包囲は恭順を迫る示威行動に過ぎないことを見抜き、さらに巧みな弁舌を振るって固く閉じられていた城門を開けさせ、見事に街に入ることに成功する。.

同じく街へ入ろうとしていた隻眼の商人・ アンティゴノス はエウメネスの機転に感嘆し、自分の下で働く気はないかと彼を勧誘する。アンティゴノスは商用で街の顔役であるヒエロニュモスに会うためにカルディアに来たという。奇遇にも、エウメネスがカルディアに来た理由も同様で、ヒエロニュモス邸を訪うことにあった。ただしエウメネスの目的は商用ではなく、少年時代以来久しく離れていた「我が家」への里帰りのためであった。. エウメネスは、カルディアの顔役であるヒエロニュモス家の次男として幼少期を過ごした。エウメネスは子供の頃から並外れて利発で、その頭の良さは大人も舌を巻くほどのものだった。恵まれた家庭環境の下、大好きな オデュッセウス の英雄譚や スヒトリエ の歴史書に読みふけりながら、何ひとつ不自由のない幸福な少年時代を過ごした。(第1巻).

エウメネスは旅の商人に大金で買われてカルディアを去ることとなる。ところが航海の最中に奴隷達の反乱が起こって船は沈没し、エウメネスは 黒海 南岸の パフラゴニア ナポレオオン 英語版 ) にあるボアの村の人々に助けられ、思わぬことで自由の身となる。エウメネスは自身の蓄積したギリシアの知識を伝えることで村人達に受け入れられ、当初はエウメネスを胡散臭げに見ていた居候先の少女・ サテュラ も次第に彼に好意を寄せるようになってゆく。ボアの村は近隣のギリシア人都市・ティオス市の庇護を受けていた。ティオスとの関係は良好なものであったが、エウメネスが青年に成長した頃、ティオスの顔役の息子・ダイマコスが父が病臥したことを機に私兵を率いてボアの村を征服しようと企てる。(第3巻).

マケドニア王・フィリッポスにその才能を見込まれたエウメネスは、書記官見習いとして王に仕えることとなる。マケドニアの首都・ペラでは名門貴族・アッタロスの邸に身を寄せることとなり、姪の エウリュディケ とも懇意となる。新たな生活にも落ち着き、書記官の仕事にも慣れてきた頃、エウメネスは王宮で額にヘビのような奇妙なあざを持った少年を見かける。彼こそがフィリッポス王の後継者、王子・ アレクサンドロス であった。(第5巻).

紀元前340年、フィリッポスはペリントス・ ビザンティオン 二都市への攻略に乗り出した。ギリシア世界の中心都市である アテネ と同盟を結ぶ両都市を陥落させることは、マケドニアによるギリシア統一に頑強に抵抗する宿敵アテネを屈服させる足がかりとなる。正式に書記官となったエウメネスも、フィリッポスに従いこの遠征に従軍することになる。(第7巻). マケドニア軍は二都市を包囲するも、アテネの支援を受けたその守りは思いのほか堅牢だった。アテネは因縁深いペルシアとも手を結んでおり、二都市にペルシアからの軍事援助まで受けさせていた。やがて将軍フォーキオン率いるアテネ艦隊が両都市の周辺海域を制圧すると、フィリッポスはやむなく撤退を決意する。攻略戦は失敗したものの、退却中 スキタイの部族との戦い に勝利したマケドニア軍は本国への帰途につくが、蛮族の強襲に不意を突かれフィリッポスが重傷を負ってしまう。.

決戦に先立ってアンティパトロスから密命を受けたエウメネスは、商人を装ってアテネに潜入する。密命とは来るべき戦において最も難渋する敵将となるであろうフォーキオンを将軍職から追い落とす政治工作を謀ることにあったが、しかしすでにアテネは指導者デモステネスの唱える主戦論一色に染まっており、反戦を訴えるフォーキオンは世論の中で孤立していた。やがてフォーキオンは将軍職から退き、近隣の有力都市・ テーベ などとの軍事同盟を成立させたアテネは、いよいよマケドニアとの決戦に打って出る。.

紀元前338年、マケドニア軍とアテネ・テーベの連合軍は中央ギリシアの カイロネイアにおいて激突 した。 斜線陣 を引いて連合軍に対峙したマケドニア軍は、戦端が開かれてほどなく後退の姿勢を見せる。勢いづいたアテネ軍はここぞとばかりに攻勢をかけようとするが、しかしこの後退はフィリッポスの策略であった。テーベ軍との間に生じた綻びに部隊を突き入れて攪乱させることを企図した戦術であったが、副将のアレクサンドロスは自らが部隊を率いて敵陣に突入することを志願する。(第9巻).

インターネット・ミームとして引用されるハルパゴスの場面は、大ゴマとして描かれる台詞の場面が1コマだけ抜き出されることが多いものの [5] 、漫画研究家の中田健太郎と野田謙介は、この場面はハルパゴスが視線をさまよわせる直前の2コマを含めて1つの塊となっており、前後の文脈を踏まえてこそ味わい深いと評している [5] 軍靴靴 [5] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. GIGAZINE 2011年2月4日. ああっ就活の女神さまっ 青野くんに触りたいから死にたい アンダー3 イサック 乾と巽 -ザバイカル戦記- ヴィンランド・サガ おおきく振りかぶって 十角館の殺人 スキップとローファー スポットライト ダーウィン事変 天国大魔境 トップウGP 友達として大好き 波よ聞いてくれ はしっこアンサンブル プ〜ねこ フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 ブルーピリオド 宝石の国 無限の住人 〜幕末ノ章〜 メダリスト もう、しませんから。 〜アフタヌーン激流編〜 来世は他人がいい ワンダンス.

カテゴリ : 岩明均 漫画作品 ひ 月刊アフタヌーン 歴史漫画 アレクサンドロス3世を題材とした作品 継続中の作品. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ 漫画関連のスタブ項目. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 名前空間 ページ ノート. 表示 閲覧 編集 履歴表示. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード オリックス 応援歌 若月 この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. テンプレート - ノート. 表 話 編 歴 月刊アフタヌーン 連載中の漫画作品 (2021年2月25日現在) 通常連載 ああっ就活の女神さまっ 青野くんに触りたいから死にたい アンダー3 イサック 乾と巽 -ザバイカル戦記- ヴィンランド・サガ おおきく振りかぶって 十角館の殺人 スキップとローファー スポットライト ダーウィン事変 天国大魔境 トップウGP 友達として大好き 波よ聞いてくれ はしっこアンサンブル プ〜ねこ フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 ブルーピリオド 宝石の国 無限の住人 〜幕末ノ章〜 メダリスト もう、しませんから。 〜アフタヌーン激流編〜 来世は他人がいい ワンダンス.

表 話 編 歴 文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞 1990年代 97 マンガ日本の古典 (22名の漫画家) 98 坂本龍馬 ( 黒鉄ヒロシ ) 99 アイ'ム ホーム 軍 石坂啓 ). 表 話 編 ナポポレオン 手塚治虫文化賞 マンガ大賞 1990年代 97 ドラえもん ( 藤子・F・不二雄 ) 98 「坊っちゃん」の時代 ( 関川夏央 ・ 谷口ジロー ) 99 MONSTER ( 浦沢直樹 ).

ヴィンランドサガ、ベルセルク、軍靴のバルツァー、ヒストリエ この辺が好きな人間におすすめの漫画何か無いか? [] コメント ヴィンランドサガ、ベルセルク、軍靴のバルツァー、ヒストリエ この辺が好きな人間におすすめの漫画何か無いか? ナポレオン獅子の時代は面白いんだけどこれから先あのカッコ良かったナポが落ちぶれる一方なのが辛い ヒストリエ終了後は原作に徹してくれれば作画の遅筆は解決するので俺はうれしい 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ ffKIs) /06/10(水) ID:hh/W8xlP0

ナポレオン 軍靴 ヒストリエ

Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5