我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

休職期間満了における解雇や退職の5つの注意点


しかし、状況によっては、退職勧奨や解雇することが「 不当解雇 」に該当する可能性もあります。ここでは、休職期間満了時における解雇・退職における、概要や注意点、進め方についてご紹介します。. また、休職期間が満了となるまでに職場復帰できない場合、雇用関係を終了することが就業規則に明記されています。ただし、明記されていないこともあり、その場合には 双方の合意の上で労働契約を解約するか 、 通常の解雇手続をとる かなどの対応が必要です。. 具体的には、「 休職期間満了までに復職できない場合は退職扱いとする 」か「 休職期間満了までに復職できない場合は解雇する 」のどちらかが記載されている2つのパターンが存在します。.

不当解雇トラブルを防ぐためにまずおさえておくべきポイントですが、休職期間が満了までに復職できない場合の解雇や退職について就業規則へ記載されているのであれば、多くの裁判例では「 退職扱いあるいは解雇は適法」 と判断されています。. ただ、退職扱いの適法さは、 休職期間がどの程度定められているかによるわけではありません 。休職制度は法律に基づくものではなく、会社による任意の制度ですので、休職期間を3か月程度にしている会社も多く存在します。適法か否かは、 休職期間の長さではなく、 復職が可能か否かの判断が適切に行われた によります 。. このような場合には、休職期間満了時の退職扱いや解雇は「 不当解雇 」と判断される場合があります。. 具体的には、業務上の傷病による休業の場合は その休業中及び復帰後30日間の解雇が原則制限され (労働基準法19条1項)、労災保険の療養補償・休業補償等の対象となります(労働基準法75条以下、労働災害補償保険法)。.

裁判所がこのような判断を下した根本的な理由としては、 「法定時間外労働時間」が平均約90時間と認定され うつ病の発症は長時間労働が原因 であるとし、会社の長時間労働によってうつ病となった治療中の従業員を解雇することは不当解雇に当たる と判断したからです。. 休職期間満了による従業員の退職に際し、会社が就業規則において退職金に関する退職金規定を設ける場合には、退職金の支払い時期について定めることが労働基準法によって義務づけられております 労働基準法89条3号の2 。. なお、支払時期の定めがない場合には、労働基準法23条が適用され、 請求された日から7日以内 に支払わなければなりません。.

なお、会社は、退職金を支給する場合には、適用される 労働者の範囲、退職金の決定・計算及び支払方法、支払時期 について、「労働契約締結時」に労働者に明示する義務があります(労働基準法15条1項、労働基準法施行規則5条1項4号の2)。. そのため、退職金の支払いにあたっては勤続年数を正確に把握する必要がありますが、休職期間満了による従業員の退職の場合、この 休職期間を勤続年数に含めるかどうかを事前に確認 しておかなくてはいけません。. ただし、休職期間を勤続年数に含めるかどうかについては、法律上の規定は存在しないため、 自社の退職金規定や就業規則から判断します 。. もし、特に就業規則や退職金規定に記載がなく、ハラスメントや過重労働が休職の原因でなければ、「 自己都合 」による退職として扱えばよいでしょう。. また、従業員の解雇にあたっては 解雇の30日前 に「復職できなければ解雇になること」を予告して通知する必要があります。. まず会社が「 雇用保険被保険者資格喪失届 」と「 雇用保険被保険者離職証明書 」を会社の事業所所在を管轄するハローワークに 退職日の翌日から10日以内に提出する 必要があります。.

休職期間満了時における解雇や退職とは?注意点も解説 専門家監修記事. 休職期間満了後も従業員が出勤できないようであれば退職もしくは解雇することも検討するかと思います。 多くの会社では、病気や怪我などで会社を休職しなければならない場合に備えて、就業規則により一定期間の休職制度が設けられており、休職期間満了時後にも出勤できない従業員への対応は、基本的にこれに従い退職や解雇することになるでしょう。 しかし、状況によっては、退職勧奨や解雇することが「 不当解雇 」に該当する可能性もあります。ここでは、休職期間満了時における解雇・退職における、概要や注意点、進め方についてご紹介します。 目次 休職期間満了による解雇や退職とは? 休職期間満了における解雇や退職の5つの注意点 退職者の雇用保険手続きの手順 休職期間満了に該当する従業員への社会保険給付とは まとめ|休職期間満了における解雇トラブルは弁護士へ相談しよう. 新しく専用の方を雇用する手間も、会計士に依頼するコストも ゼロに! 給与計算が 初心者 でも簡単! まずは無料でお試しする.

地域を選択 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県. 業界を選択 金融 建築・不動産 物流・運送 IT・メディア エネルギー・資源 自動車・機械 電気・精密 食品 小売 商社 繊維 飲食 サービス 娯楽・レジャー 医療. 会社による受診命令権 リハビリ出社の方法などの内部規定の整備 精神疾患に気付いた上司や同僚が相談又は報告できる窓口の設置 相談できる産業医や専門医を決めておく. 休職期間を満了しても復職できない場合には 退職 扱いとなる 休職期間を満了しても復職できない場合には 解雇 扱いとなる.

休職復職を繰り返す社員|人事・労務|弁護士法人法律事務所ホームワン

「 休職期間満了における解雇または退職 」とは、休職期間満了を理由に、休職中の従業員との雇用関係を終了させ退職もしくは解雇することを意味します。 自然退職ないし解雇. 治癒しないまま、休職期間が満了した場合は、休職期間の満了をもって自然退職となるか、解雇となります(そのどちらかになるかは就業規則による)。  · 仕事中にケガをしたり、仕事が原因で病気になり、休業した場合、その休業した期間とその後30日間。 多くの会社では、休職期間が満了となって復職できなければ「解雇」となります。 休職の事由が、私傷病ではなく業務上の傷病を理由とする場合には、会社は、労基法第19条により療養のために休業する期間とその後の30日間は、解雇することはできません。

休職期間満了で会社を退社又は解雇で1,000万以上貰える可能性があるよ。特定理由離職者になるのか?会社都合なのか自己都合なのか、特定受給資格者なのか?丁寧に解説したよ^^



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5