我々について

お 問い合わせ

プライバシーポリシー 問題を報告する

“疑う”より信じよう。恋も同じ、強い自分であるために大切にしたいこと。 | キナリノ


疑うとは、端的に言えば 「信用できるかどうか分からないと思うこと」 です。信じるには疑問が残っている状態のことです。 思っているだけなので 確定的な結論が出ていない状態。正しいとも間違っているとも明確にできない状態 です。この言葉の論理的な対義語は、 『疑いのない状態、確定的で明白であること』 です。. じゃあ明白ってことは信じることだ!と短絡的に考えてはいけません。信用に足らないこと、間違っていることが明白になっても疑いのない状態と言えるので、信じると疑うを対義語とするにはかなり疑問が残ります。 論理的には「信じる」の対義語は「信じない」、「疑う」の対義語は「疑う余地がない」「明らか」の方がしっくりきます。 「信じる」の対極は「信じない」であって、 「疑う」とは信じる・信じないの 中間点にしか存在しません 。. これも端的に言えば、信用に足ることを証明するために検証するわけですが、 この検証という作業そのものが『疑うこと』と同意義 なのです。疑わなければ信用できるかどうかも分からないのが実生活上での現実です。 結果、 信じると疑うを対義語としてしまうと、信じるということは疑わないこと、証明なく信用することを強要してしまうことに なります。.

これは 詐欺の手法そのもの です。疑わなければ信用することも適わないはずなのに、信用と疑惑を対比させることで人の倫理や道徳的な心理を突いて、不都合な事実に目を向けさせないための手法として機能するわけです。. 少なくとも、検証や論証、証拠という『疑うこと』が信用創造機能としてシステムに組み込まれている現代社会では、 疑うことと信じることはプロセス上、同じ流れのものであり、これらを 対義語、相反する思考としてしまうと矛盾が生じる のです。.

以上の面から、 信じることと疑うことはむしろ共存関係にあります。これらは『あくまで日本語の辞書上での 形式的な対義語 』であって、『 現実生活では決して対義語と解してはならない言葉 』 なのです。. 疑うことができない人はただの信者 であって、自分や自分の信じる何かが正しいかどうかを疑うことができない以上、 自分の信じるものの正しさは目的の範囲外 なのです。.

最近の政治的な発言で、いわゆる信者と言われている人の本質はここにあります。 『正しく疑えない人は正しく信じることもできない。正しく信じることができない人は正しく疑うこともできない。』. 宗教でも政治でも、信者が自分の正しさを盾にしだすと暴走する理由は、 信じることと疑うことを対義語を誤って解釈 しているからに他なりません。. 事実については信じる信じない疑う如何によらない、とのことですが、この事実、特に客観的事実と言うことの怪しさ疑わしさというのは学術の世界では常に意識されていることです。 有名なところでいえば、ニーチェの『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。』のような言葉で表現されています。 また、人間はその構造上、認識したものしか事実にならないという精神構造を持っています。 結局、個々の人間の主観に基づき認知、認識、解釈したものしか人間は理解できないのです(人文科学、社会科学、自然科学の枠を超えて、すべての学問の基礎に論理学があるのはそのためです。)。 人が『事実』というときであっても、その構成はあくまで人間の主観というフィルターを通しているのです。.

あなたは事実は無謬だということですが、その事実があくまで個人個人の主観に基づく以上、無謬であることはあり得ません。 このような人間の性質上、可能な限り客観的に事実であることを共通認識として信じるに足るように主張し証明するためにも疑うという行為は使われている、という話が本記事の主題の子細な内容であります。 疑うことで信憑性をシミュレートし、十分な信憑性があるかどうかを証しなければ、本当に信じるに足るものに近いかどうかは分からないのが人間の固有の性質です。. 他方、信じる信じないの間が漸次的である、という話はあなたの言うその通りでもあります。 また、信じる信じないのみならず、世界のほとんどが漸次的であって明瞭な区別などはほとんど無いというのが実際です。 光スペクトラム、要は虹の色は日本文化では7色と表現されますが、実際は可視光線の範囲内で波長が漸次的に変化しているので色の区別は本来はありません。 動植物の種についても同様です。 新種などと言われますがそれは人間の決めた区分によって発生しているだけであって、生物で全く同一の個体が存在しているわけではないです。 ここからここまでの性質を持っていると人間が判断して区分しているにすぎません。.

言語が区切りの要素である以上、信じる信じないに人間の思考が及ぶということは、漸次的な信憑性に対して一定の基準で区切りをつけて足切りを行っていることになります。 信憑性となれば、前段の疑うことによる信憑性の検証・評価の話に通じることです。. 上記の話を踏まえたうえで、疑うが信じるという言葉の対義語ではない、ということの詳細な話をすれば、 疑うというのは信じる信じないを決める過程、前段階に他ならないので対義にはならない、ということです。.

こんにちは。 「信じるか信じないかは貴方次第です」というセリフを聞き、普段から感じている疑問「なぜ二者択一で、世間一般にその中間は存在しないのか」を改めて考えさせられ、いろいろ検索しているうちにこちらのサイトにたどり着きました。. 話は変わるのですが、人とコミュニケーションをとる上で日本語の「信じない」という言葉が非常に不便に感じています、個人的には大抵のことは「わからない」「しらない」「うたがっている」「どちらとも断言できない」という風に考えているのですが、 世間では前述したように「信じるか信じないか」といった二択を迫られるので 非常に答えにくいのです。 とっさに「疑っている」ということを「信じていない」と答えそうになるのですが、たとえば神を信じていないと言うと「神がいないと信じている」という意味合いになるので、それも違うし。 貴方は神を信じますか?という問いに対して疑っていますだと意味が伝わらないようにも思います、どうすればいいんですかね、何か適当な言葉ありませんか。 個人的な結論としては「信じる」という言葉は「疑う余地の無い事実、若しくは一定の信憑性を満たしていると判断する」という意味合いと「そうであって欲しい、そう期待する、そうであると祈る」という希望的な意味合いと混在しているように思います、その結果誤解を招きやすいようになっていると思います。.

コメントありがとうございます。 信じる信じないの中間が疑うということにご賛同いただけて幸栄です。 私は古代中国の思想(と言っても中高漢文レベル程度の知識ですが)が結構好きでして、 元の投稿の思想的原点も、世界は白黒ハッキリしたものではなくバランスで成り立っていて、偏りのない中間の状態こそが至高とする『中庸』という考え方です。. うーん、難しいですね。個人的な意見としては、どういう意図を含ませるかによって言い方が変わると思います。 信じる信じないの中間には無限の幅があるので、はっきりした正解は恐らくないかも。 それこそ人付き合いと同じ事で、同じ言葉と態度を示しても万人が万人同じ受け取り方をしてくれるわけではありませんので、 正直、その人を見て、自分を見て、今の関係とこれから築きたい関係を考え適切な言葉を紡ぐぐらいしか私には言えません。無責任で申し訳ない。 少なくとも、世の中にも人付き合いにも決まった正解があるわけではありませんので、何か正解を見つけようとか、失敗したらとかあまり深く考えない方がいいかと。 先に挙げました『中庸』という考え方には、バランスと同時にただ一つの正しい解も存在しない、状況によって正しさは変化するという考え方も含まれています。.

仰りたい事はよくわかります。 ただ一点、個人的に気になるのは、おそらく前者の信ぴょう性を満たしていると判断しているときの「信じる」の対象は事実や現実などの事象ですが、後者のそうであってほしいという希望的意味合いの「信じる」はそれを語ったりその事象で信ぴょう性を問われる、対象となる人物に対しての希望ではないでしょうか。 同じ信じるという話ですが、コメント全体の内容を勘案すると、微妙に主語や対象が違っているように感じました。. このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。 コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください 。. こんにちは。 「信じるか信じないかは貴方次第です」というセリフを聞き、普段から感じている疑問「なぜ二者択一で、世間一般にその中間は存在しないのか」を改めて考えさせられ、いろいろ検索しているうちにこちらのサイトにたどり着きました。 主の信じる信じないの中間が疑うということだという意見とても賛同できます。 話は変わるのですが、人とコミュニケーションをとる上で日本語の「信じない」という言葉が非常に不便に感じています、個人的には大抵のことは「わからない」「しらない」「うたがっている」「どちらとも断言できない」という風に考えているのですが、 世間では前述したように「信じるか信じないか」といった二択を迫られるので 非常に答えにくいのです。 とっさに「疑っている」ということを「信じていない」と答えそうになるのですが、たとえば神を信じていないと言うと「神がいないと信じている」という意味合いになるので、それも違うし。 貴方は神を信じますか?という問いに対して疑っていますだと意味が伝わらないようにも思います、どうすればいいんですかね、何か適当な言葉ありませんか。 個人的な結論としては「信じる」という言葉は「疑う余地の無い事実、若しくは一定の信憑性を満たしていると判断する」という意味合いと「そうであって欲しい、そう期待する、そうであると祈る」という希望的な意味合いと混在しているように思います、その結果誤解を招きやすいようになっていると思います。.

コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前 メール サイト.

人を疑うことも決して悪ではない

宗教は信じるのが前提で、科学は疑うのが前提だと聞いたこともあります(真理とか美しさを信じているから疑えるのではないかという気もしますが)。. ともかく、科学がそういうものであるなら、やはりそれは「信じるか信じないか」という問題とは別の話になるでしょう。. 現実と首尾一貫して整合しており、すべてに合理的に説明がついて納得できてしまうよう 信じるより疑うほうが楽ですか? 逆だと思います。疑うのはとても疲れます。マイナスの事しか考えませんからね。だんだん疑心暗鬼になって抜け出せなくなりますよ。それならば信じていたほうが幸せで 疑うよりも、信じる。. ~信頼も疑いも「与えたものが」返って来るって話。. - 大丈夫。. 会社、辞めても生きていけるで。. 疑うよりも、信じる。. ~信頼も疑いも「与えたものが」返って来るって話。. 仕事が「うまくいかない」ときに読む記事 仕事を休みたいぐらいの体調不良のときに読む記事 会社・仕事のストレスを簡単に減らすテクニック 職場の 信用に足らないこと、間違っていることが明白になっても疑いのない状態と言えるので、信じると疑うを対義語とするにはかなり疑問が残ります。. 論理的には「信じる」の対義語は「信じない」、「疑う」の対義語は「疑う余地がない」「明らか」の方がしっくりきます。. 「信じる」の対極は「信じない」であって、 「疑う」とは信じる・信じないの中間点にしか

GReeeeN / 遥か 歌詞動画



Read More

平均ユーザー評価

4.9 / 5