HOME>イチオシ情報>一般的な金額等を知っておき実現のその日に備えよう
男女

どんな所にどうお金がかかるか

ここを読んでいる人の中には、海外等への出張や転勤等が多く、長期間自宅を空けがちという人もいるのではないでしょうか。そういった人たちが注目しているのが、空室状態の自宅等をその期間中賃貸物件として貸し出す、リロケーションです。ただ、単に家を貸し出すというだけでは借り手が見つからない事も多く、色々な点にお金をかけて集客する必要があります。まずお金をかけるべき点が、リロケーション会社に支払う費用です。こうした会社に依頼して、広告活動や各種手続きを代行してもらう事が一般的で、かかる費用は一概には言えませんが、契約が成立した時の家賃を支払うというのが大まかな相場だといいます。それ以外にも、契約が終了した後の原状回復代はほとんどの場合で必要で、場合によっては家の設備を充実させるための費用が必要な時もあります。

多くの人に選ばれる人気の物件とは

リロケーションを成功させるためには、どんな物件が人気があるのかという事も知っておく必要があります。立地が良い等の条件以外に、過ごしやすさを重視する入居者が多い傾向にあります。その過ごしやすさというのは、単に設備が整っているという事だけでなく、所有者の私物等があまりないという面を気にする人もいるようです。入居者は元の所有者の物が多いほど、それらに気を使って生活しなければなりません。そのような事で借りるのを辞めるといわれないように、トランクルームを活用する等して集客に努めているという人も少なくありません。

工夫を行ってまで貸す理由

そこまでしてリロケーションを行いたいという理由の1つに、1度契約するとその契約期間まで空室にならないというリロケーションならではの特徴があります。この契約形態では、原則中途解約が認められていないため、途中で解約されて収入がなくなる確率が低いのです。また、リロケーション物件は、他人の生活拠点である家を借りるという契約のため、仲介業者の入居希望者に対する審査も厳しくなります。よって、ある程度の立場を持っていたり、人間的に信頼出来る人に貸し出す事が出来るという、他の賃貸契約形態に比べての利点もあるのです。

広告募集中