HOME>特集>管理の仕方を十分に考えてからマンション投資を始めよう

マンション管理は業者を使うのが基本

男女

マンション投資をするときには管理体制を決めるのが重要で、一般的にはマンション管理会社に依頼して管理をおこなっています。投資用に購入したマンションを管理していた業者に依頼することもできますが、新たに別の管理会社を見つけて依頼しても問題はありません。ずっと管理をしてきたマンション管理会社の方が設備についても詳しく、入居者層についての理解もあるのが普通です。そのため、同じ業者に依頼して管理してもらうケースが目立ちます。

管理会社の費用はどう決まるのか

マンション

マンション管理会社にマンションの管理をしてもらうときには費用を払わなければなりません。料金体系として一般的なのは家賃収入に対して一定の割合の金額を払うというもので、依頼する管理業務の内容によって割合が決められています。入居者管理だけを依頼するか、建物の設備などの管理も任せるかといった点が費用を変える大きなポイントです。契約をしてから変更することも可能ですが、期間が定められていて一年間くらいは同じ契約を継続することになる場合が多くなっています。そのため、最初にどんな形でマンションの管理をしていきたいかをよく考えて管理会社との契約内容を決めることが重要です。

広告募集中