連帯保証の代わりに使える

住宅模型

不動産投資では賃料から得る収入が、大きな利益になるのは言うまでもありません。このために優良な賃借人を探していくことが極めて重要なのですが、昨今は高齢化・人口減少によって入居希望者の中には、連帯保証人を立てられないケースが増えてきました。もちろん、保証人を立てないと、何かあったときに不動産経営には大きなダメージがあります。そこで利用されるのが家賃債務保証と呼ばれるサービスです。これは借主と貸主が賃貸契約を結ぶ時に、保証会社が連帯保証人に近い立場で、賃料債務を保証すると言うものとなります。もしも入居希望者が賃料の支払い滞納を続けていった場合には、保証会社の方で債務を肩代わりしてくれるため、貸主としては安心感が高まるのです。

色々なタイプから選べる

住宅模型

家賃債務保証は保証会社の方針によって、様々なタイプが登場しています。中でも選択の幅が広いのが支払い方法で、これは様々な種類から選ぶことが可能です。一般的によく見られるのが、賃貸契約時に一定の金額を払ってから、1年毎に定期金を支払うと言うタイプとなります。スパンは割とバラバラで、中には毎月の支払いが必要となるケースがあります。また、契約時には支払いを要求せずに、一年毎や一月毎に保証料の支払いを請求しているケースもあります。保証料は千差万別で、数千円から3万円程度の定額制の他、賃料の30%と言った具体に定率制になっているサービスもあるようです。賃料は将来的に値下がりの可能性があるので、定率制よりは定額制のほうが、貸主には有利と考えられます。

各社によって異なるサービス

間取り図

家賃債務保証の骨子となるのは賃料不払い時の、債務の代位弁済となりますが、他にも審査基準や付加サービスによって、異なる部分が生じてきます。例えば会社によっては、賃料の弁済にクレジットカードを利用するタイプがあり、払い忘れや入金漏れを防ぐのに有用です。集金サービスが付属しているタイプも登場してきており、家賃取り立ての代行を行ってくれたりもします。保証範囲についてもいろいろなタイプがあり、賃料に絞り込んでいるケースもあれば、光熱費や訴訟費用までカバーする会社も登場しました。他には住居用物件以外にも、店舗やトランクルームまで対応できるタイプもあります。あとは外国人や生活保護者が入居した際にも、対応があるかどうかは各社によって異なる部分です。対応しているタイプの中には、例えば、生活保護受給者でしたら、年間保証料をリーズナブルに設定している会社もあります。

広告募集中